• インターンシップ
  • エントリー
  • お問い合わせ

社員紹介

生産技術部門

2007年入社 新潟県出身
工学部 機械工学科卒

得意分野を活かして新たな開発にチャレンジ

生産技術は、設計工程と生産工程をつなぎ、いかに作りやすく、効率的に、高品質の製品を生産するかという、ものづくりの根幹を支える技術です。

私が主に担当しているのは、プリンタヘッドやプロジェクターについての接着技術で、必要となる装置や信頼性を評価する方法の開発も担当しています。社内の製品開発動向から、今後に必要となる接着技術を考え、材料やプロセスを開発します。極小のものを接着するだけに、わずかなズレが製品の完成度に大きく影響します。それだけ高い精度が求められます。

生産現場に対する配慮も不可欠です。

テスト用サンプルを量産ラインで作製してもらうことがありますが、以前、現場の状況を考えず、無理な数量と納期を設定して怒られました。その時の反省から、現場の方々と相談しながら決めるようにしています。
私はレーザーを利用したガラスや金属の表面処理や微細加工について研究していたことから、微細加工の技術を強みとするエプソンに魅かれて入社を決めました。

現在の業務では、有機材料や高分子材料を扱うので、化学に関する知見が広がりました。また、大学など、社外の研究者の方々とも共同開発をするケースも有るので、色々と刺激も受けています。
私が開発する技術は、エプソンの新製品開発に直結していると思います。

やりがいは、自分が開発した技術によって、これまで作れなかった商品が完成することで、お客様に喜んでもらえることです。また、開発はチームでやるものですから、難しい課題を解決して事業部のメンバーから『ありがとう』と言ってもらえた時も、とても嬉しいですね。
 今後は、自分の得意分野を活かして新たな開発にチャレンジしていきたいです。

自らテーマを起案して、チームで力を合わせ、革新的な新しい技術・商品を開発したいです。その結果、お客様に喜んでいただくことができれば最高ですね。