タイアップ記事

  • 製品をご利用中の方へ

    サポート情報
  • ご購入はこちら

日本カメラ2015年11月号

日常使いの高画質な複合機から、写真愛好家向けハイエンドなプロセレクションまで
どんな写真作品でも
エプソンプリンター
4機種が可能にしてくれる

Epson UltraChrome
K3(顔料)インク搭載

SC-PX3V

SC-PX5V2

高光沢8色(顔料)
インク搭載

SC-PX7V2

Epson ClearChrome
K2(染料)インク搭載

colorio EP-10VA

表現力の高さで定評のあるエプソンのインクジェットプリンター。新機種が加わったことで、完成度を増した「プロセレクション」シリーズ+カラリオのフラッグシップモデルでより多彩な選択肢になった。

エプソンのインクジェットプリンターのラインアップがすごい!

インクジェットプリンターといえば、デジタルカメラやフィルムスキャンの画像を〝写真〟として出力するため、写真愛好家はもとよりプロにとってもなくてはならない必須機材のひとつになっている。
なかでもエプソンのインクジェットプリンターはその表現力の高さに定評があり、もとより多くの愛用者がいることで有名なのだが、10月になって新たに2種類の新製品が加わることで「プロセレクション」のラインアップにますます隙がなくなっているのである。

僕自身の話をすれば、まず約20年前に初めてパソコンを購入したときに初めて買ったのがエプソンのインクジェットプリンター。

2005年に8色顔料インクの本格写真向け「PX-5500」が登場した時には迷うことなく即買いし、それとは別に仕事や普段用にA4タイプの複合機も何度となく買い替えて今も使っている。この5年間で開催した3度の個展の展示作品は、すべてエプソンが運営する「エプサイト」内のプライベートラボでプリントしているし、次回の個展でも同じにする予定だ。正直、ちょっと自分でも驚くくらい、公私ともに相当なハード・エプソンユーザーだと思う。

インクジェットプリンターは作品作りのための最終的なアウトプットを担う重要な存在なので、やすやすとワークフロー(この場合は機種の系統)を変えることはできず、それでいて性能や機能の向上など最新の動向には常に注意を払っていたいものだ。

そんな切実な思いを胸にしていたところ、今回、運よくプロセレクション最新機種とカラリオの最上位機を使わせてもらう機会をいただいたのであった。「エプソンのプリンターのラインアップが今すごい」というのは、現行数機種を使って実際に写真をプリントした結果からきた、率直な感想なのである。

作品の方向性と目的を考えてプリンターを決める

プリンター選びとはまさに〝目的による〟ものであり、それならば、われわれ写真愛好家としては〝どんな写真を主に撮っているか〟で話は決まってくるだろう。
まず、モノクロの写真、または深みのあるカラー写真をプリントで表現したいというならA3ノビモデルの「SC-PX5VII」あるいはA2ノビモデルの「SC-PX3V」になる。両機はライトグレー、グレー、ブラックの3種類のブラックインクで繊細なモノクロ表現だけでなく色空間全体の精度を高めている。
「SC-PX7VII」はブルーとオレンジのインクを搭載し、顔料インクとは思えない高発色性を備えている。風景写真や人物の肌などを、より美しく艶やかに再現したいという場合にうってつけの機種だ。また、グロスオプティマイザも搭載しているのでプリント表面を平滑化し、光の乱反射を抑えることもできる。そして、今回これまでとは違う有効性を見つけることができたのが「EP-10VA」。レッドとグレーのインクを採用した染料「6色インク」で、鮮やかな発色と滑らかなモノクロ表現を複合機ながらA3サイズで実現している。複合機なのでコピーやスキャンといった日常使いにも便利なのは言うまでもない。
それぞれの機種ごとに得意分野が明確であれば、おのずと自分が必要とするプリンターが見えてくるというもの。また僕自身の話になってしまうが、前述の「PX-5500」は使い続けてはや10年。これまで大変気に入って使い続けていたが、この秋のエプソンのラインアップを見るにつけ、ついに買い替えるべき時が来たことを確信した。むしろこのラインアップが完成した時点で〝自分の一台〟を選べるチャンスを得た幸運に感謝しているほどである。

PCいらずでA3サイズまでの作品制作、コピーなど日常使いにも重宝する複合機 カラリオEP-10VA 「作品印刷機能を使って、簡単に高画質な作品ができる」

A3サイズまでプリント可能。染料系インクにより、高精細な作品づくりができる

レッドとグレーを加えた新6色インク

複合機なのにA3サイズまでプリントできてしまう。決してオマケと呼べない高い写真画質で、レッドとグレーを加えた新6色インクによって鮮やかな発色と自然な仕上がりの作品ができる。また、モノクロ作品にも対応しているハイブリッドな点が魅力だ。

