のぼり作成講座

実践ワンポイントアドバイス だれでも簡単!集客力を高めるのぼりを作る!のぼり作成講座

路地裏にあって目立ちにくい、街道沿いで車のお客を呼び込みたい。そういう場合にぜひ活用したいのが「のぼり」です。風にはためくのぼり旗は、遠くからでも目にとまりやすい。だからこそ、お店の存在をアピールし、お店の前へとお客様を導くためにも、人を惹きつけるのぼり作成のポイントをしっかり押さえて、集客効果を高めたいものです。ここでは、のぼりの効果的なデザインと配置について説明します。ポイントを理解したら、実際の作成ステップを見ながら、のぼりづくりにチャレンジしてみましょう。

のぼり作成のポイント

のぼりを作る上で必要な5つの要素を、まずは押さえましょう。

Point.1 訴求ポイント
道行く人に「業態」や「店の売り」をひと目で伝えるためにも、情報量は絞ります。業態をアピールするのか、商品をアピールするのか、あらかじめ考えておきましょう。
Point.2 デザインの方向性
訴求ポイントにあわせて、デザインの方向性を決めます。業態そのものや金額をお客様に訴えたい場合は、たとえば「○○クリーニング ワイシャツ1枚100円」のように、大きく文字のみを入れます。商品がセールスポイントの場合は、商品の写真と文字の両方を入れるといいでしょう。アイキャッチ効果を高めるためにも、のぼりは色使いが重要で、のぼりを設置する店舗の外観や周りの風景に馴染まない色を選びましょう。背景色と文字色はコントラストの高い色を選ぶなど、遠くから見ても「ひと目で伝わる」色使いを心がけましょう。
Point.3 デザイン素材
使用する写真やイラストなどを用意します。商品写真だけでなく、たとえば「秋なら紅葉」「春は桜」のように、写真やイラストで季節感を演出するのもオススメです。
Point.4 レイアウト
20~30m手前からでもひと目でわかるように、写真や文字はシンプルに大きく配置します。商品の写真は、迫力があるように、写真の一部が切れるくらい大胆に配置するのもいいでしょう。また、書体もデザインの一つです。特にのぼりは、訴求ポイントを文字で端的に伝えなければならないもの。業態・商品名・イベント名など目立たせたい部分には、ぱっと目を惹く書体を選びましょう。
Point.5 印刷
耐久性に優れたポンジクロスに印刷します。

インパクトを強くする「のぼりづくり」のノウハウ

作成する前に、通行人の動線を考えて、道路の反対側や近くの横断歩道などに立って、どれくらいの文字の大きさなら読めるのかを、あらかじめイメージしておきましょう。近くに同業他社があった場合、その店舗との差別化も考えてデザインします。のぼりは、同じデザインのものを連続して数多く配置した方が、訴求力が高まります。風で揺れる動きによって人の目をひくので、目立たせたい一心で旗を固定してしまうと、かえって逆効果です。

のぼりデザインの基本フォーマット

のぼりデザインの基本フォーマット

(1)文字
訴求ポイントを端的に伝えるもの。シンプルに大きく配置します。文字色は、遠くから見ても読めるよう、地の色とのコントラストの高い色(地の色が濃ければ文字色は薄めに、地の色が淡い色なら文字色は濃い目)を選びましょう。
(2)写真やイラスト
商品がセールスポイントの場合には、商品の写真を入れるとインパクトが強まります。写真やイラストは、見た人が“思わず足を止めたくなる”目を惹くもの、美しいものを選びましょう。
(3)店名
催事場や売り場コーナーなどで使用する場合は、店名は入れなくてもよいですが、店から少し離れた場所や道路沿いに設置するなら、「誰が」発信しているメッセージなのかを伝えるために、店名は入れておきましょう。

作成見本

作成見本

のぼりも一つの情報です。同じ情報を何度も見ていると、自ずと新鮮さは失われてしまいます。少なくとも季節ごとに、さらには、イベントにあわせて新しいのぼりを用意したいものです。内製すれば、好きなタイミングで必要な数だけ、低コストに作ることができ、作成したのぼりのデータは、次の年ののぼりづくりの参考にもなります。

のぼり作りにチェレンジしてみましょう。

訴求効果の高いオリジナルののぼりを作ってみよう!

「かんたん!POPプリント Standard Edition3」を使えば、初心者でも簡単にのぼりを作ることができます。1,833点のテンプレート・写真・イラスト・背景素材が収録されているので、のぼり作りが初めての人も安心。ナビゲーションに従って進めるだけで、プロなみの本格的なのぼりが作成できます。

STEP1 素材を選ぶ

  • 素材を選ぶ①

    「かんたん!POPプリント」を起動して、[素材を選択する]をクリックする。

  • 素材を選ぶ②

    [POPブラウザ]画面の[01テンプレート]から使用したいテンプレートを選び、ダブルクリック。

  • 素材を選ぶ③

    [デザイン]画面が開き、選択したテンプレートが表示される。この画面で、背景や文字、写真をレイアウトしていく。

STEP2 背景を決める

背景を決める①

かんたんツールバーの[背景設定]をクリックし、色やテクスチャを選ぶことができる。今回は、テンプレートの背景をそのまま使用する。

ワンポイントアドバイス

グループ化、グループ解除でラクラク操作!

背景色が変わると、のぼりの印象はこんなに違う!

