オフィスに新しい選択肢を!

  • お見積・ご注文
ケタ違い大容量、インク満タン1年分。エコタンク搭載のモノクロインクジェットプリンター

コストも手間ももっと減らせる!エコタンク搭載モデル

インクボトル2本同梱
インクの追加購入が不要で
大量に印刷できます。
2.インク交換の手間軽減
大容量ボトルによるインク補充なので
インク交換の手間が軽減できます。

ページプリンターと  比べてください!

3.同梱インクを使い終わった後もインクボトルの追加購入で低ランニングコストを実現
比べればエコタンク搭載モデルが断然お得!

ページプリンターと  比べてください!

  • (注1)ランニングコスト算出方法についてはこちら。
  • (注2)印刷可能ページ数はJIS X6931(ISO/IEC19752)に基づき、感光体およびA4普通紙に片面連続印刷した場合のトナーカートリッジの印刷可能ページ数から算出。消耗品はLPA4ETC7を用いて算出。消耗品価格は標準価格(税別)をもとに算出。
  • (注)エプソンダイレクトショップの販売価格はコスト算出のための参考価格として引用したものであり、各販売店での販売価格を拘束するものではありません。

ページプリンターと比べて5年間使用で約69%経費削減!消耗品交換回数も1/3以下!

  • (注)前提条件:印刷ページ枚数は月平均印刷300ページ(10ページ/日×30日)を5年間(60ヶ月)使用で計18,000ページプリント。印刷原稿はA4モノクロ文書。
  • (注)トータルコスト:LP-S100(従来品)は約7.7万円、PX-S160Tは約2.4万円。
  • モノクロ複合機 PX-M160T SOHOや個人商店の書類や伝票印刷にモノクロ多機能モデル
  • モノクロプリンター PX-S160T モノクロプリントをどんどん出したい人にモノクロ単機能モデル

どれだけお得か今すぐチェック!コストシミュレーション

Step 1今お使いのプリンターのカテゴリーを選択してください。

(注)プリンターのカテゴリーを選択してください。

Step 2今お使いのプリンターのご利用状況を入力してください。
現在プリンターをお持ちでない方は「わからない(注)」を押してください。

本体購入金額 印刷枚数(1ヶ月) 消耗品購入金額(1年間)
※半角英数で正数の値を入力してください。 ※印刷枚数を入力してください。 ※印刷枚数は9999枚以内で入力してください。 ※印刷枚数は499枚以内で入力してください。 ※消耗品購入金額を入力してください。 ※半角英数で正数の値を入力してください。 ※印刷枚数を入力してください。 ※印刷枚数は9999枚以内で入力してください。 ※印刷枚数は499枚以内で入力してください。 ※消耗品購入金額を入力してください。 ※半角英数で正数の値を入力してください。 ※印刷枚数を入力してください。 ※印刷枚数は9999枚以内で入力してください。 ※印刷枚数は499枚以内で入力してください。 ※消耗品購入金額を入力してください。
  印刷枚数(1日)を入力したい場合 > わからない(注)

(注)「わからない」を押した場合の数値は、当社モノクロページプリンターLP-S100の数値になります。

Step 3シミュレーションする機種を選択してください。

(注)シミュレーションする機種を選択してください

シミュレーションを開始する

シミュレーションを開始後、こちらに結果が表示されます。

モノクロ複合機 PX-M160T SOHOや個人商店の書類や伝票印刷にモノクロ多機能モデル

モノクロプリンター PX-S160T モノクロプリントをどんどん出したい人にモノクロ単機能モデル

000,000

000,000

000,000

00

(注)当シミュレーション図は、機器本体価格と印刷枚数に係るインクコストの合計値をトータルコストの推移として示したものです。各価格については、エプソンダイレクトショップ(エプソン直販サイト)掲載価格(税別)(2016年1月12日現在)、あるいは掲載予定価格をもとに算出。 エプソンダイレクトショップの販売価格はコスト算出のための参考価格として引用したものであり、各販売店での販売価格を拘束するものではありません。
(注)上記のコストシミュレーションはお客さまの印刷イメージ、印刷原稿、印刷間隔、印刷環境によって変動します。