ビジネスプロジェクター

Epson iProjection

スマートフォン・タブレットから投写 Epson iProjection

Epson iProjectionは、エプソンプロジェクターにiOSやAndroid™のスマートフォン・タブレットの写真やファイル、Webサイトを投写するアプリケーションです。無線LAN 対応をしているエプソンプロジェクターと接続して、簡単にプレゼンテーションや写真・書類の共有ができます。

Epson iProjectionは、エプソンのプロジェクターにiOSやAndroid™のスマートフォン・タブレットの写真やファイル、Webサイトを投写するアプリケーションです。無線LAN対応をしているエプソンのプロジェクターと接続して、簡単にプレゼンテーションや写真・書類の共有ができます。

スマホ・タブレットからプロジェクターに投写

写真をプロジェクターに投写

スマートフォン/タブレット端末内の写真ファイルを選択してプロジェクターに投写できます。

写真をプロジェクターに投写

(注) OSやアプリのバージョンによって画面が異なります。

ドキュメントをプロジェクターに投写

Microsoft® Word、Microsoft® Excel®、Microsoft® PowerPoint®、Keynote、PDFなど様々なドキュメントに対応しています。

(注) Android™はPDFのみに対応。

iOSの場合

ドキュメントをプロジェクターに投写

(注) OSやアプリのバージョンによって画面が異なります。

NEW カメラ映像をリアルタイムでプロジェクターに投写

スマートフォン/タブレット端末内蔵のカメラ映像を、リアルタイムでプロジェクターに投写できます。
画像の一時停止や、マーカーによる書き込みや保存もできて便利です。
例えばデータがない紙ベースの資料でも、その場でプロジェクターで投写して情報共有が可能です。

ドキュメントをプロジェクターに投写

(注) スマートフォンの画面はiOSの画面です。Android™の画面と異なりますのでご了承ください。

クラウドアプリのファイルをプロジェクターで投写

DropboxやEvernote®などクラウドアプリケーションとEpson iProjectionを連携することでクラウドアプリ内のファイルをプロジェクターに投写することができます。

(注) アプリがOSの標準機能である連携機能に対応している必要があります。
(注) OS、ハードウェア、ファイル形式などで連携できないことがございますので、利用に際しては、お試しいただきますようお願いいたします。
  • クラウドアプリのファイルをプロジェクターで投写
  • クラウドアプリケーション内のファイルを選択して
    「Epson iProjection」と連携
  • クラウドアプリのファイルをプロジェクターで投写
(注) マニュアル(インフラストラクチャー)モードの場合は、外部ネットワークに接続する必要があります。
(注) OSやアプリのバージョンによって画面が異なります。
(注) かんたん(アドホック)モードは、3G・LTE対応のiOSデバイスのみ対応となります。
(注) キャプチャー画面はiOS版です。

マーカー機能で画面への書き込みが可能

リアルタイムで投写しているカメラ映像や写真、ドキュメント、Webサイト上に手書きのコメントの挿入が可能。
よりわかりやすいプレゼンテーションが可能になります。

  • マーカー機能で画面への書き込みが可能

    コメントやラインなどを書き込めます。
    書きこんだ文字などは消しゴムで消すことができます。

  • マーカー機能で画面への書き込みが可能

    ドキュメントだけでなく
    カメラ映像や写真、Webサイトにも書き込めます。

(注) OSやアプリのバージョンによって画面が異なります。

Webサイトをプロジェクターに投写

Webサイトも投写可能。様々な情報がかんたんに共有できます。

Webサイトをプロジェクターに投写

(注) インターネットにつながる環境が必要です。
(注) 動画を含んだコンテンツでは、動画が表示できない場合があります。

メール添付の画像(JPEG、PNG)やドキュメントも投写

メールに添付されたファイルもかんたんに投写できます。

メール添付の画像(JPEG、PNG)やドキュメントも投写

最大50台の端末から4台を選んで分割投写ができる(注1)

「Epson iProjection」から、付属ソフトウェア「EasyMP Multi PC Projection(Ver1.21 以上)」へのモデレーターとしての参加が可能です。
プロジェクターにネットワーク接続している最大50台のタブレット端末やPC(注2)から投写画面を選択して、1面~4面分割で表示できます。

最大50台のタブレット端末やPCから投写画面を選択できる

最大50台(注1)のタブレット端末やPC(注2)から投写画面を選択できる
(注1) 本機能をご利用いただくためには、「EasyMP Multi PC Projection」に対応したプロジェクターが必要です。対応機種はこちらでご確認ください。
(注2) Windows®、Mac OSは、付属ソフトウェア「EasyMP Multi PC Projection」での接続が必要です。
また、Android™、iOSは「Epson iProjection」での接続が必要です。

