• インターンシップ
  • エントリー
  • お問い合わせ

社員紹介

ウエアラブル製品企画設計部門

2012年入社
工学部 電気電子工学科卒

次機種の設計を通じて一人前の技術者に成長したい

私の所属部署では、リスト装着型の脈拍計測機能付き活動量計「PULSENSE」を開発しています。健康分野はエプソンにとって新事業領域。そこで新たなお客様価値を提供することで、市場開拓につなげるという重要な役割を担っています。

私自身も入社直後から脈拍計の担当となり、現在は、次世代の機種についての仕様検討と回路設計に携わっています。所属部署はそれほど大所帯ではないため、製品開発に携わっていることを強く意識します。前機種までは先輩が主担当として設計し、その評価が私の主な業務でした。次機種では私が主担当として回路設計を任されるので、やりがいと同時に大きな責任も感じています」

私がエプソンに興味を持ったきっかけは、学生時代に専攻した有機デバイスに関連する技術力の高さに魅かれたからです。入社後は、エプソンはさまざまな分野のエキスパート集団であることを強く感じた。自分のチームだけでは解決できない問題も、別の製品を担当するチームに協力を求めることでアイデアのヒントをもらって、設計に活かしていくことができることが心強いです。

やはり自分が設計した製品が、世に出た時が大きなやりがいです。また、通販サイトなどで製品に対するお客様の声を直に知ることができるのは、ものづくりの会社ならでは良さだと思います。中には厳しい評価もありますが、今後の励みにもなります。

今後の目標は、次機種の回路設計を通じて一人前の技術者として認められることです。次機種では、仕様の検討、設計、製品の量産工程と、一連の設計業務を学ぶことができるますので、その経験を通じて大きく成長できるよう、向上心を持って取り組みたいと思います。