• インターンシップ
  • エントリー
  • お問い合わせ

社員紹介

要素開発部門

2005年入社 愛知県出身
電機電子・工学科卒

エプソンが世界に誇るキーテクノロジーを担う

現在、私が担当している業務は、プリントヘッドの開発・設計で、その中でもコアとなる薄膜圧電アクチュエータというデバイスの開発を担当しています。アクチュエータとは入力されたエネルギーを物理的な運動に変換するものです。私は新製品向けにアクチュエータを設計し、試作品を製作・評価して課題を個々に解決し、量産品質へと仕上げていく、というプロセスをこなしています。

薄膜圧電アクチュエータは、エプソンが「プレシジョンコア」という名前でブランド展開するキーテクノロジーの一つであり、薄膜圧電の性能として世界トップレベルにあります。そのコア部分の開発を任せてもらえることは、何よりも大きなやりがいです。しかも、自分の開発した製品がお客様に認められ、世界に何百万台と出荷されていると思うと大きな励みになりますね。

私は、大学院で小規模な核融合装置の実現に向けたプラズマの特性を研究していたので、現在の業務とは直接関係は無く、入社前は、製品の製造プロセスもあまりイメージできず、正直に言えば不安もありました。

それでも入社を決めた理由は、エプソンが持つ多分野に渡る製品と、独創的な技術に魅かれたためです。また、それらを生み出す自由度の高い研究・開発環境も魅力でした。 実際、入社後もエプソンのものづくりに関するトップレベルの技術には改めて驚かされましたし、こうした技術を知るにつれて、これまで知らなかった分野に新たな面白さを見出すようになりました。また、自由でありながらも、ひとたび緊急事態が起きれば各部門が協力態勢を組み、課題解決に一丸となって当たるチームワークも素晴らしいと思います。

これまでの仕事で強く記憶に残っているのは、最新のプレシジョンコアテクノロジーを搭載したプリントヘッドの開発です。責任ある立場を任され、その初期段階から量産化までをやり遂げました。何度も問題が発生しましたが、チームメンバーで一丸となってあきらめずに一つずつ課題を克服して乗り越えられたのは、今となっては良い思い出です。

今後の目標は、薄膜圧電アクチュエータの技術をさらに深堀して、基本性能や品質向上を図ることです。そして、より使いやすくするための応用技術の開発にも注力し、プレシジョンコアテクノロジーをさらに良いものへと磨き上げていきたいと考えています。