カラリオ最高画質(注) Colorio V-edition

  • 製品をご利用中の方へ

    サポート情報
  • ご購入はこちら

日常をプレミアム画質で手軽に楽しむ、Colorio V-editionシリーズ

(注)2017年8月31日現在のラインアップにおいて。

Colorio V-editionで写真がもっと楽しくなる

撮りためた思い出をデータのままにしておくのはもったいない。
インクコストを気にせず写真作品づくりの醍醐味を。大切な一瞬を、もっと美しく形にしてみませんか?

カラリオ最高画質(注)で表現する「Epson ClearChrome K2インク」で、広い色域と豊かな階調を再現

「Epson ClearChrome K2インク」は、シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックに、レッドとグレーを追加して、広い色再現性を実現。日常のスナップ写真から風景写真まで、より自然で鮮やかな表現を可能にします。さらに、暗部はフォトブラック、ハイライトはグレーで印刷。2つのブラックインクで、豊かなモノクロ写真を実現します。

【Colorio V-editionのインク構成】
Colorio V-editionのインク構成
【レッドインクとグレーインクの効果について】
レッドインクとグレーインクの効果について

Click More!

高画質なのに低ランニングコスト。写真が楽しくなる。生まれたばかりの子どもの写真、いつもよりちょっとキレイに撮れたお気に入りの写真…。低ランニングコストなので、気にせずプリントしてみましょう。プリントされてきた瞬間、思い出がよみがえってきて、撮ったときよりも大きな喜びがあるかも。写真プリントがどんどん楽しくなっていきます。

インク+ 用紙 合計コスト(税別)高画質印刷で、L判1枚 約12.7円(注1)

多機能モデル(6色)との比較

EP-979A3

EP-880AW/AB/AR/AN
20.6(80L番インク使用時)
26.5(80番インク使用時)
20.6(クマノミ®(増量)使用時)
26.5(クマノミ®使用時)

(注1)測定環境はこちら

Click More!

プリンターのご利用状況に応じてお得を実感!

被写体に合わせて最適なモードに 撮った写真を、より色鮮やかにプリントできる「高彩モード」や、自動でより自然な仕上がりにプリントする「オートフォトファイン!EX」で、イメージ通りの作品づくりが可能に。

高彩モード

燃えるような紅葉やみずみずしい新緑。彩度の高い色鮮やかな写真表現を手軽に楽しめる高彩モードを搭載。
しかもひと肌は自然な色合いで再現できるので、人物写真でも活躍します。

高彩モード適用

オートフォトファイン!EX

人物写真も風景写真も自動で見分けて、自然で好ましい色に自動で色補正。
作品印刷が初心者の方でも、美しい仕上がりに。

色かぶりも、しっかり補正

暗部の階調も滑らかに

Click More!

EP-10VA、EP-30VA PCを使わずに、高画質にこだわる作品印刷機能。写真を引き立てる余黒や余白の設定もカンタン。色確認印刷で印刷結果を見ながら明るさやコントラスト、色調の補正などを行えます。カラーでもモノクロでも作品づくりをサポートします。

カラーの場合

撮影環境を振り返るための、撮影情報付印刷

シャッタースピード、F値、焦点距離などの撮影条件を同時に確認できるので、次の撮影時の参考にできます。また、同じ構図の写真を並べて見比べることができるので、作品にしたい1枚を選びやすくなります。

理想の写真に最短で近づける、色補正一覧印刷

明るさ、コントラスト、色調などの補正結果を一覧で印刷できます。画面では確認しにくい色味を用紙で直接確認できるので、色味補正に悩んで何度も印刷する必要がなくなります。

写真の完成度を高める、余黒・余白のフチ設定

フチの種類や用紙サイズなどを選ぶだけでカンタンに設定可能。フチの太さは、普通、やや太め、太め、かなり太めの4つから選択できるので、好みに合わせた作品づくりをサポートしてくれます。余黒や余白のフチがあると、写真の印象が引き締まり、完成度が上がります。

モノクロの場合

明るさ・コントラスト・色調をプリントで微調整

明るさやコントラストの一覧印刷ができるので、色味を直接確認しながら、好みの補正値を見つけられます。さらに、細かく色調をコントロールするために、色調詳細補正一覧まで印刷できます。

(注)モノクロの場合は、編集した画像の保存はできません。

Click More!

