ニュースリリース
2017年3月30日
セイコーエプソン株式会社

エプソングループ経営理念の一部改定について

セイコーエプソン株式会社(本社:長野県諏訪市 社長:碓井稔)は、4月1日付でエプソングループ(以下エプソン)経営理念の一部を改定します。

エプソンは、2025年度に向けた長期ビジョン「Epson 25」に基づき、「インクジェット」「ビジュアル」「ウエアラブル」「ロボティクス」という4つのイノベーション実現を創出すべく、取り組みを進めています。

このたび、長期ビジョン「Epson 25」を通じた会社としてのありたい姿である「なくてはならない会社」を経営理念に加え、ステークホルダーの皆さまへ明確に示します。

■新たな経営理念(従来の経営理念に「なくてはならない」を加えます。)

経営理念

この新たな経営理念を指針として、エプソン社員は今まで以上に高い志を持ち、お客様へ真の新しい価値を提供し、より良い社会の実現に中心的な役割を果たしていきます。今後もエプソンは、社会にとって「なくてはならない会社」の実現に向け、持続的な成長と中長期的な企業価値向上を推進してまいります。

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。