タイアップ記事

  • 製品をご利用中の方へ

    サポート情報
  • ご購入はこちら

日本カメラ2015年12月号

日本カメラフォトコンテスト入賞者、野沢さん、内藤さん

写真・文=曽根原 昇

日本カメラフォトコンテスト入賞者の2人が、より高品位な作品に仕上げるべく、エプソンのプロセレクションSC-PX5VIIとSC-PX7VIIの2機種でプリントに挑戦!月例入賞者2 名がエプソンイメージングギャラリー エプサイトの「プライベートラボ」に集結。SC-PX5VIIとSC-PX7VIIを使用して、いつもとは違う、A3ノビの大判プリントに挑戦した。

実力派月例入賞者の“生”の意見を聞く

自宅のパソコンとインクジェットプリンターを使って、本格的な作品制作に取り組むという環境も一般的になってきた昨今。そうした写真愛好家の期待に応えるべく「プロセレクション」シリーズで最高峰プリンターの進化を続けるエプソンであるが、実際のところ、プリンターの進化具合というのは、どこまで真剣に作品制作に取り組む“現場”に響いているのだろうか?非常に気になるところなので、今回は本誌の月例コンテストの常連、プリントの猛者ともいうべきお二人をお招きして、エプソンが運営するエプサイト(東京・新宿)内にある「プライベートラボ」にて、ご自身の手で作品をプリントしてもらい、その感想を伺った。

モノクロプリントの部野澤正樹さん×SC-PX5VII

プリンターの進化がさらに写真のイメージを高めてくれる

今回お招きした一人、野澤さんは、長い写歴のなかでスナップ写真を撮り続け、自宅に設置した暗室でバライタ紙を使用しての銀塩プリントを実践されてきた方だ。「正直なところ、時代がデジタル化していくなかで写真を止めようとさえ思ったことがありました」と野澤さんは語る。「でもエプソンからPX-5500がでたとき、かなり銀塩に近づいたという感想があって、自分もデジタルで写真を撮るようになりました」。
野澤さんは来春に個展の開催が決まっている。「今回、エプソンのウルトラスムースファインアートペーパーを使ってみて、インクジェットも紙によって質感が大きく変わることが分かりました。SC-PX5VII登場でこれまでと段違いに、あるいはそれ以上に自分が目指す銀塩プリントとの印象に近づいたと確信できますね」。野澤さんはカラープリントにも熱心で「ブラックとグレーインクの搭載で、影の部分の繋がり、質感が自然な立体感を思ったように表現してくれます」とのこと。個展に向け、ご自身が思う作品イメージを高めることができたようで、嬉しい限りである。

柔らかな光で撮影された写真であるが、微妙なトーンを描き分け立体感を生み出している。A3ノビサイズではバイザーの奥に浮かぶ女性の表情も優しく表現しているのがよくわかる。

はじめて手差し給紙に挑戦。展覧会に使うアート紙や厚手のペーパーもプリントできる。

展覧会に使うアート紙など紙厚のある用紙でも、前面からの手差し給紙で場所を取らず簡単にプリンターにセット。誤差が生じやすいA3ノビのような大きなサイズでも正確にプリント位置を合わせることができる。

顔料・マットペーパーとモノクロ作品との相性は抜群

実は野澤さん、今回はじめて純正アート紙「ウルトラスムースファインアートペーパー」を使用した。カラーはもちろん、しっとりとしたモノクロ作品との相性の良さに驚き、来年5月に開催する展覧会用プリントにも本格的に使っていきたいという。

Epson UltraChrome K3インクは、写真の深みを表現してくれる

「Epson UltraChrome K3インク」は黒の深度が向上し、一段と精緻で立体的な表現を可能としている。3 種類のブラックインクを搭載し、モノクロ表現だけでなくカラーでも色空間全体の精度を高めることができる。

今回、SC-PX5VIIを使ってみての感想は?