日常使いから作品印刷まで幅広い用途で家族で使えるプリンター スマホで撮った家族写真、ネットで見つけたレシピ集、こだわりの作品印刷まで、さまざまな用途で活躍します。

日常使いでも、活躍します。

写真プリントだけではなく、文書のコピーやスキャンもできるので、日常使いにもオススメです。無線LANにも対応しているので、パソコンからも、スマホからも自由にプリント。コストを気にせず、家族みんなでプリントを楽しめます。

さまざまな用紙サイズに対応、前面+背面の3way給紙。

EP-10VAとEP-30VAは前面2段給紙で、上下に異なる用紙をセットできます。また、背面手差しにも対応し、厚紙にもプリントできます。さらに、EP-10VAは、背面でA3プリントにも対応。写真用紙を5枚まで連続給紙できるので、プリントがスムーズに行えます。

  • 前面2 段給紙で紙をしまっておける!
    (対応:EP-10VA/30VA)

  • 背面の連続給紙
    (対応:EP-10VA)

EP-50Vは、驚くほどのコンパクトボディーでA3ノビまで対応。

コンパクトなのに名刺サイズからA3ノビまで対応。さらに、写真用紙を20枚までセットできる背面連続給紙も可能なうえ、大容量の前面給紙にも対応しています。また、お客様ご自身で交換可能なメンテナンスボックスを搭載(注1)。廃液タンク交換によるダウンタイムをなくします。

  • メンテナンスボックスの交換

(注1)フチなし印刷時の廃インクを溜める吸収材については、修理交換が必要です。

Click More!

カンタン!2ステップ インク購入個数を入れるだけ!お得を実感!インクコストシミュレーション

ふだんあなたが1年間に購入するインク個数を入力すると、どれくらいお得になるかを確認できます。

シミュレーションを開始する!

シミュレ−ションを開始後、こちらに結果が表示されます。

000,000

000,000

000,000

  • (注)5年間使用した場合の、EP-979A3とEP-10VAのトータルコスト(機器本体価格+消耗品(インク代))を比較しています。インクパックは、EP-979A3はIC6CL80L、EP-10VAはYTH-6CLにて算出。
  • (注)EP-10VAの5年間インク代については、EP-979A3のインク代とL判1枚当たりのランニングコスト(用紙代除く)で想定印刷枚数を算出し、EP-10VAのL判1枚当たりのランニングコスト(用紙代除く)を乗じて算出しています。
  • (注)各価格については、エプソンダイレクトショップ掲載価格(税別)をもとに算出。エプソンダイレクトショップの販売価格はコスト算出のための参考価格として引用したものであり、各販売店での販売価格を拘束するものではありません。
  • (注)ランニングコストの測定データおよび測定条件については こちらをご覧ください。
  • (注)上記のコストシミュレーションはお客さまの印刷イメージ、印刷原稿、印刷間隔、印刷環境によって変動します。

カンタン!2ステップ プリント枚数を入れるだけ!お得を実感!プリントコストシミュレーション

ふだんあなたが1ヶ月にプリントする枚数を入力すると、どれくらいお得になるかを確認できます。

シミュレーションを開始する!

シミュレ−ションを開始後、こちらに結果が表示されます。
  • (注)当シミュレーション図は、機器本体価格と印刷枚数に係るインクコストの合計値をトータルコストの推移として示したものです。
  • (注)各価格については、エプソンダイレクトショップ 掲載価格(税別)をもとに算出。エプソンダイレクトショップの販売価格はコスト算出のための参考価格として引用したものであり、各販売店での販売価格を拘束するものではありません。
  • (注)ランニングコストの測定データおよび測定条件については、 こちらをご覧ください。
  • (注)上記のコストシミュレーションはお客さまの印刷イメージ、印刷原稿、印刷間隔、印刷環境によって変動します。

カメラ専門の雑誌やWEBで取り上げられた
EP-10VA/EP-30VAの機能や魅力を一挙にご紹介!

写真家や編集部が徹底解説!メディアレビュー

写真家中井精也氏の視点からみた「EP-10VA」オススメポイント

写真家中井精也氏が語るプリントの楽しみ方

  • (注)本サービスは、YouTube™のサービスを使って提供いたします。
  • (注)YouTubeは、Google Inc.の商標です。

Colorio V-edition モニター体験レポート

プロセレクション究極のラインアップ