ニュースリリース
2017年8月31日
セイコーエプソン株式会社
エプソン販売株式会社

エコタンク搭載モデルのラインアップを拡充し、国内市場の販売を強化

- コンパクトサイズを実現したA4対応複合機など4機種新登場 -


『EW-M670FT』


『EW-M571T』


『EW-M970A3T』


『EW-M5071FT』

製品ページ

エプソンは、本体に大容量インクタンク(エコタンク)を搭載したインクジェットプリンターの新商品として、コンパクトサイズを実現したA4対応複合機『EW-M670FT』『EW-M571T』、エコタンク搭載モデル初のA3対応※1複合機『EW-M970A3T』、ビジネス向けのA3ノビ対応※2複合機『EW-M5071FT』の計4機種を2017年9月14日より順次発売します。

※1スキャナーはA4対応
※2スキャナーはA3対応

エコタンク搭載モデルは、プリント機会の多いお客様のインク交換の手間を軽減し、低印刷コストで文書も写真も気兼ねなく印刷できるプリンターです。これまでお客様から寄せられてきた「インクが頻繁に切れる」「インク代が高い」などのプリントに対するストレスを解消します。すでにビジネス用途では、個人経営やSOHOでのビジネス文書の印刷や飲食店でのメニューやPOPの印刷など幅広い用途でご利用いただいています。ホーム用途でも、子どもの学習教材の印刷、大学の論文や参考文献の印刷などに利用されご好評いただいています。

今回、お客様からの要望が多かったA3対応モデルや本体サイズをコンパクト化したモデルを追加し、ラインアップを5機種から7機種へと拡充しました。両面印刷への高いニーズにもお応えし、自動両面印刷機能を全機種で対応しました。エプソンは、エコタンク搭載モデルの販売を強化し、2017年の販売数量は対前年280%以上を目指します。

新商品の主な特長は次の通りです。

(1)驚きの低印刷コストと印刷枚数を実現。インク購入の手間も軽減

エコタンク搭載モデルは、大容量インクタンク搭載により、驚くほどの低印刷コストを実現し1回のインク交換で大量のプリントが可能です。インク交換の頻度が少なくて済むためインク購入の手間も軽減、インク切れによるプリントの中断時間も減らすことができます。新商品が提供する1枚あたりの印刷コストと、1回のインク交換で印刷できる枚数は次の通りです。

  1枚あたりの印刷コスト(税別) 1回のインク交換で印刷できる枚数
A4
カラー
文書
A4
モノクロ
文書
L判写真
(インク・用紙合計)
カラーインク ブラックインク フォトブラックインク
EW-M670FT 約0.9円 約0.4円 約5.9円 約6,000ページ 約7,500ページ -
EW-M571T 約0.9円 約0.4円 約5.9円 約6,000ページ 約7,500ページ -
EW-M970A3T 約1.3円 約0.5円 約6.0円 約5,000ページ 約8,000ページ 約11,500ページ
EW-M5071FT 約0.8円 約0.4円 約5.2円 約6,500ページ 約6,000ページ -

※測定データおよび測定条件につきましては、ホームページをご覧ください。

(2)「挿すだけ満タン」インク方式で簡単インク補充

『EW-M670FT』『EW-M571T』『EW-M970A3T』は、「EW-M770T」で好評の「挿すだけ満タン」インク方式を採用しました。この方式は、スクリュー式ボトルキャップを開けて挿すだけでインクの補充が開始され、満タンになると補充が自動で止まります。タンクとインクボトルの注入口の形状が色ごとに異なるので、入れ間違いが起こりません。簡単に迷うことなくインクを補充することができます。


「挿すだけ満タン」インク方式の注入口


色ごとに形状が異なる注入口
※画像はイメージです。


インクの注入

(3)本体を新規設計しコンパクトサイズを実現、前面操作で快適プリント

『EW-M670FT』『EW-M571T』は、エコタンク搭載モデル向けに新規に本体を設計し、操作性、設置性を追求、従来機とは一線を画すコンパクトなデザインを実現。オフィスやご家庭での置き場所の自由度がさらに広がりました。また、インクタンク自体の設計も見直し前面にタンクを配置、インク残量の確認やインク補充がしやすくなりました。

  本体サイズ
(幅×奥行×高さ)
従来機種との比較
(幅×奥行×高さ)
EW-M670FT 375×347×231(mm) 『EW-M660FT』(515×360×241)より
横幅140mm縮小
EW-M571T 375×347×187(mm) 『EP-M570T』(445×304×169)より
横幅70mm縮小

(4)「くっきりブラック」の顔料インクを全機種で搭載

エコタンク搭載モデル全機種に、文字のプリントに強いブラックの顔料インクを搭載して いるため、文字をくっきりときれいに印刷することができます。

『EW-M670FT』『EW-M571T』『EW-M5071FT』は、ブラックに顔料インク、カラーは染料 インクを採用、『EW-M970A3T』は、ブラックに顔料と染料の2つのインク、カラーは染料インクを採用しています。


EW-M670FT・EW-M571T用


EW-M5071FT用


EW-M970A3T用

(5)高画質PrecisionCoreプリントヘッド搭載

『EW-M670FT』『EW-M5071FT』は、PrecisionCoreプリントヘッド を搭載し、普通紙で600dpiの高画質印刷を実現。細かな文字や設計図などの精細な線の描写も美しく再現します。

新商品と新規消耗品の価格、発売日は以下の通りです。

■価格・発売日について

商品名(本体) 価格 発売日
EW-M670FT オープンプライス 2017年9月14日
EW-M571T
EW-M970A3T
EW-M5071FT 2017年11月予定
商品名(消耗品) 型番 対象機種 価格 発売日
ヤドカリ® ブラック YAD-BK EW-M670FT
EW-M571T
オープンプライス 2017年9月14日
ハリネズミ® シアン HAR-C
ハリネズミ® マゼンタ HAR-M
ハリネズミ® イエロー HAR-Y
メンテナンスボックス EWMB2 EW-M670FT

「ヤドカリ」「ハリネズミ」の文字および図形は、セイコーエプソン株式会社の商標または登録商標です。

新商品を含めたインクジェットプリンター全体の販売台数は、今後1年間で約200万台を予定しています。

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。