タイアップ記事

  • 製品をご利用中の方へ

    サポート情報
  • ご購入はこちら

アサヒカメラ2016年4月号

優れた作品はプリンターで決まる三好和義氏が考える楽園写真プリンター活用術

楽園写真家・三好和義氏は、プリンターの進化をどう捉え、これを自身の作品づくりにどう生かしているだろうか。
同氏が愛用するエプソンのSC-PX3Vの実力と、SC-PX7VIIの表現力を聞いた。

モニターに近い状況でプリント黒の表現力が増すと写真が際立つ

進化したK3インクテクノロジーを採り入れた「Epson UltraChrome K3インク」によって、さらに豊かな表現力をまとったエプソンのSC-PX3V。三好氏は同機を写真展に出品する作品づくりにも活用している。「SC-PX3Vに出会ったのは、エプソンイメージングギャラリー エプサイトのプライベートラボでした。そこで、モニターと近い状況で、その場でプリンターから出力されてきたことに大きな衝撃を受けました。それまで以上にモニターに近い状況であり、期待以上の出力だったのです。SC-PX3Vを体験して気持ちがはっきりと変わりました」(三好氏)
Epson UltraChrome K3インクは、フォトブラックインクの顔料の色材密度をアップ。マットブラックインクは用紙の表面付近に色材が高濃度に定着し、黒の深度が増すことで、モノクロ、カラーとも階調性がいちだんと向上。
「とにかく黒がキレイ。モノクロはもちろん、カラーでプリントしても黒が引き立ちます。黒が生きてくることで、ブルーなど他の色もぐっと美しさを増すのです。ただ単にビビッドとか、派手で色が濃いということではなくて、色ののりが重厚な感じで、美しく表現できるのが気に入っています」(三好氏)

Chapter01

作品を自分でプリントすると、その場で思い通りの調整ができる

写真展の作品づくりにも活用プリンターの実力を引き出す

SC-PX3Vを作品づくりのアイテムとして採り入れたことで、ワークフローが大きく変化した。
「それまで大判のプリントが必要なときには、すべてラボに出していました。SC-PX3Vを使って、こんなに思い通りに出るのなら、展覧会のプリントは全部自分でしてみようと考えるようになりました。クオリティーの面では、ラボに出したものと差がありません。むしろ、自分でプリントすることによって、思い通りの調整ができます。
手元にプリンターがあれば、小さめの紙にプリントしてみたり、一部分だけを大きく印刷することも可能です。もっと調整して、さらにSC-PX3Vの実力を引き出してやろうという気持ちになりました」(三好氏)
L判からA2ノビの大判プリントまで、幅広い質感の用紙に美しくプリントできるのもSC-PX3Vの大きな魅力だ。
「光沢紙やマット紙など、どんな用紙にもマッチングさせられるというのもうれしいですね。和紙にプリントしたときも以前より良くなっていると感じました。
紙の進化もあるのでしょうが、なによりもプリンターとインクの進化を力強く感じます。給紙もしやすくなりましたし」(三好氏)
特別なレタッチを加えなくても、ストレートにプリントしただけの状態で、十分に納得のいく仕上がりが得られると、同機を高く評価している。

深い緑の色加減やコントラストを見事に再現している。
Epson UltraChrome K3インクにより暗部がより深みを増して、奥行き感のある表現に貢献している。

用紙:写真用紙クリスピア<高光沢>

Chapter02

作品づくりの最終的な目標は、人の心に残るプリントに仕上げること

存在感のあるブルーの表現力これまでにない新しさを実感

澄みきった青を鮮やかに再現するブルーインクを搭載するなど、従来の顔料インクの領域を超えたつややかな発色を高光沢顔料インクで実現するSC-PX7VII。今回はその性能を三好氏に聞いた。
「やはりブルーがきれいですね。ブルーの色の濃さや、グラデーションも含めた青の表現が素晴らしいと感じました。色の中でも、青の深さというのはなかなか表現するのが難しいものです。一般的に、ブルーを明るくしようとしたら、軽くなってしまうのですが、明るくしても存在感のある濃さでプリントできるのです。

目を近づけてみても、ベタッとせずに空気感のある自然な表現力がありますね。グロスオプティマイザの効果で顔料とは思えないしっかりした光沢が得られるのも見ていて心地いいです」(三好氏)
楽園写真の作品にも重要な位置づけとなるブルーが色鮮やかに際立つことで、作品のクオリティーがプリントに生きる。「タヒチや沖縄など南国の写真に求められる、ブルーの透明感やインパクトがきれいに出るという印象があります。空の深みや、海のエメラルド色は、インクジェットプリンターでプリントするのがきれいだと感じていたのですが、 SC-PX7VIIはさらに極めているように思います」(三好氏)
その実力は、同氏の想像を大きく超えていたようだ。「最終的にはプリンターに任せることで、思った以上にきれいに出てくれるという信頼感があります。光沢紙を使ったときは、グロスオプティマイザがプリント表面を平滑化して、光の乱反射を抑え、グラデーションをなめらかに再現します。
プリントとしての完成度がいかに高いかを表していると思います。以前は満足のいくプリントをするために、苦労してかなりレタッチをしなければならなかったこともありましたが、 SC-PX7VIIは期待に応えてくれます。もっと明るくしたらどうだろうか、もっとシャドー部分を出してみたらどうなるのだろうか、シャープネスをどれだけかけようか、考えるだけでわくわくし

