TD Bridge

業務システム連携ソフト TD Bridge もっと便利にカスタマイズ TD Bridgeを使って、業務システムへPP-100シリーズを組み込んでお使いいただけます。

TD Bridge とは

TD Bridgeはお客様の業務システムとディスク デュプリケーターを連結させるソフトウェアです。
お客様の業務システムからTD Bridgeを通じて目的の記録データ、レーベル印刷データを指定し、ディスクを作成することができます。

(注) 本サービスは、YouTube™のサービスを使って提供いたします。
(注) TD Bridgeの仕様に合わせてソフトウェア開発が必要です。
(注) TD Bridgeの入手、サポートはEpsonPartner'sNet(エプソンパートナーズネット)を通じて行います。
(注) TD Bridgeは、無料でダウンロードできます。ダウンロードにはビジネス会員の登録が必要です。
(注) 動作環境、その他詳細に関しては、EpsonPartner'sNet(エプソンパートナーズネット)をご確認ください。

TD Bridge の活用例

医療画像システムから直接ディスク作成

医療データの電子化が進み、他院への紹介状の発行や病診連携の際に医用の画像データをディスクで作成するケースが増えてきました。この作業でもデュプリケーターが活用されています。

■TD Bridgeを使って、医用画像システムに組み込むことで、医師の使用するPCから直接ディスクの発行指示を出すことができます。
■医用画像システムが持っているデータベースに基づき、患者様のデータとレーベル面の文字情報を一致させたディスクを作成することができます。

患者様名と受診番号を差し込み印刷(注1)
(注1) バーコードも差込印刷可能です。
医療画像システムから直接ディスク作成

システム連結イメージ図<PP-100の例>

システム連結イメージ図<PP-100の例>
STEP1 端末から監視フォルダーに指示書ファイルを転送
STEP2 TD Bridgeが指示書ファイルに基づき、書き込みデータを取得し、印刷データを生成
STEP3 TD Bridgeから「Total Disc Maker」を通じてPP-100に発行命令を出す
(注) PP-100(販売終了商品)の例です。
関連コンテンツ EpsonPartner’sNet

EpsonPartner’sNet

TD Bridgeは、EpsonPartner’sNet(エプソンパートナーズネット)から無料でダウンロードできます。

導入事例

導入事例

TD Bridgeを使ったお客様の業務システムとPP-100シリーズの導入事例をご紹介。

TD Bridge による大容量データ交換

標準添付ソフトウェア「Total Disc Maker」の「まとめてリード(注1)」機能を、TD Bridgeから呼び出すことが可能になりました。企業間でのデータ交換などが必要なシステムで、ディスクによる大容量データ交換などにご活用ください。インターネット使用による機密漏えいの危惧、帯域圧迫の危惧なくデータ交換が可能となります。

受け取ったディスクのデータをパソコンに取り込むには時間がかかります。
枚数が多くなると長時間の単純作業になってしまいます。
「Total Disc Maker」の「読み込み」機能で最大50枚まで自動で読み込むことのできるシステムを構築することが可能となり、ディスクをパソコンで1枚ずつ取り込む手間から解放されます。

TD Bridge による大容量データ交換
読み込み可能なディスク種類(注2)

手順説明

手順説明
(注1) 「まとめてリード」は最大50枚のディスクのデータを一括で読み込んでパソコンに保存できます。
(注2) 表中で○となってるディスクの種類でも作成環境等により読み込めない場合もあります。
(注3) CSS、CPRM、ACCS等のコピープロテクトがかかったディスクは、読み込めません。
(注4) 読み込みエラーが発生した場合、または、読み込みできない場合はディスクがスタッカー3に入ります。
(注) 保存形式は2種類です。(ファイルコピー、ディスクイメージ作成)