ニュースリリース
2016年12月1日
エプソン販売株式会社

脈拍計測機能付き活動量計『PULSENSE』が「KENCO SUPPORT PROGRAM」の連携機器に採用

エプソン販売株式会社(社長:佐伯直幸、以下エプソン)は、大同生命保険株式会社(社長:工藤稔、本社:大阪府大阪市)、株式会社バリューHR(社長:藤田美智雄、本社:東京都渋谷区)が共同開発した企業向け「健康経営※1」の実践ツールである「KENCO SUPPORT PROGRAM(ケンコウ・サポート・プログラム)」の連携機器として、このほど脈拍計測機能付き活動量計『PULSENSE(パルセンス)』が採用されたことをお知らせします。


PS-600シリーズ


PS-500B


PS-100シリーズ

近年、企業が社員の健康を増進して事業の生産性を高める「健康経営※1」の重要性に関心が高まっています。「KENCO SUPPORT PROGRAM」は、利用者が個人の健康診断結果や運動行動などの時系列データをPC、スマートフォンから確認できる、健康経営の総合的な実践ツールです。『PULSENSE』が「KENCO SUPPORT PROGRAM」とシステム連携することにより、『PULSENSE』で取得した活動量データ(歩数やカロリー消費、睡眠時間)が「KENCO SUPPORT PROGRAM」のマイページで管理・閲覧可能となります。


連携イメージ

※1:「健康経営」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。「健康経営」とは、企業が従業員の健康管理を経営視点から考え、戦略的に従業員の健康管理・健康づくりを実践することです。

今後もエプソンは、お客さまのより豊かな生活の実現を目指して商品開発を進めていきます。

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。