「モノクロもカラーも想像以上の仕上がりで、A3ノビサイズのアート紙プリントに感動しました」
「どの角度からプリントを見てもインクのムラがなく自然で、モノクロ写真で大切な階調の表現が非常に素晴らしいです。特にアート紙との組み合わせでは、銀塩時代に培った自分の感性にとてもよく合います」(野澤)

野澤正樹さんの制作機材

暗室で銀塩作品の制作を続けてきた野澤さんはPX-5500 登場で初めてデジタルに移行し、現在はPX-5Vを使用。来春予定の個展に向け最新プリンターの品質を見る目は厳しい。

カラープリントの部内藤正太郎さんSC-PX7VII

最新のインク構成で高光沢での作品品質が向上した

もう一人の方、内藤さんは、以前印刷会社に勤めていたことがあり、プリントの色に対する高度な専門知識と技術をお持ちだ。「写真ももちろんですけど、プリンターのもつ性能・表現力にも関心が強いです」。そんな内藤さんはご自身の作品制作以外にも、知人からプリントを依頼されることがよくあり、要望に応じてエプソンのプリンターを使い分けているという。

「歴代のプリンターにも微妙な個性というものがあって、PX-5500は主に階調のある柔らかな作品、SC-PX5VIIは主に黒のしまった力強い作品、というように分けていて、光沢紙でカラープリントを出力するときは特にPX-G5100を使っています」。光沢紙のカラープリントでPX-G5100を使っているのは、グロスオプティマイザによってプリント面の光の乱反射が抑えられることが理由。

それだけに「高光沢顔料インクの最新機種というSC-PX7VIIの発色性能を楽しみにしてきました」とのことだ。今回は高光沢の写真用紙「クリスピア」でプリントを試してもらったところ「ブルーとオレンジインクのおかげでしょうか? 高彩度の部分がとても自然に表現されていて、同じカラープリントでもぐっと格調が高くなっていますね!」と、進化した艶やかな発色性能に満足いただけたようだった。

作品制作にプリントの品質は欠かせない

カラー・モノクロプリント部門では、もちろんプリントの品質も審査の対象である。その意味で、今回、月例コンテストの上位入賞者であるお二人に、最新インクジェットプリンターの品質を確認してもらえたことは、その他多くのユーザーにとっても大きな励みとなるというもの。お二人の作品は今後ますます品位を高め、誌面や展示でわれわれの目を楽しませてくれるに違いない。

ブルーとオレンジのインクを搭載し、写真に立体感と深みが出た。

ブルーインクとオレンジインクを搭載したことで、これまでの顔料インクにない鮮やかで艶やかな発色を実現。高い作品品質のカラー写真プリントを制作することができる。

様々な色が交差するスナップ写真。ともすると飽和して主役より主張しがちな赤色は、見た目通りに写真の中に溶け込んでいる。抜けるように美しい青空の再現はブルーインクの効果だろう。

光の乱反射を抑えるグロスオプティマイザの効果で、自然な光沢感が出せる。

内藤さんがSC-PX7VIIに興味をもつ理由が、光沢顔料インク「グロスオプティマイザ」の搭載。プリント表面を平滑化して光の乱反射を抑え、プリントの隅々までクリアで美しい光沢を出してくれるので光沢紙に最適だ。人工灯に浮かび上がる工場夜景の写真。鮮やかながらも落ち着きのある発色によって工場の重厚感がよく表現できており、空や水面の繊細なタッチは写真に一種の艶やかさを与えている。ペーパーは写真用紙クリスピア〈高光沢〉を使用した。

今回、SC-PX7VIIを使ってみての感想は?

「SC-PX7VIIの自然で鮮やかな発色は、スナップ作品にも風景作品にも向いている」
「グロスオプティマイザの効果は期待通りでした。新しいカラーインクの構成はいいですね。鮮やかさが向上しながら発色に落ち着きがあります。特に難しいと感じていた赤と緑の表現がイメージ通りなのが嬉しいです」(内藤)

内藤正太郎さんの制作機材

大手印刷会社に勤めていた内藤さんはプリントに造詣が深い。PX-G5100、PX-5500、SC-PX5VIIといった歴代名機を所有し、いまも用途に合わせて使い分けているという。