鏑木毅が伝授! トレイルランエキスパートへの近道

  • ご購入はこちら

RUN+TRAIL監修 鏑木毅が伝授! WristableGPS for Trek MZ-500を活用したトレイルランエキスパートへの近道

ロードラン中はタイム、ラップタイム、距離、そして状況に応じて心拍数の情報さえあればレースでも練習でも事足りるでしょう。でも、アップダウンのある山を走る場合は、もっと細かな情報を欲しくなります。

トレイルランナーとしてレベルアップしていきレースに出始めると、単に現在地の標高だけでなく累積上昇高度が頼れる数字となります。またロードラン以上に、ペース配分をするうえで心拍数は大事な数字であり、体感ではなく客観的な身体への負荷を把握するためには欠かせません。このふたつの情報はレース中のペース配分の指針になるだけでなく、累積上昇高度と心拍数のふたつを組み合わせることでよりレースを戦略的に戦え、練習での追い込み具合を確認できる判断材料にもなります。また自分の状況や先が見えない、読めないという不安やストレスを解消し、単純に自分自身を安心させる数字でもあります。

そういう意味で、トレイルランでは「累積上昇高度の把握」と「心拍管理」がキモと言えます。そして、それら必要な情報をどう画面に表示させるのかというログ中の「画面表示のカスタマイズ」もレースを有利に運ぶ戦略であり、トレーニング効率を高める要素。この3項目をマスターすることが、MZ-500を選んだ強みになってきます。

Vol.1 累積上昇高度の把握

MZ-500のGPSセンサーは非常に精度が高く、とくに現在地の標高は気圧、GPS、温度の各センサーから得たデータを独自のアルゴリズムで複合的に使用して導き出すため誤差を感じません。正確な標高データは安全性につながり、なおかつ日々のトレーニングの効率を高め、レースを戦略的に進める強みにもなります。
トレイルラン初級者であれば、標高と累積上昇高度を意識することが、エキスパートに向けてのスタート地点になります。累積上昇高度とはどれだけ登ったか、その標高差を合計した数値です。単なるロードラン...

Read more

Vol.2 心拍管理

MZ-500を最大限活用するために、ハートレートモニターを併用することをオススメします。心拍数は自分の状態を知る一番の方法だからです。人間の感覚と実際の状況にはズレがあるので、体調がいいように感じていても実際はあまり良くない……ということもあります。レースをスタートして調子がいいなと感じていたけれど、心拍数を見ると180拍/分超のレッドゾーンに入っているようなときは注意しなければいけません。車で言えば実際に出ているスピードではなく、エンジンにかかっている負荷が心拍数です。高速道路を同じ80km/hで走って...

Read more

Vol.3 画面表示のカスタマイズ

MZ-500では距離、ペース、スピードといったランニング計測機能だけでなく、現在地の標高、累積上昇高度、勾配といったトレイルランでは欠かせない情報を収集してくれ、それを表示することができます。ログ中は画面を3分割にして3つの情報を3行で同時に表示でき、さらに表示したい3行の組み合わせをあらかじめ第1~6画面として設定おけば、必要に応じて切り替えられ「その瞬間に欲しい情報」を得られます。3の倍数で最大6画面まで情報を切り替えられるMZ-500は、手っ取り早くい...

Read more

鏑木 毅プロ・トレイルランナー

国内のトレイルランニングの第一人者であり、富士登山競走や日本山岳耐久レース(ハセツネ)など、数々の国内レースで優勝。2009年世界最高峰のウルトラトレイルレース「ウルトラトレイル・デュ・モンブラン(通称UTMB、3カ国周回、走距離166km)」にて世界3位。また同年、全米最高峰のトレイルレース「ウエスタンステイツ100マイルズ」で準優勝など、現在も世界レベルのトレイルランニングレースで常に上位入賞を果たすなど国際的にも活躍。各メディアで取り上げられ日本でトレイルランニングの火付け役となった。
現在は競技者の傍ら、ITRA(国際トレイルランニング協会)理事や、「ウルトラトレイル・マウントフジ」(UTMF)実行委員長をはじめ、レースプロデュースも数多く手がけるなど国内でのトレイルランニング普及に力を注ぐ。

鏑木 毅 プロ・トレイルランナー

WristableGPS for Trek MZ-500シリーズをご購入の方全員にプレゼント!『山が楽しくなる!GPSギア活用ガイド』 WristableGPS for Trek Meets Professional #3「WristableGPS for Trek MZ-500を使った鏑木流トレーニングを公開!」 WristableGPS for Trek Meets Professional #2「信頼のトレランパートナーWristableGPS for Trek」 さらなる冒険の山を築こう WristableGPS for Trek

(注)本製品を使用したことにより発生した、お客様本人及び第三者のいかなる損害に対しても、弊社はその責任を負いかねます。お客様の責任でご使用ください。

(注)GPS機能やセンサー機能によってデータを計測しています、GPS受信状況や気圧、温度の急激な変化により、ルート、距離、ペースなどの計測値が正確に表示されないことがありますので、ご注意ください。

(注)本製品を強力な磁気を発する機器の近くや磁場が強い場所で使用すると、現在地情報、距離、方位などの計測に誤差が生じたり、計測不能になったりすることがありますので、ご注意ください。