ニュースリリース
2017年3月1日
エプソン販売株式会社

スマートグラス MOVERIO「BT-300」が明治座インバウンド向け公演に採用

- 両眼シースルー、ハンズフリーを生かした多言語字幕表示解説、有機ELによるリアルなAR演出で、公演のさらなる没入感を促進 -

エプソン販売株式会社(社長:佐伯直幸、以下エプソン)は、このたび、スマートグラス MOVERIO(モベリオ)「BT-300」が、明治座(東京都中央区)で上映中の「SAKURA -JAPAN IN THE BOX-」における多言語字幕表示解説、AR演出のためのウエアラブル端末として採用※1されたことをお知らせします。この取り組みは、エプソン、明治座を運営する株式会社明治座(本社:東京都中央区、社長:三田芳裕)、音響通信ソリューション「Another Track®(アナザートラック)」※2を開発したエヴィクサー株式会社(本社:東京都中央区、社長:瀧川淳)の3社で実施するものです。

  1. ※1:2017年3月6日から提供開始。
  2. ※2:スタジアム・劇場・シアターなどで活用する音響通信によるデバイス制御ソリューション。「人の耳には聴こえない非可聴域の透かし音」を、スマートフォンやウエアラブル端末といったスマートデバイスが認識すると、その画面にスタジアム・劇場・シアターなどの進行に連動した多言語字幕やARなどの演出を表示させる音響通信の技術。

「SAKURA -JAPAN IN THE BOX-」は、訪日外国人(インバウンド)向け公演のため、劇中の日本語の台詞や歌詞を多言語に翻訳してMOVERIOに表示することで、より公演内容に没入していただくことが可能となります。また、劇中の場面に合わせた解説表示にも対応しています。

MOVERIO「BT-300」を採用することで、独自開発のシリコンOLED(Organic Light Emitting Diode:有機EL)ディスプレイによる高コントラスト・高画質の映像と、MOVERIOの特長である「両眼シースルー、ハンズフリー」が可能となり、観客は視線を舞台からそらすことなく楽しむことができ、リアルなAR(拡張現実)演出で公演の世界観をより楽しむことが可能です。


多言語字幕表示解説イメージ

今後もエプソンは、蓄積された独創のコア技術・コアデバイスを結晶させ、お客様にこれまで考えられなかった映像体験を提供することを目指し、取り組みを進めてまいります。

■「SAKURA -JAPAN IN THE BOX-」について

日本が誇る伝統芸能と、経済産業省が推進する「クールジャパン戦略」の有力コンテンツであるアニメを和の世界観で融合した、訪日外国人(インバウンド)向け公演。

公演日程:2016年9月7日(水)から2017年3月31日(金)
MOVERIOが提供される公演は2017年3月6日(月)以降。

「SAKURA -JAPAN IN THE BOX-」については、下記のホームページをご覧ください。
http://sakura-meijiza.com/?_ga=1.18707705.1310567706.1487297552

■「Another Track®」について

エヴィクサー株式会社が独自に開発した音響通信ソリューションで、スタジアム・劇場・シアター等で活用いただくための音響通信によるデバイス制御ソリューション。

「Another Track®」 については、下記のホームページをご覧ください。
http://www.evixar.com/solutiontop/video/anothertrack

※「Another Track®」はエヴィクサー株式会社の登録商標です。

3社による共同リリースについては、下記のホームページをご覧ください。
http://www.evixar.com/news/others/170301_moverio_anothertrack_meijizasakura

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。