ニュースリリース
2017年6月16日
セイコーエプソン株式会社
エプソン販売株式会社

建設業向けクラウドサービス『Weplat 財務応援 R4 工事台帳』新発売

- 工事台帳の簡単作成機能により、建設業の会計業務を支援 -


『Weplat 財務応援 R4 工事台帳』

製品ページ

エプソンは、日々の仕訳入力から工事台帳まで簡単に作成できる、建設業向けクラウドサービス『Weplat財務応援R4工事台帳』を2017年7月11日より発売します。

『Weplat 財務応援 R4 工事台帳』は、多くの企業にご好評いただいている「Weplat 財務応援 R4」に、工事台帳作成など建設業で必要とされている機能を追加したクラウドサービスです。会計業務の効率化・省力化を実現し、建設業の会計業務を支援します。サービス利用料金は、年間ライセンス料50,000円(税別)です。

仕訳入力画面は、現金出納帳・売掛帳などの帳簿や入出金伝票などの伝票類のレイアウトをもとにデザインしています。今まで手書き処理で業務を行っていた場合でも、迷うことなく簡単に入力できます。他にも、初めての方に安心してご利用いただける入力支援機能が充実しています。

<仕訳入力画面イメージ>

また、「Weplat 財務応援 R4」同様に、「Weplat データ共有サービス」と「Weplat 金融機関データ連携」を標準機能として装備しています。「Weplat データ共有サービス」は、クラウド経由で企業と会計事務所間で安全かつ簡単に会計データを共有できます。「Weplat 金融機関データ連携」機能では、企業が金融取引データを金融機関から取得し自動仕訳ができます。

「Weplat データ共有サービス」概要

「Weplat 金融機関データ連携」概要

<価格・発売日について>

新商品の価格と発売日については以下の通りです。

商品名 年間利用料(税別) 発売日
『Weplat 財務応援 R4 工事台帳』 50,000円 2017年7月11日

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。