多彩な用紙との高い親和性で、作品づくりの幅が広がる

高品質で選べる純正用紙

  • エプソンの顔料インクは、用紙表面にインク粒子がしっかり定着するため、幅広い質感の用紙に美しくプリントできます。印画紙タイプの「写真用紙」はもちろん、光沢感と透明感あふれる表現が可能な「写真用紙クリスピア<高光沢>」、また写真を絵画のように表現できる画材用紙や、光沢のない落ち着きのあるソフトな質感のマット紙、品のよいテクスチャーを施した「Velvet Fine Art Paper」など幅広くご用意。写真に紙選びの要素を加えることで、作品の幅が広がります。
  • 高品質で選べる純正用紙

マットブラックは、より幅広い用紙で黒の再現力を向上。

ファインアート系の用紙で、より深い黒を再現するマットブラック。SC-PX5VIIに搭載された、「Epson UltraChrome K3インク」は、従来のK3インクよりも用紙の表面付近に定着しやすくなり、重厚感のある「黒」とともに、シャープな再現が可能となりました。しかも、エプソン純正用紙はもちろん、幅広いファインアート系用紙でその優れた定着性を発揮。作品の狙いに合わせて最適な用紙を選ぶことで、表現の自由度が広がります。

マットブラックは、より幅広い用紙で黒の再現力を向上。

(注) 画像はイメージです。

純正用紙を始めとした幅広い用紙に対応

用紙の選択肢は多ければ多いほど、作品づくりの幅が拡がります。SC-PX5VIIに搭載の、Epson UltraChrome K3インクは、従来のK3インクより一段と濃度を高めたフォトブラック、用紙の表面付近に定着しやすくなったマットブラックを採用したことにより、クリスピア<高光沢>やVelvet Fine Art Paperなどの純正用紙はもちろん、フレスコジクレーなど他社製の用紙でも、ひときわ高画質な作品づくりを可能にします。
さらに、画材用紙などの独特なテクスチャーを持つ純正用紙もありますので、作品スタイルに合わせてお選びいただけます。

写真用紙クリスピア<高光沢> 光沢感あふれる白さを、本格的な写真表現に。 写真用紙<光沢> 写真を鮮やかに再現、光沢写真プリント。 ファインアート紙 独特なテクスチャーを、芸術的な写真表現に。
フォトマット紙 マット系の色調を、高品位な写真表現に。 写真用紙<絹目調> 落ち着いた雰囲気の、絹目調写真プリント。 画材用紙 柔らかな質感を、味わい深い写真作品に。
フレスコジクレー 漆喰をシート状に加工。(FLトクヤマ社製)
関連コンテンツ プロセレクション・テクノロジー、その想い

プロセレクション・テクノロジー、その想い

開発者によるSC-PX5VIIが誇るテクノロジーの解説と、その開発への想い。

関連コンテンツ 用紙テクノロジー

用紙テクノロジー

紙による表現の可能性を、もっと試せる。もっと楽しむ。

フォトグラファーのカラリオ術 用紙選びのあれこれ

フォトグラファーのカラリオ術 用紙選びのあれこれ

仕上がりに差がつく、用紙選びのヒントをご紹介します。

極める!プリントテクニック講座 第9回 用紙を使いこなす

極める!プリントテクニック講座 第9回 用紙を使いこなす

用紙の特性を把握して、それを活かした作品をつくってみましょう。

極める!プリントテクニック講座 第12回 Velvet Fine Art Paper を使いこなす

極める!プリントテクニック講座 第12回 Velvet Fine Art Paper を使いこなす

Velvet Fine Art Paper の特性を活かした作品づくりのポイントをご紹介します。

純正用紙の良さをチェック

純正用紙の良さをチェック

マッチングでもテクノロジーでも純正用紙のここがすごい。

写真用紙クリスピア<高光沢>

写真用紙クリスピア<高光沢>

エプソン写真用紙の最高峰メディア、クリスピアなら作品作りのこだわりに応えます。

L判からA3ノビまで、幅広いサイズに対応

L判やKGサイズ、A4サイズはもちろん、六切、四切といった写真用サイズから、A3ノビといった大判サイズまで対応。こだわりの1枚を大きく伸ばして飾るなど、作品づくりの楽しみが拡がります。

L判からA3ノビまで、幅広いサイズに対応

前面手差し給紙で、厚紙へのプリントもできる

前面手差し給紙で、厚紙へのプリントもできる

SC-PX5VIIでは、前面からの手差し給紙方式を採用しているので、紙厚のある用紙をスムーズにプリントできます。

A3ノビ幅ロール紙にも対応。作品の幅が広がる

A3ノビ(329mm)幅のロール紙(注1)に対応していますので、パノラマ写真など、定型の枠を越えた、自由なプリントが可能です。

A3ノビ幅ロール紙にも対応。作品の幅が広がる

A3ノビ幅ロール紙にも対応。作品の幅が広がる

(注1) バックフィールド時はロール紙ホルダーのノブで用紙を巻き取ってください。
(注) 画像はイメージです。