ニュースリリース
2018年1月12日
エプソン販売株式会社

モンゴル国の今を写真の力で伝える清水哲朗写真展『New Type』を開催

エプソン販売株式会社(社長:佐伯直幸、以下エプソン)は、2018年3月16日(金)から4月12日(木)まで、写真家・清水哲朗氏の写真展『New Type』を、エプソンイメージングギャラリー エプサイト(東京都新宿区)で開催します。


©Tetsuro Shimizu

草原に暮らす遊牧民のイメージが強いモンゴル国。清水哲朗氏は、現地の人々に寄り添い、時に過酷な経験をしながらも、表層的なイメージにとどまらない「知られざるモンゴル」を20年以上にもわたり撮り続けてきました。

清水哲朗氏は、2012年夏に社会主義時代の名残をとどめた光景から人々の変わりゆく日常までをまとめた写真集「CHANGE」を、2016年にはその続編として「先進国のように何もかもが当たり前にある」現在の姿を伝えた写真集「New Type」を発表されています。

今回の写真展『New Type』では、写真集「New Type」「CHANGE」に掲載された作品や、写真集では紹介しきれなかった未発表作品、さらには新たに撮り下ろした作品で構成されます。本展のプリント制作には、大判プリンター「SC-P2005PS」、プロセレクションシリーズが使用され、全作品がモノクロプリントとして仕上げられる予定です。

モンゴル国の今を写真の力で伝える『New Type』にご期待ください。

■清水哲朗写真展『New Type』概要

●開催日時:

2018年3月16日(金)~4月12日(木)10:30~18:30 (最終日は14:00まで)
日曜休館 祝日は開館

●会場:

エプソンイメージングギャラリー エプサイト(東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル1階)

●入場料:

無料

●アーティストトークについて:

日時:2018年3月21日(水・祝)15時~(約1時間)
詳細は、エプサイトのホームページで2月上旬にご案内予定です。
URL:www.epson.jp/katsuyou/photo/taiken/epsite/

■清水哲朗氏プロフィール

1975年、横浜市生まれ。日本写真芸術専門学校を卒業し、竹内敏信に師事。23歳でフリーに。2005年、「路上少年」で第1回名取洋之助写真賞受賞。2007年、NHK教育テレビ「趣味悠々」に講師として出演。2012年、15年分のモンゴル取材をまとめた「CHANGE」を現地で上梓。近著にフォトエッセイ「うまたび」(玄光社)がある。日経ナショナル ジオグラフィック写真賞2013でピープル部門優秀賞を受賞。2014年、日本写真協会賞新人賞受賞。2016年、写真集「New Type」で第16回さがみはら写真新人奨励賞受賞。

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。