ニュースリリース
2017年3月24日
エプソン販売株式会社

「エプサイトギャラリー」公募展制度を一部改定 半期に1組、最も優れた展覧会を表彰

エプソン販売株式会社(社長:佐伯直幸、以下エプソン)は、「エプサイトギャラリー」が実施している公募展制度について、2017年4月より以下の通り一部改定します。

エプサイトギャラリーは、写真愛好家の皆さんに、より多くの活動機会をご提供する場として、毎年4月と10月にインクジェットプリント作品の公募を行い、半期(4月~9月、10月~翌年3月)毎に6回~7回の展覧会を開催しています。今回、展覧会出展者へのサポート体制を強化するため、以下の通り制度の一部を見直しました。

【主な改定内容】

  現行制度 新制度(2017年4月募集分より)
支援制度 <スポットライト制度>
優れた応募作品に対し、展覧会開催を支援
<優秀賞>
優れた展覧会を、優秀賞(名称未定)として表彰
選考数 半期に最大2組 半期に1組
選考時期 応募時に選考(展覧会開催前に選考) 半期毎、展覧会開催後に選考
特典 額装費用の支援
(上限30万円)
・賞金30万円
・プライベートラボの利用特典(基本料金10%OFF)

さらに2017年4月の募集分からは、これまで展覧会出展者の皆さんにご負担いただいた会場設営費をエプサイトが全額負担します。2017年4月の作品募集期間は、4月1日(土)~4月29日(土)となります。選考委員として写真家・北島敬三氏とフォトキュレーター・小高美穂氏をお迎えし、展覧会開催作品を決定します。今回の募集で選考された作品の展覧会は、2017年10月から2018年3月までの期間に開催され、第1回目の優秀賞は2018年春に発表予定です。

詳細は、エプサイトのホームページをご覧ください。(http://www.epson.jp/epsite/

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。