インクについて

  • ご購入はこちら

フォト画質保存性能 つよインク。 「つよインク。」とは、エプソンが独自に開発した高性能インク。写真プリントを色あせから守り続けます。 カラリオはインクの強さがちがうから、写真をどこに飾っても大丈夫。「つよインク。」が、色あせの原因となる光や空気中のオゾンから、あなたの大切な写真を守ります。

純正インクの良さをチェック!

おうちの中には、写真プリントが苦手とする空気中のオゾン、光、水がいっぱい!写真プリントは空気中のオゾンで色あせる。光で、写真プリントはじわじわ色あせる。写真プリントに水がかかる、そんなことも起こりえる

でも、つよインク。なら大丈夫!

かべに貼っても大丈夫!人にあげても大丈夫!持ち歩いても大丈夫!
染料インク オゾン加速試験後〈当社従来機種比〉直接空気に触れる状態で、10年間放置した状態をシミュレーション。 「つよインク。」以前の染料インクプリント10年後と「つよインク。」プリント10年後の比較写真

せっかくキレイにプリントできても、時間とともに色あせてしまうようでは、写真プリントの楽しさも半減です。「つよインク。」なら、色あせの原因である光や空気中のオゾンから写真プリントを守ります。

そのまま飾っても美しさが保たれるので、人に贈っても大丈夫。さらにアルバムで保存すればキレイが長持ち。大切な思い出をキレイに残すエプソン独自のインク技術です。

保存性の前提条件について

つよインク。は、染料と顔料の2タイプ。

染料インクでキレイがもっと続く。「つよインク200」耐光性50年 耐オゾン性10~15年 アルバム保存200~300年

写真プリントは、日光などの光に当たると少しづつ色あせていきます。これは、光がインクの分子を徐々に分解するためです。

染料インクの「つよインク200」は分子構造が強化され、光に当たってもインクが分解されにくく、耐光年数、耐オゾン年数が飛躍的に向上しています。

発色も保存性も高い顔料インク。「つよインク200X」耐水性◎ アルバム保存200年

顔料インク「つよインク200X(エックス)」は光やオゾンに分解されにくい顔料インクの特徴をそのままに、さらなるプリントクオリティの向上を目指しミクロ単位の樹脂で色の粒子をコーディング。オゾンや光はもちろん、水にも強い!

カラリオプリンター サイトマップ