導入事例 東京山喜株式会社様

リサイクルきもの販売 東京山喜株式会社様

リサイクルきもの販売 東京山喜株式会社様
導入製品:TM-T88IV
業種:小売

トラブルレスのレシートプリンターで
メンテナンスの手間とコストを大幅に削減

導入事例TOPへ

導入製品

TM-T88IV

(注)販売終了製品

コンパクトで静音・高速印刷が可能な
サーマルレシートプリンター。

導入製品:TM-T88IV(注)販売終了製品

現行機:TM-T88V 製品の詳細はこちら

導入店舗様のご紹介

リサイクルきものショップ「たんす屋」を全国展開

店舗風景

店舗風景

東京山喜株式会社様は、たんすの奥に眠っている着物や帯を買い取り、工場で丸洗い・殺菌・抗菌・プレスなどの作業を行ってから店頭で販売するという新しい業態の呉服店、リサイクルきものショップ「たんす屋」を1999年にオープン。以来、年に2桁のペースで出店を続け、2006年8月現在、全国で104店舗を展開しています。

たんす屋のコンセプトは「安い・きれい・面白い」。リサイクル着物という商品の性質上、品揃えは店舗ごとに異なりますが、「着物は高い」というイメージを打ち破る安さと、気軽に商品に触れることのできる和やかな雰囲気は、全店舗共通です。「自分で着物を着てみたい」という若い女性から、「安く着物を買いたい」という着物上級者、「日本のお土産に」と買い求める外国人観光客まで、様々なニーズに応えています。

導入された製品と用途

多店舗展開に対応可能なPOSシステムを開発

TM-T88IV設置風景

TM-T88IV設置風景

東京山喜様では、たんす屋事業の開始当初から多店舗展開を睨み、コンビニエンスストアのシステムを参考に、独自のシステムを開発、運用してきました。店舗側端末としては、POS専用機より安いコストで導入できること、柔軟なシステム構築が可能であることから、PCベースのPOSを採用しています。2005年にシステムの全般的な見直しを行ったのを機に、全店、POSの入れ替えを決定。その周辺機器として、コンパクトで静音・高速印刷が可能なエプソンのサーマルレシートプリンター「TM-T88IV」シリーズを採用しました。

導入理由・評価

2005年にシステムを全面的に見直し、社内ネットワークの再構築と全店舗にPCベースのPOSの入れ替えを行った東京山喜様。その目的は、店舗数の増加にともなって増大する売上データや顧客情報を、本社、支社、工場、およびたんす屋各店のどこからでも、スピーディーかつ安全に活用できるようにすることでした。

POSのハードウェアは、Windows PCと、カスタマディスプレイやキャッシュドロア、レシートプリンター、バーコードリーダーなどの周辺機器で構成されており、PCを入れ替えるだけでも処理速度の大幅な向上が期待できます。しかし、問題は周辺機器でした。これまで使用してきた周辺機器類には、PCと接続するための特殊なインターフェースボードが必要だったのです。さらに、これらの周辺機器は製造が中止され、後継機種も出ていないという状況でした。そこで、PCの持つ標準のインターフェースに対応した使いやすいPOS周辺機器を探していた東京山喜様の目に止まったのが、エプソン製品でした。

TM-T88IVシリーズの採用にあたっては、POS周辺機器で実績の豊富なエプソンの製品であることに加え、USBケーブル1本でPCと接続できる手軽さ、ロール紙を入れるだけでセットが完了する操作性のよさを備えていることも大きなポイントとなったそうです。また、狭いスペースを有効的に活用できるTM-T88IVシリーズのコンパクトなサイズについても高く評価しています。

導入後の状況・ご感想

東京山喜株式会社 管理本部 情報処理 山木 知英氏

東京山喜株式会社
管理本部 情報処理
山木 知英氏

東京山喜株式会社 管理本部 情報処理課の山木知英氏は、TM-T88IVシリーズのコスト削減効果を高く評価しています。「以前はプリンターにトラブルが発生すると、本部から店舗にメンテナンス要員を派遣する必要がありました。PCとUSB接続のできるTM-T88IVシリーズなら、万が一修理が必要な場合でも、店舗スタッフが簡単に取り外しや接続ができますから、代替機を店舗に送るだけで済みます。派遣費用や人件費などのコスト削減に大いに貢献していますね。」

