製品情報

仕事ときどきRUN&FUN(ラン&ファン) - WristableGPS WEBLOG[ブログ]

  • なかなか落ち着きません。
    最近はカメラを持ったクルーが自宅に訪問することがあるため、
    あまり近所迷惑にならないようにしています。m(__)m

    とはいえ、これだけ取材が来ると慣れました......特に息子が。
    カメラ慣れというのもありますが、外国語のあいさつも物怖じしなくなってきました。

    ...さて本題。
    本日は、環七から南へ移動して東京湾へ到達予定。
    ほとんど幹線沿いに走るだけなので曲がり角を気にすることがない。
    意外と楽な行程になりそうです。(^^)
    冬のランニングで一番気を遣うのは服装でしょうか。
    最初は寒いから厚着なのですが、徐々に熱くなってきて薄着になる。
    でもそれをしまう場所(バッグ)も確保しないといけないので
    あまり厚手の服装はできない。
    たたむとコンパクトで且つあたたかい服装を心がけています。


    JR中央線との交差点。
    前回の終着点。ここからスタートします。

    本日は風もなく晴れているので、ランニングにとって最高のコンディション。
    とはいえ、調子に乗ってペースを上げると後でえらい目にあうから抑えつつ前へ。


    世間は明日が衆院選挙の投票日。
    ポスター掲示板が設置されていました。


    この辺りは寺社が多い。
    このような参道表示がちらほら。


    京王線をくぐります。


    小田急線。
    こちらは高架でないため道路が線路の下をくぐります。

    幹線道路や鉄道と交差する地点が多く、
    その数だけ高架をくぐったり橋で渡ったり。
    起伏に富んだ道です。


    東海道新幹線。下はJR横須賀線が通っています。


    馬込銀座交差点。
    ここから環七を離れ、東へ移動します。

    ちょっとへばってきたので歩きます。
    走ろうとすると、ふくらはぎがつりそうになる。orz
    日頃の運動不足が出たかもしれません。。
    それにしても足がいうこと聞いてくれない。


    JR東海道本線を渡ります。
    歩道のみの陸橋ですが、生活路として利用されているようです。
    多くの通行人と出会いました。


    しながわ区民公園。
    園内は歩道と自転車道が区分けされていて、ランニングしやすい環境でした。
    地面も土だし快適そのもの。
    都会なイメージの品川区ですが、中心地を外れるとこのような場所があるようです。


    京浜運河を渡ります。
    東京モノレールの先には羽田空港の建物群が望めます。


    首都高速湾岸線。
    空港関連のシャトルバスが多い。


    操車場のようです。
    線路は新幹線だらけ。
    鉄道ファンにはたまらないだろうな。。


    さらに進むとこのようなコンテナ群が。
    こうやって見ると小さく見えますが、
    実際は高さ2メートル以上の物体が積み上げられています。
    これら1個1個を大型トレーラーで牽引するのです。
    圧巻!


    巨大倉庫とコンテナに囲まれていると、
    巨人の国に迷い込んだような錯覚に陥ります。
    写真だとそのスケール感が伝わらないのが残念。


    倉庫街を抜けると、東京湾が見えてきました。
    ここから先は倉庫の私有地のため進めませんが、
    鉄柵の向こうに東京湾が覗いています。

    東京湾の倉庫街は、まるで別世界のようでした。
    一般人が散歩するような場所じゃないので道はガラガラ。
    信号もほとんどない直線道路なので、意外とランニングには適した場所かも。
    普段のランニングに飽きたら、湾岸の倉庫街をお勧めします。☆


    WristableGPSを確認すると、21.204 km。
    ちょうどハーフマラソンくらいの距離ですね。
    タイムはまだまだですが。(^^;;

    データ解析。
    ちょっと後半のペースが落ちました。
    最近の運動不足が如実に出てますね。(^^;;
    足つりそうになったし。orz


    本日の移動データ。
    横軸が『距離』、縦軸が『速度(1 km移動するのにかかる時間)』。

    GPSデータはというと...
    ほとんど環七を通り、ついに東京湾に辿りつきました。
    皇居から始めてのべ6日、渦巻き4周。

    とうとう東京湾についてしまいましたが、
    この続きはどこから...?
    次回までのお楽しみ、ということで。(^^)

記事一覧ページに戻る