導入事例 株式会社アンク様

商業施設企画・運営 株式会社アンク様

商業施設企画・運営 株式会社アンク様
導入製品:TM-T88III
業種:小売

パソコンと接続してあらゆるものをコンパクトに印刷。
ディベロッパーとテナントのコミュニケーションツールに。

導入事例TOPへ

導入製品

TM-T88III

高速で静音、しかもコンパクトな
サーマルレシートプリンター

TM-T88III (注)販売終了製品

導入店舗様のご紹介

マイカル桑名一番街にあるアンク専門店街

マイカル桑名一番街にあるアンク専門店街

1990年1月に三重交通グループの三交不動産様から設立され、東海地方最大のショッピングセンターマイカル桑名の開発から運営・管理を行っている株式会社アンク様。

マイカル桑名はアンク専門店街・サティ・ビブレの物販に加えワーナーマイカルシネマズなどがあり、日本最大級のアメニティエリアとして注目されています。

株式会社アンク様はアンク専門店街の営業企画、販売促進などもおこなっております。アンク専門店街は、1Fは食料品や飲食、インテリア雑貨などの店舗、2~3Fはレディースからメンズなど最先端ファッションやカジュアルまで幅広く個性豊かな店舗が揃っており、それだけでなくお客様がくつろいでお買い物できる空間が広がっています。

導入された製品と用途

TM-T88III 設置風景

TM-T88III 設置風景

株式会社アンク様は使いやすさと信頼性を追及したサーマルレシートプリンター「TM-T88III」を導入しました。

各テナントに「PCターミナル」と呼ばれる端末を提供し、そのPCターミナル専用のプリンターとしてTM-T88IIIが使用されています。

クレジットカード決済時のご利用票の印刷や各テナントでの事務所からテナント様へのメールの印刷に使用しています。

TM-T88IIIは最大150mm/秒の高速印字で素早く印刷、ロール紙の交換もドロップイン方式を採用しロール紙を投げ込むだけで誰でも簡単にロール紙交換ができる簡単設計です。また、高耐久のオートカッターと合わせて高い信頼性を持っています。

導入理由・評価

株式会社アンク様のシステムはオープン当初からヴィンキュラム ジャパン様が担当していました。前システムでも十分優秀でしたが、オフコンを使用していた為システムが古くなってきたことも事実でした。また、株式会社アンク様はアンク専門店街の売上管理もしており、入金関係の機器を使用していましたが2004年11月の新紙幣導入による機器の入れ替えと、個人情報保護法への対応でシステムを入れ替える決断をしました。

今回のシステムは極力シンプルに使えるように、かつディベロッパーとしてのアイデアや情報を取り入れて、ヴィンキュラム ジャパン様と一緒にシステムを作り上げていきました。

クレジットの決済や会員ポイントの管理を基本に、対テナント様とのコミュニケーションを向上させるため事務所から各テナント様へのメール送信を可能としました。そのあらゆる業務でTM-T88IIIは出力用プリンターとして活用され、「印字速度も速くロール紙交換も簡単なプリンター」と評価されています。

導入後の状況・ご感想

アンク専門店街

株式会社アンク 業務部中村次長は、「テナント様の従業員は、幅広い年齢層の方が働いているために、なるべく手軽で簡単に動かせる製品が良いです。

TM-T88IIIはロール紙のセットがドロップインですから凄く手軽になりました。また、サーマルプリンターを使用することにより印刷速度も早くて印字も綺麗です。

エプソンの製品は大判インクジェットプリンターでもポスターの印刷などに使用していますから実績もあり安心でした。今後はさらにPCターミナルで様々なことが出来るように機能向上を検討しておりますが、プリンターももっと有効活用していきたいと考えています。」と語られています。

システム概要・開発にあたって

超ユーザー系ITベンダー ヴィンキュラム ジャパン株式会社 流通システムプロダクト事業部 企画グループ 久下グループリーダー

Vinculum=絆。消費者と企業のビジネス活動との接点を融合する「絆」になりたいという思いが込められた社名を持つ、大手流通業の情報システム部門から独立されたヴィンキュラム ジャパン株式会社様。

流通・サービス業の豊富な経験と実績を持ち、常にユーザーの立場になって考えられているユーザー系としてだけでなく、2002年富士ソフトABCグループに入りさらに高い技術力とIT知識を両方兼ね備えた「超ユーザー系」ITベンダーとして事業を展開しています。

複数の視点から企業の現状を把握して、様々なソリューションを行い、流通システムやサービスの提案などトータルにサポートされています。

●システムについて

今回株式会社アンク様と共に、ディベロッパーにとっては必要な情報がタイムリーに把握でき、テナントにとってはクレジットカードでの決済や、ポイントカードでの会員管理が可能なショッピングセンター向けシステム「ANY-CUBE SC」を開発しました。

従来の専用端末とは異なり、テナントにはパソコンを設置し、「ANY-CUBE SC PCターミナル」として活用いただいております。「システムの最大の特徴はディベロッパー様からテナント様への必要な情報のメール送信。今までは必要な情報を紙に印刷し、各テナント様に配布をしていたため非常に多くの工数がかかっていましたが、メール送信機能により確実に情報が伝達でき、費用の削減に役立っています。

エプソンのサーマルプリンターTM-T88IIIは業務の様々な情報を印刷することに使用されています。POSアプリケーションの「ANY-CUBE」自体ではTM-T88IIIと連携している実績もあり、開発は全く問題なくスムーズに行えました。

●なぜエプソン

ヴィキュラム ジャパン株式会社 流通システムプロダクト事業部 企画グループの久下グループリーダーは、「弊社やアンク様も以前からエプソンのプリンターを使用しておりましたので、連携に対する実績や耐久性に対する信頼性がありましたからすぐに採用が決まりました。

短期間でシステムを構築しなければならなかったので、インターフェースが標準的で情報がオープンに公開されて市販のパソコンに連携させて使用するプリンターとしてはエプソンの製品しか頭にありませんでした。

デバイスフリーというコンセプトもありましたから、OPOSに標準対応しているために安心感がありましたね。次世代のOPOS.NETなど最先端の技術を積極的に取り入れようといている点も素晴らしいですね。」と語られています。

システム図
製品に関するお問い合せ・資料請求

エプソンインフォメーションセンター

TEL050-3155-7020

<受付>月~金曜日(祝日・弊社指定定休日を除く)

上記電話番号はKDDI株式会社の電話サービスを利用しています。
上記番号がご利用いただけない場合は、携帯電話またはNTT東日本、NTT西日本の固定電話(一般回線)からおかけいただくか、042-585-8525までおかけ直しください。