また、TM-T88IVシリーズは、「文字が大きくて読みやすい」「ロール紙の交換が楽」と、店舗スタッフからの評価も高いと山木氏は言います。「以前使用していたプリンターは、ロール紙の交換後、しっかりとカバーを閉じたつもりでも、『カバーが開いています』というエラーメッセージが表示されてしまうという問題があり、スタッフには不評でした。このエラーメッセージが消えるまでは、レジへの入力もできないため、お客様を待たせてしまうこともあったのです。TM-T88IVシリーズを導入してからは、こうした問題に悩まされることもありません。しかも、

導入から7カ月を経た現在に至るまで、レシートプリンターには一度のトラブルもありません。TM-T88IVシリーズの信頼性と操作性の高さにも、大いに満足しています。」

システム概要・開発にあたって

OPOS仕様に準拠したTM-T88IVシリーズを採用 他メーカー製品からの移行も容易 インフォメーションサービスフォース株式会社 プロダクト・ビジネス部 橋本 直樹氏

東京山喜株式会社様では、今回の新システムの導入にあたり、二段階のシステム変更を行いました。まず、NTTのデータセンターにサーバーを集約すると同時に、データセンターと本社、支社、工場、全店舗をインターネットVPNで結ぶというネットワーク構成の変更を行い、その後、POSのハードウェアの入れ替えを行いました。

東京山喜株式会社様のPOSシステムの開発を担当したインフォメーションサービスフォース株式会社 プロダクト・ビジネス部の橋本直樹氏は、新システムの構築について次のように語ります。「東京山喜株式会社様のPOSシステムは、弊社の開発ツールである『美作』(みまさか)を使って開発しています。美作の特長は、ハードウェア構成と独立して業務プログラムを作成でき、システム拡張が簡単に行えるという点です。今回も、POSシステム自体のプログラム変更はわずかなもので済みました。」

それでは、エプソンのTM-T88IVシリーズを採用した決め手は、何だったのでしょう。「第一に、TM-T88IVシリーズがWindows環境における POSの標準規格であるOPOS(Open Point of Service)仕様に準拠していたことでした。東京山喜株式会社様の第一世代POS もOPOS に準拠していたので、最小限度の変更で対応することができました。第二に、構造がシンプルなことです。万が一故障した場合でも、その機器を変えるだけで対応できますし、PCとのUSB接続が可能なTM-T88IVシリーズなら、お客様でも簡単に接続や取り外しができます。メンテナンスのコストが削減でき、操作性に優れたTM-T88IVシリーズは、お客様にとっても、我々開発者にとっても最良の選択肢だったのです。また、エプソンは開発者用のマニュアルやユーティリティーなどをWeb サイトで公開しているので、必要な情報が無償ですぐに入手できるという点でも大変助かりました。問い合わせに対するエプソンの対応の早さも、開発者にとってはありがたかったですね」(橋本氏)。

東京山喜株式会社様 システム構成

リサイクルきもの販売「東京山喜株式会社」様

リサイクルきもの販売「東京山喜株式会社」様
本部所在地 〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町3-5-9
TEL:03-3662-5291(代) FAX:03-3661-6068
創立 昭和36年
資本金 2億2,842万5千円
代表者 中村健一
従業員数 正社員63人、パート職員約270人
店舗数 たんす屋 104店舗(2006年8月現在)
製品に関するお問い合せ・資料請求

エプソンインフォメーションセンター

TEL050-3155-7020

<受付>月~金曜日(祝日・弊社指定定休日を除く)

上記電話番号はKDDI株式会社の電話サービスを利用しています。
上記番号がご利用いただけない場合は、携帯電話またはNTT東日本、NTT西日本の固定電話(一般回線)からおかけいただくか、042-585-8525までおかけ直しください。