ニュースリリース
2017年5月17日
セイコーエプソン株式会社
エプソン販売株式会社

ビジネスプリンター インクジェット複合機 新商品 省スペースで従来機※1比約2倍の高速印刷を実現、『PX-M781F』など3機種

※1:「PX-M741F」

「PX-M781F」「PX-M780F」「PX-M680F」

製品ページ

エプソンは、A4サイズ対応ビジネスプリンター インクジェット複合機の新商品として、省スペースでスタイリッシュなボディーに一新した、高速印刷・高耐久モデル『PX-M781F』および『PX-M780F』、導入コストを低く抑えた『PX-M680F』を2017年5月25日より発売します。

新商品は、オフィスシーンでの設置性、使い勝手を追求した本体デザインです。省スペース性に加え、柔らかな曲線でインテリアと調和するラウンドコーナーデザインを採用し、スタイリッシュなボディーを実現しました。操作パネルは光学式カラータッチパネルを採用し、高いタッチ感度で頻繁に利用するコピーやファクスなどでもストレスなく業務を進めることができます。さらに、店舗のカウンターやラック上など狭いバックヤードにも設置できるよう、最大90度まで角度調整が可能なチルト機構を採用しました。

また、「PrecisionCore(プレシジョンコア)プリントヘッド」を採用し、印刷スピードも向上しました。特に『PX-M781F』および『PX-M780F』は、従来機※2の約2倍のカラー印刷速度で、印刷枚数が多いお客様でも安心してお使いいただけます。さらに、大容量インクカートリッジを採用することで、印刷コストを抑えるとともに、インクの交換回数を減らしお客様の手間を低減します。

■『PX-M781F』、『PX-M780F』の主な特長

  1. 高速印刷・高耐久性
    • 「PrecisionCoreプリントヘッド」を採用し、連続印刷スピードは片面印刷で従来機※2の約2倍で『PX-M781F』がカラー22ipm※3、『PX-M780F』がカラー20ipm※3の高速印刷を実現しました。
    • ファーストプリント時間は『PX-M781F』が約6.5※4、『PX-M780F』が約7※4へ向上しました(カラー印刷/モノクロ印刷とも共通)。
    • 耐久性も10万ページへ向上しました。
  2. 省スペース・操作性向上
    • 設置面積を従来機※2から約14%削減しました。
    • 操作パネルは、『PX-M781F』に4.3インチの大型光学式カラータッチパネル、『PX-M780F』に2.7インチの光学式カラータッチパネルを採用し、操作性を向上しました。
  3. 低印刷コスト
    • カラー印刷ではA4サイズ1枚あたり7.3※5従来機※2の約22%削減、低印刷コストを実現しました。
  4. 大容量インクカートリッジを採用
    • 大容量インクカートリッジを採用することで、カラー印刷枚数は従来機※2の約2.6倍となる1,900ページ※6を実現しました。
  5. 『PX-M781F』は給紙カセットを2段標準装備
    • 『PX-M781F』は高生産性を追求し、給紙カセットを2段標準装備しました。

■『PX-M680F』の主な特長

  1. 低導入コスト・低印刷コスト
    • 個人事業主様がお求めやすい低導入コストを追求しました。
    • カラー印刷ではA4サイズ1枚あたり11.4※5従来機※2の約15%削減、低印刷コストを実現しました。
  2. 省スペース・操作性向上
    • 設置面積は従来機※2と同等のコンパクトサイズで、操作パネルは2.7インチの光学式カラータッチパネルを採用し、操作性を向上しました。
  3. 高速印刷・高耐久性
    • 連続印刷スピードは片面印刷で従来機※2の約1.3倍となるカラー10ipm※3を実現しました。
    • ファーストプリント時間はカラー約10秒※4、モノクロ約7※4へ向上しました。
    • 耐久性も8万ページへ向上しました。
  4. 大容量インクカートリッジを採用
    • 大容量インクカートリッジを採用することで、カラー印刷枚数は従来※2の約1.3倍となる600ページ※6を実現しました。

【その他の特長】

  1. 「ライティングナビ」搭載による操作パネルの使い勝手を向上
    • 『PX-M780F』および『PX-M680F』の操作パネルは、操作手順にあわせてその時に使用できるボタンだけが光る「ライティングナビ」を新たに搭載しました。迷うことなく目的の操作にガイドします。
      操作パネル
  2. にじみにくい全色顔料インク採用
    • 顔料インクは水に溶けないため、耐水性が強く、濡れてもにじみません。また、顔料が樹脂によって紙表面にしっかり固定されるため、マーカーを引いてもインクがはがれず、にじみにくいという特長があります。
  3. 印刷画質の向上
    • 従来※2に対しインクの打ち込み量を制御することで文字のエッジ部分を小さなドットサイズで表現するなど、小さな文字も細線もくっきりと鮮明に印刷します。
  4. ファクス機能の改善
    • 自動両面ファクス受信対応により、複数枚の受信を両面印刷で出力するのでファクス出力の用紙削減が可能となります。また、送信ファクスに発信人の名称を最大21件まで登録ができ、会社名や部署の名称、個人名などファクス送付先に合わせて発信人を選択することが可能です。
  5. NFC機能搭載によるスマートデバイス連携を強化
    • 新たにNFC機能を搭載したことでWi-Fi Direct®の接続設定が簡単にでき、無線LANルーターがなくてもスマートデバイスから印刷ができます。従来からエプソンが提供するスマートフォンやタブレット端末用の無料アプリ「Epson iPrint」や、メール送信するだけで印刷できる「メールプリント」などのモバイル・クラウドサービス「Epson Connect」にも対応します。
  1. ※2:『PX-M781F』の従来機は、2014年4月発売の「PX-M741F」。『PX-M780F』の従来機は、2014年4月発売の「PX-M740F」。『PX-M680F』の従来機は、2014年9月発売の「PX-M650F」。
  2. ※3:印刷スピード算出方法についての詳細は、エプソンのホームページをご覧ください。
  3. ※4:1枚目の印刷時間算出条件についての詳細は、エプソンのホームページをご覧ください。
  4. ※5:印刷コスト算出方法についての詳細は、エプソンのホームページをご覧ください。
  5. ※6:印刷可能ページ数の算出方法についての詳細は、エプソンのホームページをご覧ください。
  6. *Wi-Fi Directは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。

【販売目標台数について】

新商品を含めたビジネスインクジェットプリンター全体の販売台数は、今後1年間で約25万台を予定しております。

【価格・発売日について】

新商品の価格と発売日については、以下の通りです。

商品名 仕様 価格 発売日
PX-M781F A4対応カラー複合機 2段カセットモデル 耐久10万ページ オープン
プライス
2017年5月25日
PX-M780F A4対応カラー複合機 1段カセットモデル 耐久10万ページ
PX-M680F A4対応カラー複合機 1段カセットモデル 耐久 8万ページ

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。