製品情報

仕事ときどきRUN&FUN(ラン&ファン) - WristableGPS WEBLOG[ブログ]

  • 「暑さ寒さも彼岸まで」とはよくいったもので、秋分の日を境に涼しさを越して肌寒い日々を過ごしています。

    このような時期は体温調整が難しいため息子(2歳)の服装に気を遣う。
    ちょっと間違えるとすぐ風邪ひいちゃいますからね。。いやほんと。
    9月は秋祭りのシーズン。
    収穫を目前とした五穀豊穣を祈願した行事が農村を中心に多く、
    今年もそのひとつにお邪魔しました。
    毎年お世話になっているのですが、ある山奥での奇祭。
    学生時代に偶然出会い、気がついたら十数年...
    第二の故郷になっています。
    伐採したもみじを村中引き回すというものですが、WristableGPSで移動距離を測ってみました。
    ...その距離約2.4km。
    思ったより移動していました。
    そりゃ全身筋肉痛になりますよ(^^;;

    ...9月の話題はさておき、10月の本題へ。
    本日は前回のゴール地点だった白金1丁目の交差点から湾岸エリアをランニングします。
    最近ずっと冷え込んでいたのですが、
    昨日から台風が近づいている影響からか
    気温が26度を超える暑さ。
    天気は曇り~晴れを繰り返しているためちょっとじめじめ。
    走るにはやや厳しいコンディションです。

    白金1丁目交差点。
    大型幹線・国道1号線との交差点なので横断歩道がなく歩道橋を渡ります。


    亀塚公園の傾斜地。階段を下ります。


    札ノ辻交差点。ここから陸橋を渡りJR線を越えます。


    芝浦エリア。埋立地であるため水路が発達しています。
    高層マンションと屋形船が多い。


    レインボーブリッジ。
    ここを渡って台場へ向かいます。

    レインボーブリッジって、ゆりかもめや高速道路のイメージが強いのですが。。
    北側と南側の両方に歩道が整備されていて、歩行者も通行できるようになっています。
    昔は通行料金が必要だったみたいですが今は無料。
    けっこうランナーも多いです。


    台場川から眺めた都心方面。
    夜景も素晴らしそう。


    台場から有明・東雲方面へ。

    有明・東雲は世界的スポーツイベント関係で開発が盛んなエリア。
    工事中の更地と高層マンションが目立ちます。
    埋立地で起伏が少ないうえ、開発地区なので道路が広い。
    ランニングにもってこいのコンディションです。


    都道306号線・王子千住南砂町線。
    名称が長いですが、明治通りの一部です。


    環状線として計画されたので車道は広いのですが歩道はまあまあ。
    自転車も行き交うので一部区間はウォーキングです。


    亀戸駅。JRと東武線が利用できるためこのエリアの中心となっています。
    通行量が多いのでここではウォーキング。


    さらに北上すると、東京スカイツリー®が望めます。
    水路の水面が波立っていましたが、そうでなければ映り込みも期待できそう。☆


    東武亀戸線の踏切。
    高架化が進んだ都内では、踏切は珍しい。


    京成線。こちらは高架化を進めている最中なので片側車線のみ踏切。


    京成曳舟(ひきふね)駅。
    高架化工事のため駅舎が仮設。

    皇居近辺と比べると住宅街の雰囲気になってきました。
    高層ビルが少なくなった分空が広く感じます。
    湾岸エリアだったからというのもあったのでしょうかね。


    WristableGPSを確認すると、19.210 km。

    データ解析。
    キロ6分強のペースを保っていましたが、一部でランニングを控えたので
    その区間だけペースが落ちているのが分かります。
    (レインボーブリッジとか)

    本日の移動データ。
    横軸が『距離』、左の縦軸が『速度(1 km移動するのにかかる時間)』。右の縦軸が『標高』。

    GPSデータはというと...
    湾岸エリアを巡った軌跡がはっきりと確認できます。
    こうやって見ると、都心の主要道路が皇居を中心にした環状線で構成されているのが分かりますね。

    次回もさらに渦巻きを延長します。
    いつまで続くんですかねこの渦巻き...

記事一覧ページに戻る