半導体

ネットワークコントローラ

ネットワークコントローラ(保守)

ネットワークコントローラ

かんたんネットワーク接続

エプソン・ネットワークコントローラのキーワードは"かんたん接続"。

TCP/IP接続のための面倒なプロトコル処理はネットワークコントローラ内蔵のプロトコル処理機能が引き受けます。 シリアルポートしか持たないような、これまでネットワークに繋がらなかった機器でも、簡単にネットワーク対応させることができます。

製品ラインアップ

プロトコル処理機能を内蔵した組み込み機器向けデバイスです。TCP/IP接続に必要なプロトコル処理を本デバイスが行ないますので、これまでネットワークに対応しなかった機器を簡単にネットワーク対応させる事ができます。

ステイタス ダウンロード 機種名 概要
MP ドキュメントダウンロード S1S60000 ホストインタフェースを使用することで8/16ビットクラスのCPU使用機器を容易かつ安価にネットワーク対応するのに適したICです。

S1S60000

S1S60000はプロトコル処理機能を内蔵した組み込み機器向けのインテリジェント・ネットワークコントローラです。

TCP/IP接続に必要なプロトコル処理を内部で処理するため、ホストCPUからは簡単なコマンドとデータを渡すだけでTCP/IP通信が行なえます。

物理層とのインタフェースはMII対応PHYチップと組み合わせることで、容易に10Base-Tなどのネットワーク対応機器が実現できます。

高機能OSや、ソフトウェアベンダが提供するプロトコルスタックの必要無しに、8/16ビットクラスのCPU使用機器をネットワーク接続対応にするのに最適です。

また多種多様なホストCPUに追加ロジック無しで直接接続が可能です。

PCI、ISAなどの汎用バスや外部バスを持たない機器でも容易に使用できます。

ブロック図

主要スペック

  • OSIモデルL4層までのプロトコル処理を内部処理、簡単なコマンド操作によりネットワーク接続を実現
  • 独自開発のプロトコルスタック使用によりライセンス費用が不要
  • 汎用I/Oピン、I2Cバスにより、ネットワークからホストCPU無しで簡単なハードウェア制御が可能
  • 単独でRS232⇔Ethernet変換機能を実現
  • 対応プロトコルはFlashメモリの書き換えにより追加、変更が可能
CPU エプソンオリジナル32bit RISC S1C33240
動作周波数:最大50MHz
内蔵Flashメモリ 128KB(1KB×128Blocks)
ネットワーク MII(Media Independent Interface, IEEE 802.3 Clause 22準拠)対応
10 Base-T 全二重/半二重、100Base-TX半二重が可能
※100Base-TX全二重は不可
Enhanced DMA内蔵
ホストCPUインタフェース 8bit/16Bitパラレル
ホストコマンド体系 EPSON Stadard Code for Network
シリアルインタフェース UART:1チャネル(GPIOと共通)
I2CMaster:マルチマスタ
スレーブ機能内蔵:10Bitスレーブ対応
(Fast/Nomalモード)
EEPROM:93C46互換 3-Wire I/F 16bit幅(一部はユーザー使用可能)
GPIO 汎用I/O Port 最大16本(8本はシリアルインタフェースと共用)
電源 3.3V
パッケージ QFP 100pin (PQFP 15) 16×16×1.7mm / 0.5mm Pin pitch
対応プロトコル ARP、ICMP、IP、TCP、UDP、HTTP(サーバー)*1、DHCP、SNMP

*1:ハードウェア制御モードにのみ使用可能