Weplat スキャンサービス

Weplat スキャンサービス
Weplat スキャンサービス
Weplat スキャンサービス

  • 会計事務所向け

スキャンするだけで手書きの領収書でも高い認知度で仕訳データ化。月次の記帳代行や確定申告時などの繁忙期、在宅勤務にも対応。

主な特長

会計事務所の記帳代行業務を変えるクラウドサービス

スキャンするだけで手書きの領収書でも高い認識率で仕訳データ化。月次の記帳代行や確定申告時などの繁忙期、また在宅勤務にも対応!

ご利用方法

操作は3ステップ
  1. 事務所に届いた領収書・請求書などの紙の証憑をまとめてスキャンしクラウドへ送信
  2. 証憑データから仕訳データを自動作成
  3. 自動で仕訳化されたデータを会計ソフトに取り込み、チェック
操作は3ステップ

ステップ1:事務所に届いた領収書・請求書などの紙の証憑をまとめてスキャンしクラウドへ送信

会計事務所で証憑を素早くスキャン

会計事務所に持ち帰った証憑をスキャニングしてクラウド送信ができます。Wi-Fi®対応のA4高速シートフィードスキャナー「DS-570W」であれば、領収書やレシートでサイズが異なっていても連続でスキャニングが可能です。

会計事務所での証憑スキャニングにも対応
A4シートフィードスキャナー DS-570W
顧問先訪問時のスキャニングもエプソンにおまかせ

エプソンのWi-Fi®対応スキャナーでは、スマートフォンを経由してクラウド送信ができます。顧問先訪問時にスキャナーとスマートフォンがあれば、証憑の原本やコピーを持ち帰る必要がありません。

顧問先訪問時のスキャニングもエプソンにおまかせ
A4コンパクト シートフィードスキャナー  DS-360W
PCからスキャン後、クラウドサーバーへの直接送信(注1)が可能になりました。

仕訳の自動化の手間をさらに軽減、記帳代行業務の効率化を支援します。

A4コンパクト シートフィードスキャナー  DS-360W
(注1)
Document Capture Pro対応のスキャナーおよび、Document Capture Proを使用する必要があります。
こんなこともできます! エプソンのスマートチャージなら複数枚の証憑もまとめてスキャン、クラウド経由で分割可能

(1)Document Capture Pro対応のフラットベットスキャナーを使えば、スキャナー原稿台に複数枚の証憑をセットして、コピー感覚でまとめてスキャンできます。

業務メニュー

スキャナー原稿台に複数枚の証憑をセットします。

エプソンのスマートチャージ

(2)スキャンされたデータをクラウド上に送信すれば、1枚ごとにカットしてPDF化するため、効率よく短時間で作業できます。また上下判定機能付きなので、証憑の向きも正確に補正します。

業務メニュー

モニターパネルの宛先選択で送信先を選んで
ボタンを押すだけで完了です。

業務メニュー

クラウド上で1枚毎に
カットしてPDF化します。

(3)クラウド経由でカットされたPDFファイルは、ファイリングソフト(注1)に自動取り込み。仕訳化する証憑の分類後にクラウド送信による自動仕訳化・会計ソフトで手入力での仕訳化を行うこともできます。

(注1)
ファイリングにはエプソンの「INTER KX 事務所管理 R4」、「事務所管理顧問 R4」または「DocuWorks7.0または8.0(富士ゼロックス社製)」が必要です。
業務メニュー
エプソンのスマートチャージ

ステップ2:証憑データから仕訳データを自動作成

オペレーター入力によりレシートや手書き領収書も高い認識率でデータ化を実現。

領収書、請求書、通帳コピーなどの証憑データをオペレーター入力により仕訳データ化します。

<データ化できる証憑の種類>
領収書

レシートや手書きの領収書も自動で仕訳データ化できます。勘定科目の初期設定は、借方はWeplat スキャンサービスで自動判定、貸方は現金になっていますが、1度訂正すれば、次回以降は訂正後の勘定科目を設定します。

請求書(支払)

顧問先のお客様が受け取った支払の請求書を自動で仕訳データ化できます。初期設定では借方はWeplat スキャンサービスで自動判定、貸方は未払金となっていますが、こちらも1度訂正すれば、次回以降は訂正後の勘定科目を設定します。

