実録、30日間!エコタンク搭載モデル体験! 家での仕事をプリント!編

お見積・ご注文
エコタンク ボトルからインクをたっぷり補充! 実録、30日間!エコタンク搭載モデル体験!4組の方々がご自宅や仕事場で「エコタンク体験」の使用実感をレポート。エコタンク搭載モデルが、みんなの「プリントにまつわるお悩み」を解決し、生活やお仕事を今より便利でお得にしていく様子をご覧ください。
  • 持ち帰り仕事をプリント! 家でも仕事がはかどるエコタンク搭載モデル体験!
  • WEBのレシピをプリント! 料理が楽しくなるエコタンク搭載モデル体験!
  • 子供の教材ををプリント! 親子で学べるエコタンク搭載モデル体験!
  • 店舗の書類をプリント! 職場の効率をアップするエコタンク搭載モデル体験!
持ち帰り仕事

会計業務

丈就さん

現在使用しているプリンター A4カラーインクジェット複合機

使用期間 4年5ヵ月

家での仕事
をプリント!

家でも仕事がはかどる
エコタンク搭載モデル体験!

職業柄、法令の条文が必要で、自宅の作業でも大量にプリントすることが多いです。また、得意先には紙でプレゼンをするので、プリントしての事前チェックにも頻繁にプリンターを使っています。

1ヶ月のプリント枚数 約120枚
  • 1日目~10日目
  • 11日目~20日目
  • 21日目~30日目

プリントにまつわるお悩み

積み重なるインクカートリッジのコスト

とにかくたくさん印刷するので、インクカートリッジのコストに悩まされています。ちりも積もればで、年間通しての金額もバカにならないので、できることなら抑えたいです。それに、何度もカートリッジを交換するのも面倒だと感じています。

実録、30日間!エコタンク体験!

エコタンクが解決

気兼ねなく好きなだけプリントでき、時間にゆとりも!

いつもより多く思いっきりプリントしても、インクはまだまだたっぷりだったので、気がつけばインクカートリッジを買いに行く必要はなく、プリントコストのモヤモヤからは完全に開放されていましたね。ストレスが減って仕事がはかどるのはもちろん、気兼ねなくプリントできる自由がもたらすゆとり、これは体験しないとわからないことでした。

1日目~10日目

思っていたより、ずっと
コンパクト。

タンクが大きいと聞いていたので、置き場所に困るかなと思っていたのですが、実物を見てびっくり。いい意味で裏切られました。かなりコンパクトで、書斎のデスクサイドにすっきり収まりました。ブラックカラーでキリッとしているし、使うのが楽しみです。家での時間をうまく使うためにも、期待はどんどん高まってきました。

まずは設置!

インク残量が見えるのが、
新しい。

本体横のタンクのカバーを開けてみました。なるほどなるほど、これなら、インク残量が一目で分かりますね。急ぎの仕事の時に限って、インク切れになるという経験を何度もしているので、これは画期的だと思います。目で確認できる安心感は、すごくいい。ただ、まだ、インクはほとんどで減っていないのですけどね。

これがエコタンク!

ワイヤレスでのプリントに
便利を実感。

職場ではもちろん、自宅でも、スマホやタブレット、PCと複数のデバイスを使い分けています。だから、どのデバイスからでも自由にプリントできるのは便利です。リビングでタブレットをいじっている時に、気になる記事を見つけたら、書斎に移動することなく、プリント。スマホで撮った写真も、その場でプリント指定。何だか、プリントするたびにプリンターの横に張り付いていたのが、ウソみたいです。

試しにプリント!

11日目~20日目

家プリントで、帰宅時間が
早くなった。

翌日に使用する提案書や資料のチェックなどのために、今までは職場でプリントしてから帰宅していたので、どうしても帰宅時間が遅くなっていました。でも、エコタンク搭載モデルが来てからは、これが変わりました。あ、家で食事をして、ゆっくりプリントして確認しよう。そんなゆとりができましたね。コストも気にならないし、生活のリズムまで変わってきそうです。

どんどんプリント!

低コストだから、
カラーでも大量にプリントできる。

自宅でプリントする時、一番気になっていたのはコストです。コストを考えて、プリントではなくモニタで確認していたりもしていました。エコタンク搭載モデルだと、ここが解決されるので、すごくストレスが減りましたね。モノクロで我慢していたプリントも、枚数も、躊躇なく、カラーで大量プリント。この自由さは、精神的にもとても大きいです。

もう我慢しない!

プリントするものが増えて、
便利も増えた。

けっこう使ったかなと思って、インク残量を確認してみました。これが、全然減っていない。うれしくなって、今まで躊躇していた、地図もプリント。今まではお客様のオフィスに伺う時は、スマホの地図画面を見ながら行っていたのですが、小さくてわかりにくいことも多々ありました。やっぱり、プリントした地図だと安心感があります。スマホからもプリントできるので、直行の時など、朝にサクッとプリントしてカバンに入れています。

こんな使い方も!

21日目~30日目

エコタンクが、
働き方まで変えるかも。

大量にプリントしてもインク補充に悩まされない。この感覚は今までの自宅の環境では考えられないことでした。今ではプリントするたびにコストのことを頭がよぎるなんてことも無くなってしまいました。ストレスフリーでプリントできることが仕事の効率をこんなにも上げてくれるなんて、思っていた以上でしたね。書斎に頼りがいのあるエコタンク搭載モデルがあれば、繁忙期でも自宅でリラックスして仕事ができるし、家族のそばにもいれる、これは働き方まで変えていけそうだと感じています。

わたしにとってのエコタンク!
エコタンクのココがすごい!

コストを気にせず自由にプリントできる!

コストのことを考えてモニターやモノクロプリントで我慢していたものを、カラーでじゃんじゃんプリントしながら作業できると、自宅作業の効率が全く違いました。紙で実物を見ながら調整すると、分かりづらい部分に気がつきやすく、仕上がりのクオリティに差が出るんですよね。プリント環境で仕事の質までもが変わってくる事に気付きました。今後も、自由にプリントして仕事の質も上げていきたいです。

  • 持ち帰り仕事
  • WEBのレシピ
  • 持ち帰り仕事
  • 持ち帰り仕事

ご家庭やオフィスで活躍。オールインワンのカラー多機能モデル。EW-M660FT

EW-M660FTについて詳しくはこちら

ご家庭やオフィスで活躍。オールインワンのカラー多機能モデル。EP-M570T
EP-M570Tについて詳しくはこちら

(注1)A4カラー文書をひと月あたり300ページプリントした場合を想定して算出。
(注)各色での印刷可能枚数(イールド枚数)の 測定データおよび測定条件についてはこちら
(注)一枚あたりの印刷コストの 測定データおよび測定条件についてはこちら

Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®が必要です。
左のアイコンをクリックしてダウンロードいただけます。

(注):Adobe、Reader、Get Adobe Readerロゴは、Adobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。