• インターンシップ
  • エントリー
  • お問い合わせ

社員紹介

要素開発部門

2012年入社 愛知県出身
工学部 工学研究科卒(知能情報工学分野)

使う人の立場に立ったモノづくりを目指し続ける

私は入社時から、業務用ラベルIJ(インクジェット)プリンターの開発・設計に携わり、その業務を通じて、印刷技術やインクジェット技術の知識、開発言語などを学んできました。現在はインクジェットプリンターの基盤となる印刷技術の新規開発を担当し、そのなかでもソフトウェア設計に関わっています。具体的には、画像を印刷するために入力されたデータ(RGB/CMYK)を基に、実際にインクジェットで塗布するインク量へと換算する新規のアルゴリズムについて勉強しています。

私が一番にやりがいを感じるのは、自分の仕事が「人の役に立った」と実感できた時です。私が今携わっている業務は、この技術を社内向けに展開するためのツール作成であり、使う人(=お客様)は社内の他の設計者になります。現在開発を進めている新技術を確立できれば、より簡単に、短時間でプリンターの設計が可能になり、設計者の方々に喜んでもらえると確信しています。

それだけに強く意識しているのは、常に使う人のことを想像し、その立場になって考えることです。いくら優れた技術も不便な点があれば受け入れられず、普及はしないでしょう。

エプソンは「お客様の立場に立ったモノづくり」を特に大切にしています。そして人のため、社会のために役立つ存在になりたい、という会社の方針が、従業員の共通認識としてしっかりと根付いていると私は思います。そうした社風こそが当社の一番の魅力だと私は思います。私自身、入社時からの開発・設計業務を通じて、お客様の立場に立った商品設計がいかに大切であるか、また、チームで協力して業務を遂行していくためのノウハウや考え方を徹底して学びました。

他にも、地域との関わりやワークライフバランスを大切にする社風も魅力の一つだと思います。会社として地元の行事にも積極的に参加していますし、子育てや介護といった家庭の事情などを考慮したフレキシブルな対応をしてくれます。たとえ制度があっても、実際に利用できなければ意味がありませんが、エプソンでは職場やチームとしても支え合う雰囲気があるので、利用しやすいと私は感じます。

現在の目標はまず一人立ちしてチームに今まで以上に貢献できるようになることです。将来的には、自分の生み出した製品や技術で、人々の暮らしをより快適できるようにしたいですね。