通帳

通帳コピーをスキャンするだけで自動で仕訳データ化ができます。学習機能を使うことで水道光熱費、家賃、通信費、振込手数料といったパターン化できる仕訳をデータ化し、入力の手間を大幅に省力化できます。

手書きの領収書でも、正確にデータ化できる理由

Weplat スキャンサービスでは、OCR(デジタルの文字認識)を使わずに、オペレーターが目で見て入力しているため手書きの領収書でもデータ化できます。更にオペレーター入力+2名のチェックによる3名体制により、高い認識率でデータ化を実現できます。

手書きの領収書でも、正確にデータ化できる理由

ステップ3:自動仕訳化されたデータを会計ソフトに取り込み、チェック

会計ソフト R4シリーズへ自動連動。スキャンデータと仕訳の紐づけによりチェック作業を効率化。

仕訳化されたデータは会社選択時にポップアップ通知にてお知らせします。
さらに新規取込ボタンによるワンタッチで簡単に仕訳データを取り込めます。また、取り込んだ仕訳データはスキャンデータと紐づくため、証憑イメージを見ながら効率的な仕訳のチェックができます。

会計ソフト R4シリーズへ自動連動。スキャンデータと仕訳の紐づけによりチェック作業を効率化。
学習機能がさらに便利に!
仕訳作成ルールには学習機能(科目・部門・消費税・摘要)に対応し、取り込んだ仕訳に
修正があった場合、次回取り込み時には修正情報を反映。使えば使うほど精度の高い仕訳
が生成されます。また、各項目毎に学習の可否の設定も可能です。

利用可能ソフト

■データ取込対象商品
  • INTER KX 財務会計 R4
  • 財務顧問 R4 Professional
■ファイリング対象商品
  • INTER KX 事務所管理 R4
  • 事務所管理顧問 R4
  • DocuWorks7.0または8.0(富士ゼロックス社製)

紹介動画

(注)
本サービスは、YouTube™のサービスを使って提供しています。

価格

サービス名 年間ライセンス料
スターターライセンス(1顧問先) 36,000円(税別)
追加ライセンス(1顧問先) 36,000円(税別)
<オプション>
自動仕訳チケット 1,000回分(注1)
20,000円(税別)
(注1)
1枚の領収書または受け取った請求書を1仕訳として自動作成します。通帳の場合は、1行1仕訳として自動作成します。

対応スキャナー

●エプソンのスマートチャージ(A3複合機)(注1)
●Document Capture Pro対応のスキャナー(注2)(注3)

対応スキャナーの詳細はこちらをご覧ください。

(注1)
エプソンのスマートチャージや、Document Capture Pro対応のフラットベットスキャナーで複数枚の証憑を一括スキャンする場合、上記ファイリングソフトが必要となります。
(注2)
ADF(オートドキュメントフィーダー)を使用しての読み取りについては各スキャナーの仕様をご確認ください。
(注3)
推奨スキャナー:DS-530/DS-570W/DS-780N

申し込み方法

サービスのお問い合わせ、お申し込みは、製品取扱店または下記「会計ソフトインフォメーション」総合窓口までお問合せください。

Weplat スキャンサービスページに記載の商標について
(注)
YouTubeは、Google Inc. の商標です。
(注)
Adobe PDF logoは、Adobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。
(注)
Wi-Fiは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。

会計ソフト インフォメーション

050-3155-8170

受付時間9:30~12:00/13:00~17:00 月~金曜日(祝日、当社指定休日を除く)
音声ガイダンスに従ってガイダンス番号を入力してください。

ガイダンス番号

【1番】ご購入に関するご相談、個別デモ、セミナーに関するお問い合わせ

【2番】ご利用中のソフトウェアの操作に関するお問い合わせ(注1)

【3番】ユーザー登録、ソフトウェア年間保守サービス契約のお申し込み

【4番】体験版ソフトウェアの操作に関するお問い合わせ

(注):上記電話番号はKDDI株式会社の電話サービスを利用しています。

(注):上記電話番号をご利用いただけない場合は、TEL:042-511-0855をご利用ください。

(注):「IP電話についての注意事項」についてはこちらをご確認ください。

(注1):無償初期サポート期間中、および保守サービス契約にご加入のお客様のみご利用いただけます。
サポート特約店で保守サービス契約にご加入のお客様はご利用できません。サポート特約店窓口へご連絡ください。