複合機ならではの使い勝手の良さ

資料をコピーしたり修正した原稿をスキャンしたり、普段使いにはこれ以上ないくらい便利な複合機。スマートフォンで撮った写真をWi-Fiで簡単にプリントすることもできる。

タッチパネル操作で多彩なプリントができる

SDカードやUSB 接続したハードディスクから直接写真を読み込むことができる。また、「作品印刷機能」はパソコンなしで写真の編集・保存をすることが可能。写真選びに便利な「撮影情報付印刷」、色味を確認できる「色補正一覧印刷」など、PCなしでもタッチパネルのみで写真の編集、プリントができる機能があるので安心だ。

カラーは、2010年に開催した個展の作品をA3サイズのクリスピアで再出力した。鮮やかな発色と色域の広さは作品として申し分なく、美しい光沢感は染料インクならではだ。モノクロは、マットペーパーに出力。落ち着いたトーンで階調表現にも満足できる。

高い発色性と豊かな光沢感を実現した顔料インクのA3ノビモデル プロセレクションSC-PX7VII 「ポジフィルム調(高彩)は青が鮮やかで、プリントの光沢感は印画紙のよう」

幅広い紙質・サイズに対応

エプソンの顔料インクは対応する用紙の種類が非常に幅広いのが特長。作風や手段に合わせてさまざまに表現方法を変えることができる。用紙サイズも多く選択でき、ロール紙を利用したパノラマ写真にも対応する。

カラープリント向けのインク採用で顔料インクながら鮮やかな発色

青い空や海の美しさを再現するブルーインク、精細な人肌を再現するオレンジインクが搭載されており、顔料インクとは思えない深く鮮やかな発色を見せてくれる。また、光の乱反射を抑えるグロスオプティマイザ搭載で、光源の異なる状況下でも作品の隅々までクリアで美しい光沢が出せる。

A3ノビサイズの写真用紙クリスピアに「ポジフィルム調(高彩)」でプリント。ブルーインクのおかげで特に空の色を綺麗に表現できた。紙質を選ばずさまざまな用紙で光沢感を演出できるのも嬉しい。さらに、ブルーインクセット時のみ設定できる印刷モード「ポジフィルム調(高彩)」では、印画紙のような光沢感と、鮮やかな青を引き出すことができた。

幅広い作品作りを可能にするNEWラインアップ×SC-PX7VII&EP-10VA

A2ノビ対応機からA3まで。高品質顔料インクEpson UltraChrome K3インクから、高光沢顔料インク、染料インクモデルまで、さまざまな作品づくりに対応する死角がないラインアップとなった。

Epson UltraChrome K3インクは、モノクロプリントとも相性がいい

「Epson UltraChrome K3インク」は、従来よりダイナミックレンジが広く黒がよく締まる。さらにEP-10VAに比べ、モノクロプリントとの相性が非常によく階調豊かな迫力の表現が可能だ。暗部から細部までイメージをより忠実に再現できる。

写真・文=曽根原 昇

プロセレクション カラリオ
Epson UltraChrome K3inc

「SC-PX3V」と「SC-PX5VII」にはライトグレー、
グレー、ブラックの3種類のブラックインクを含めた
「Epson UltraChrome K3インク」が搭載されている。

Epson ClearChrome K2inc
Epson UltraChrome
K3(顔料)インク搭載
高光沢8色(顔料)
インク搭載
Epson ClearChrome
K2(染料)インク搭載
SC-PX3V SC-PX5VII SC-PX7VII EP-10VA
最高解像度 2880dpi×1440dpi 5760dpi×1440dpi 5760dpi×1440dpi 5760dpi×1440dpi
インク 顔料8色(新K3インク) 顔料8色(新K3インク) 顔料8色 染料6色
ノズル配列 540(ブラック)、
900(カラー)
540(ブラック)、
900(カラー)
360(ブラック)、
1,080(カラー)
180(ブラック)、
900(カラー)
最大対応用紙 A2ノビ(17インチ幅)、
ロール紙対応○
A3ノビ、ロール紙対応○ A3ノビ、ロール紙対応○ A3、ロール紙対応×
接続 Hi-Speed USB、
有線・無線LAN
Hi-Speed USB、
有線・無線LAN
Hi-Speed USB、
有線・無線LAN
Hi-Speed USB、
有線・無線LAN
大きさ(収納時) 684×376×250ミリ 616×369×228ミリ 622×324×219ミリ 479×395×168ミリ
質量 約19.5キロ 約15.0キロ 約12.3キロ 約9.5キロ
発売日 2015年5月 2014年11月 2015年10月8日発売 2015年10月22日発売