ニュースリリース
2017年2月21日
セイコーエプソン株式会社

松本山雅FC設立のルーツとなった「喫茶山雅」へエプソン製品を提供

- 映像体験を通じて地域コミュニティーの活性化を図る -

セイコーエプソン株式会社(本社:長野県諏訪市、社長:碓井稔、以下:エプソン)は、松本山雅FCのクラブ設立のルーツであり2月25日(土)に40年ぶりにグランドオープンする「喫茶山雅」(運営:株式会社松本山雅)へ スマートグラス MOVERIO『BT-300』とビジネスプロジェクター『EB-L1300U』を提供いたします。

エプソンは、2017年1月に、松本山雅FCへの2017シーズンのオフィシャルスポンサーを継続することで正式合意しました。今回の「喫茶山雅」への協力は、エプソンの知名度やブランド価値の向上をはじめ、エプソンの開発拠点が多く立地している長野県の地域活性化に寄与する活動の一環となります。

今回の提供製品については以下の通りです。

◆スマートグラス MOVERIO『BT-300』 3台

エプソン独自の有機ELディスプレイを採用し、高輝度、高コントラストを実現したモデルです。今回の展示は、山雅オリジナルデザインを施したMOVERIOが上下に動く専用展示台を採用。手動で簡単に身長に合わせた調整ができ、のぞき込むとリアルなAR(拡張現実)体験が楽しめる、新たなMOVERIOの活用方法をご提案しています。

また、『ガンズくん』が初めてアニメーション映像で登場、動く『ガンズくん』が目の前に浮かび上がります。

映像製作協力:株式会社クレステック


MOVERIO BT-300


松本山雅FCマスコットキャラクター『ガンズくん』


MOVERIO専用展示台

◆ビジネスプロジェクター 『EB-L1300U』 1台

明るさと迫力の高画質に加え、信頼性や静音性にも優れたレーザー光源の4K対応モデル

大空間への設置に最適な高光束プロジェクターの明るさと鮮やかさで、試合のライブ映像を迫力ある大画面でお楽しみいただけます。

※「4Kエンハンスメントテクノロジー」により、1画素を斜めに0.5画素シフトさせることで、解像度を2倍にして4K解像度を実現。


EB-L1300U

エプソンは、地域に密着したJリーグのクラブである松本山雅FCとの連携を、お客様との関係を強化できる機会、地元企業としての地域貢献の機会と捉え、今後もさまざまな場面で支援してまいります。

■「喫茶山雅」について

クラブ設立のルーツとなった「喫茶山雅」が松本市みどり町に40年ぶりに装いも新たに復活します。

住所 松本市大手4丁目9-16
電話 0263-75-8050
営業時間 11:00~22:00(不定休)
運営会社 株式会社 松本山雅
アクセス 徒歩:JR松本駅より約15分
バス:松本バスターミナルより信大横田循環線または、

松本周遊バス(タウンスニーカー)北コース「上土町下車」


イメージ画像

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。