プロジェクターのリモコンとして利用可能

電源のオン/オフや入力切替のほか、プロジェクターのメニュー画面を呼び出して詳細な設定をすることもできます。

プロジェクターのリモコンとして利用可能

(注) プロジェクターの機種によって表示される画面が異なります。

かんたん設定・接続

スマートフォン・タブレット端末のWi-Fi®の設定をします。

スマートフォン・タブレット端末のWi-Fi®の設定をします。

スマートフォン・タブレット端末のWi-Fi®の設定をします。

  • (注) EB-935Wは、Android™端末からのかんたんモード接続には対応していません。

Epson iProjectionを起動し、プロジェクターの検索と接続を行います。

Epson iProjectionを起動し、プロジェクターの検索と接続を行います。

QRコード読み取りによるカンタン接続

プロジェクターのメニューに表示されるQRコードをスマートフォン/タブレットのカメラで読み取るだけで、簡単にプロジェクター投写が可能です。

QRコード読み取りによるカンタン接続

(注) iOSの場合、QRコード接続の前にWi-Fi® の設定を済ませておく必要があります。

対応機種

コンパクトで社内での持ち運びに適したベーシックモデル。

EB-U32/EB-W31(注1)/EB-X36(注1)/ EB-X31(注1)/EB-S31(注1)/EB-W420(注1)/EB-S04(注1)

薄型44mm&重さ約1.8Kg。外出先での会議やプレゼンに適したモバイルモデル。

EB-1795F/EB-1785W/EB-1780W

スマホ・タブレットから投写した画面に書き込めば注目度アップ。インタラクティブ機能搭載モデル。

EB-1460UT/EB-1440UT

そのほかのEpson iProjection対応モデル。

多機能パワーモデル(注1)

EB-2265U/EB-2245U/EB-2165W/EB-2155W/EB-2065/EB-2140W/EB-2040

スペック充実モデル(注1)

EB-935W/EB-965H/EB-950WH/EB-940H/EB-950WHV

超短焦点デスクトップモデル(注1)

EB-535W/EB-530/EB-536WT

超短焦点壁掛け対応モデル(注1)

EB-696UT/EB-695WT/EB-685WT/EB-685W/EB-680

明るい常設モデル(注1)
EB-5530U/EB-5520W/EB-5510/EB-G7900U/EB-G7400U/ EB-G7200W/EB-G7000W/EB-G7800/EB-Z11005/EB-Z9800W/EB-Z9900W/EB-Z11000W/EB-Z9750U/EB-Z9870U/EB-Z10000U/EB-Z10005U/EB-L1500U/EB-L1505U/EB-L1405U/EB-L1300U/EB-L1100U/ EB-L25000U
ホームプロジェクター

EH-TW5350/EH-TW5350S/EH-TW6700(注1)/EH-TW6700W (注1)/EH-TW8300 (注1)/EH-TW8300W (注1)

(注) 販売終了機種の対応状況は、Epson iProjectionのダウンロードページでご確認ください。
(注1) 無線LANで接続する場合は、オプションの無線LANユニットが必要です。

仕様

対応デバイス 動作確認済みOS
iOSデバイス iOS 7以降 (iOS 10動作確認済み)
Android™ デバイス Android™ 4.0以降
対応ファイル
ドキュメント転送 iOS Android™ OS
Microsoft® Word(doc/docx,Office 2003以降)、
Microsoft® PowerPoint®(ppt/pptx/,Office 2003以降)
Microsoft® Excel®(xls/xlsx/,Office 2003以降)、Keynote
PDF(pdf,PDF1.7[compatible with Acrobat8])
PDF(pdf,PDF1.6)
画像転送 JPEG、PNG JPEG、PNG
その他の機能
プロジェクターのリモコン機能 ■映像ソース切替(コンピューター/ビデオ/LAN/USB)
■プロジェクター操作(AVミュート、音量調節、フリーズ)

Epson iProjectionのダウンロード

Epson iProjectionのダウンロード

「Epson iProjection」を無料ダウンロード!

Get it on Google Play

アプリのダウンロードサイトは、Apple Inc.およびGoogle Inc.のページです。

(注)ダウンロードについて「Epson iProjection」はApp Store、Google Playから無料でダウンロードできます。
App Store、Google Playへ接続する際の通信料はお客様の負担となります。

Epson iProjectionページに記載の商標について

(注) Apple、Apple ロゴ、iTunes、keynote、Mac OSは米国および他の国々で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。
(注) IOS は、米国およびその他の国における Cisco Systems, Inc. の商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されます。
(注) Android、Google Play は、Google Inc. の商標です。
(注) Microsoft、Windows、PowerPoint、Excel は、米国 Microsoft Corporation の、米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。
(注) Dropbox は、米国 Dropbox Inc. の商標または登録商標です。
(注) Evernote は、Evernote Corporation の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
(注) 「QRコード/QR Code」は(株)デンソーウェーブの登録商標です。
(注) :Wi-Fiは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。

Impress Watch 詳しくはこちら プレゼンにケーブルは不要!PCも不要!プロジェクターはワイヤレスで使う!