大会議室まで対応する明るさ。持ち運びも可能です

打合せコーナーから大会議室まで対応する明るさ5000lm

5000lmの明るさと約3.9kgの軽さを両立。打ち合わせコーナーから広い会議室での使用まで、幅広いニーズに対応が可能です。多彩なビジネスシーンでの使用をサポートします。

打合せコーナーから大会議室まで対応する明るさ5000lm

カラーを明るくきれいに映し出す[3LCD方式]

プロジェクターを画質で選ぶ際に重要なのは、明るさと解像度。たとえば野菜などのみずみずしい赤や抜けるような青空、ひと肌などカラーコンテンツを忠実に再現するためには、カラーの明るさが大切になってきます。比較写真をご覧ください。

3LCD方式 他の主要方式

3LCD方式は、全白(白100%)とカラー(カラー光束:Color Light Output)の明るさが同じ。

3LCD方式は、全白(白100%)とカラー(カラー光束:Color Light Output)の明るさが同じ。全白の明るさに比べて、どうしてもカラーの明るさが低くなる他の主要方式に比べて、最大3倍の明るさを実現しています(注1)。また、カラーが明るい3LCD方式のプロジェクターの色域(再現できる色の範囲)は、他の主要方式と比較すると最大3倍広範囲となり、より正確な色の再現を可能にします(注2)。

3LCD方式の色域(他の主要方式と比較すると最大3倍広範囲となり、より正確に色を再現)、他の主要方式の色域

(注) これらの3LCDプロジェクターおよび他の主要方式(1チップDLP)プロジェクターの色域モデルは、それぞれのプロジェクターを明るさを最大モードに設定した時のデータを使用して作成したものです。色域はCIEが策定したCIE Lab色空間にて測定した結果に基づくイメージ画像です。
(注1) 他の主要方式と比べ。(カラー光束は、IDMS15.4条にしたがって測定しています。カラー光束は、使用状況によって異なることがあります。2013年6月から2014年5月までのNPD販売データと2013年第一四半期から第三四半期のPMA Research販売データに基づいて選んだ、オフィス向け・教育向けの3LCDプロジェクターと1チップDLPプロジェクターの売上上位機種のカラー光束を第三者機関によって測定した結果に基づく)
(注2) 他の主要方式と比べ。(2013年6月から2014年5月までのNPDデータに基づいて選んだオフィス向けと教育向けの3LCDプロジェクターと1チップDLPプロジェクターの売上上位機種の色域を、国際照明委員会 (CIE) が策定したCIE Lab色空間にて測定した結果に基づく)

「ピタッと補正」で簡単セッティング

セッティングをスピードアップする補正機能を搭載

ボタンひとつで、スクリーンの枠を画面に合わせる「フレームフィット機能」とスクリーンが無くてもリアルタイムで映像を自動的に四角く調整できる「自動タテヨコ補正」を装備。様々な条件下でも使いやすく、見やすい画面を提供します。

フレームフィット機能

自動タテヨコ補正

スマートデバイスから投写が可能

スマートフォン・タブレットでプレゼン(Epson iProjection)

スマートフォン・タブレットでプレゼン(Epson iProjection)

Epson iProjectionを使うと、iOSやAndroid™のスマートフォンやタブレットから、写真・ドキュメント・Webサイトなどを投写できます。スマートフォンやタブレットをエプソンプロジェクターと接続して、簡単にプレゼンテーションや写真・書類の投写ができます。

Epson iProjectionの詳細につきましては専用ページをご覧ください。