美しい大画面の魅力を高める便利な機能

視聴環境にあわせて選べるカラーモード

視聴環境にあわせて色調と明るさ(輝度)を最適化したカラーモードをプリセット。「ダイナミック」や「リビング」は部屋を明るくした状態でも楽しめるので、スポーツ観戦やテレビ番組などにおすすめです。「ナチュラル」や「シネマ」は部屋を暗くしてじっくりとお楽しみください。コンテンツやお好みに合わせて選択できます。

2D映像投写時の選択肢
モード名 使い方
ダイナミック 明るい部屋での使用に適しています。一番明るく、暗部の階調表現に優れています。
リビング 明るい部屋での使用に適しています。鮮やかでメリハリのあるクリアな映像です。
ナチュラル 暗い部屋での使用に適しています。色調整は、このモードから行うことをおすすめします。
ステージ 暗い部屋で舞台などの映像を楽しむのに適しています。
シネマ 暗い部屋で映画やコンサート映像を楽しむのに適しています。
3D映像投写時の選択肢
モード名 使い方
3Dダイナミック 3D映像を投写するときに使用します。3Dシネマよりメリハリのある明るい映像になります。
3Dシネマ 3D映像を投写するときに使用します。

また、各カラーモードにおいて明るさ切替・高/低の切り替えが可能です。これによりスクリーンサイズに合わせたランプパワーの調整が可能になりました。

(例)
100型スクリーンに「シネマ」で投写 - 明るさ切替「低」に設定
120型スクリーンに「シネマ」で投写 - 明るさ切替「高」に設定

2種類の映像を同時に投写

  • 親画面(サイズの大きい画面)の中に子画面(サイズの小さい画面)を表示して2種類の映像ソースを投写します。メイン映像を視聴しつつ、サブ映像を確認するなどの利用ができます。

  • 2種類の映像を同時に投写

投写できる入力ソースの組み合わせ
  HDMI®1 HDMI®2 WirelessHD(注1)
HDMI®1 - ○ ○
HDMI®2 ○ - ○
WirelessHD(注1) ○ ○ -
(注1) EH-TW8200Wのみ
(注) 3D映像は2画面表示できません。
(注) 画像はイメージです。

動きの速い映像でも快適

  • ゲームなどの表示遅延を軽減し、ゲームの素早い動きにも高い応答性を発揮します。

    (注) [映像処理]を[速い]に設定すると、一部の設定が無効になります。詳細は取扱説明書にてご確認ください。
    (注) 画像はイメージです。
    (注) 画面はハメコミ合成です。
  • 動きの速い映像でも快適

電動レンズシャッター

  • 本機の電源を切ると自動的に閉じられ、レンズを傷や汚れから保護します。

  • 電動レンズシャッター

HDMI®リンク

HDMI®CEC規格に対応したAV機器であれば、電源オン・オフ連動や再生/早送り等の操作が可能になるHDMI®リンク機能を搭載。プロジェクターのリモコン(自照式)で接続機器の操作ができるため、暗い部屋での操作に便利です。

[可能操作(例)]

  • 電源オン連動(接続機器でのコンテンツ再生に連動してプロジェクターの電源オンまたは、プロジェクターの電源オンに連動して接続機器の電源オン)
  • 電源オフ連動(プロジェクターの電源オフに連動して接続機器の電源をオフ)
  • 入力切替連動(接続機器のコンテンツ再生に連動して、入力ソースがHDMI®に切り替わります)
  • 接続機器操作(再生/停止/早送り/巻き戻し/チャプター送り/チャプター戻し/一時停止など)

HDMI®ケーブルクランプ

  • HDMI®ケーブルクランプを2個同梱。HDMI®ケーブルを固定し、ケーブルの重さでコネクターの差し込みが不完全になることを防ぎます。

  • HDMI®ケーブルクランプ

液晶アラインメント補正

画素ズレの補正ができます。

  • ハイエンド ホームシアタープロジェクター EH-LS10500
  • ハイクオリティーモデル
  • スタンダードモデル
  • DVDプレイヤー内蔵モデル
s