空のブルーのグラデーションを見事に再現している。
従来のプリンターではなかなか表現できなかった
「青の深み」が写真をいきいきさせている。

用紙:写真用紙クリスピア<高光沢>

てきます。いろいろと試してプリントのテクニックを探りたくなりますね。最終的な目標は、人の心に残るプリントに仕上げることなのです」(三好氏)SC-PX7VIIは、三好氏の求める色彩豊かな世界を再現できる、満足度の高いプリンターと言えるだろう。

画面では味わえない充実感や喜び最終的な作品はプリンターで決まる

美しく、大きくプリントしてみることで、写真の新たな楽しみ方が広がっていく。
「大画面テレビなど、大きなモニター画面で見るのと、大きな紙にプリントして写真を見るのは違うものです。モニターは透明感があり、高精細なものもありますが、プリントしたときの充実感や喜びはモニターでは味わえません。そこに写真の面白さがあるのです。モニターではわからずプリントして初めて気づくこともあります。プリントのよさが作品をさらに引き上げ、用紙を手に持ったときの触感など、五感に訴えてくる楽しみ方も生まれます。最終的な作品として表現するのがプリンターなのです」(三好氏)期待に応えてくれるプリンターを手にすることで、新しい写真の楽しみが生まれると三好氏は語る。エプソンのSC-PX3V 、 SC-PX7VIIはこれを実現してくれるプリンターだ。

プリンターの表現の幅を広げるテクニックはコレ!!

三好和義氏が考えるプリントの世界観。それを具現化するためのテクニックのポイントを紹介します

プリントすることで撮影技術も上達

「作品を大きくプリントすることで、自分で撮った写真がこんなに緻密に写っていたのかとモニターで見る以上にさまざまなことに気づきます。撮るときの心構えや気持ちの入れ方も変わります。こんなに美しくプリントできるのなら、ブレないようにより慎重に撮ろうとか、レンズの絞りを厳密に合わせようと考えることでテクニックもアップします」

まずはストレートプリントで確認

「まずはストレートプリントを行い、それをもとにどこをレタッチしていくかを決めます。画面で確認しながら、完成形に近づいたタイミングでプリントし、微調整しながら仕上げる。画面だけでレタッチせずにプリントを見ながら仕上がりを考えイメージすることが大切です」

モノクロプリントにチャレンジしよう

「カラーでは普通の写真も、モノクロにすることによって、テクスチャーをうまく引き出すことができます。これがモノクロ写真の面白いところです。黒が際立つプリンターでモノクロプリントすると、コンテストに出したくなるような仕上がりにも」

仕上げに役立つプリンターの機能

「色補正モードを使って、例えばポジフィルム調(高彩)にしたり、モノクロ写真の純黒調(ニュートラル)/冷黒調(クール)/温黒調(ウォーム)/セピアでプリントするというのも、レタッチが苦手な方には表現方法のひとつとして面白いですね」

1958年徳島市生まれ。85年初めての写真集「RAKUEN」で木村伊兵衛写真賞を受賞。以降「楽園」をテーマにタヒチ、モルディブ、ハワイをはじめ世界各地で撮影。その後も南国だけでなくサハラ、ヒマラヤ、チベットなどにも「楽園」を求めて撮影。その多くは写真集として発表。近年は伊勢神宮、屋久島、仏像など日本での撮影も多い。近著は「室生寺」(クレヴィス)。日本の世界遺産を撮った作品は国際交流基金により世界中を巡回中。

より高い色表現を求めるならエプソンプリンターで決まり!!

Colorio V-edition

EP-10VA

EP-10VA

Epson ClearChrome K2インク搭載
A3サイズまでのプリントだけでなく、コピーやスキャンもできる万能型の染料プリンター。染料インクならではの光沢感のある鮮やかなプリントが可能

Proselection

SC-PX7VII

SC-PX7VII

最新鋭のA3ノビプリンターで8色の顔料インクを搭載。ブルーインクは青空や青い海の色を、オレンジインクは人物の肌や紅葉などを階調豊かに美しく描き出す

Proselection

SC-PX5VII

SC-PX5VII

Epson UltraChrome K3インク搭載
顔料インクを搭載したA3ノビサイズの最上位モデル。3つの黒系のインクによって立体感のある表現が得られる。モノクロ派にもおすすめ

Proselection

SC-PX3V

SC-PX3V

Epson UltraChrome K3インク搭載
プロセレクションでは唯一、A2ノビサイズのプリントが可能なモデル。17インチ幅のロール紙での印刷もできる。黒の濃度を高めたことによる色鮮やかな表現も魅力

文/石川悦郎 撮影(人物)/堤 晋一 デザイン/弾デザイン事務所 企画・制作/アサヒカメラADセクション