「色」が見る人に与えるインパクトは強く、配色によってデザインの雰囲気は大きく変わります。特に、背景は面積も広いので、色使いが重要となります。表現したいデザインイメージや季節にあわせて、背景色を選ぶのはもちろん、文字色とのコントラストにも留意して背景色を決めるのがポイントです。

STEP3 画像を選ぶ

  • 画像を選ぶ①

    かんたんツールバーの[画像取り込み]をクリック。[POPブラウザ]画面の[03写真]から画像を選び、ダブルクリック。

  • 画像を選ぶ②

    [デザイン]画面左のガイドメニューから[イラスト・画像の編集]にある[クリップ加工]をクリック。

  • 画像を選ぶ③

    [透明色・クリップ]画面の[クリップ]から好きな形状を選ぶと、画像がその形に切り抜かれる。

  • 画像を選ぶ④

    [透明色・クリップ]画面で、画像の四隅にマウスをあわせ、上下・左右の切り抜き位置を調整し、[OK]をクリック。

  • 画像を選ぶ⑤

    [デザイン]画面に戻る。

  • 画像を選ぶ⑥

    その他の画像も同様に配置し、[デザイン]画面で画像の 大きさや位置を調整する。

ワンポイントアドバイス

グループ化、グループ解除でラクラク操作!

グループ化・グループ解除でラクラク操作!

「かんたん!POPプリント」には、和文フォント8書体、欧文フォント60書体、数字フォント40書体が、あらかじめ収録されています。文字もデザイン素材の一つと考え、のぼりのデザインイメージにあわせて フォントを選びましょう。

STEP4 書体を選び、文字を入力する

  • 書体を選び、文字を入力する①

    [デザイン]画面上で、内容を変更したい文字をダブルクリックし、[POP文字]画面で、文字を入力する。[単色]の■をクリック。

  • 書体を選び、文字を入力する②

    カラーパレットが表示されるので、使用したい色をクリックする。

  • 書体を選び、文字を入力する③

    [袋文字]タブをクリックし、袋文字のデザインや色などを変更する。

  • 書体を選び、文字を入力する④

    [文字]タブをクリックし、フォントや文字間を調整する。[閉じる]をクリック。

  • 書体を選び、文字を入力する⑤

    [デザイン]画面上で、文字の四隅にマウスをあわせてドラッグし、文字の幅と高さを調整する。

  • 書体を選び、文字を入力する⑥

    その他の文字も入力し、フォントや大きさ、色を適宜変更して、レイアウトを整える。

ワンポイントアドバイス

グループ化、グループ解除でラクラク操作!

多彩なフォントを収録!

「かんたん!POPプリント」には、和文フォント8書体、欧文フォント60書体、数字フォント40書体が、あらかじめ収録されています。文字もデザイン素材の一つと考え、のぼりのデザインイメージにあわせて フォントを選びましょう。

STEP5 印刷する

  • 印刷する①

    プリンター本体の操作パネルの用紙設定で、[MC厚手マット紙]を選択。

  • 印刷する②

    かんたんツールバーの[印刷]をクリックし、[印刷範囲の設定]画面で[プロパティ]をクリック。

  • 印刷する③

    [用紙種類]から[MC厚手マット紙]を、[印刷品質]から[きれい]を選択し、[用紙調整]をクリック。

  • 印刷する④

    [用紙調整]画面で、[インク濃度]を[-10%]に、[用紙厚]を[15mm]に設定し、[OK]をクリック。

  • 印刷する⑤

    [印刷範囲の設定]画面で[印刷プレビュー]を確認し、[印刷]をクリックすると、作成したのぼりがSureColorから印刷される。

STEP6 クロスメディアカッターでカットする

クロスメディアカッターでカットする

カットする。クロスメディアカッターを使えば溶融加工を施しながらヒートカットできるので切断面がほつれない。

STEP7 チチテープを貼る

チチテープを貼る

のぼり旗にチチテープを貼る。チチテープには両面テープがついているので、簡単に貼り付けられる。

STEP8 竿に設置してオリジナルのぼりの完成

竿に設置してオリジナルのぼりの完成

完成したのぼり旗を竿(のぼりポール)に取り付け、台(スタンド)に固定したら、オリジナルのぼりの完成。

今回は、あらかじめ収録されているテンプレートを使用しましたが、のぼりサイズを選択し、背景や画像、文字を自由に選択・配置して、オリジナルデザインののぼりを作成することもできます。誰でも簡単に使える画像編集機能も搭載しているので、画像を切り抜いて使用したり、デジタルカメラで撮影した商品写真を取り込んだりすれば、より訴求効果の高いものが作成できるはずです。のぼりづくりは、思っている以上に手軽に短時間でできるので、まずは気軽にチャレンジし、集客アップを目指しましょう。

かんたん!POPプリントStandard Edition3

プロなみのデザインがあっという間に作れる!

「かんたん!POPプリントStandard Edition3」

型番:EPSPOPSE3

49,800円(標準価格/税別)

詳しくはこちら

おすすめ機種

のぼり作成セットモデル販促効果が高いのぼり作成が手軽に手早く。

(標準価格/税別)348,000円
のぼり作成セットモデル SC-T3250

講座内容をダウンロード

PDFダウンロード
(約1.09MB)
2012年10月22日現在
Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®が必要です。
左のアイコンをクリックしてダウンロードいただけます。

(注):Adobe、Reader、Get Adobe Readerロゴは、Adobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。