ニュースリリース
2016年11月17日
セイコーエプソン株式会社
秋田エプソン株式会社

秋田エプソンの新工場が竣工

インクジェットプリンター用ヘッドの生産能力を約3倍に増強


秋田エプソンの新工場

セイコーエプソン株式会社(本社:長野県諏訪市 社長:碓井 稔、以下 エプソン)のグループ会社である秋田エプソン株式会社(本社:秋田県湯沢市 社長:三井 隆、以下 秋田エプソン)は、2015年10月に着工したインクジェットプリンター用ヘッドの新工場が完成し、このたび竣工式を行いましたことをお知らせします。

総額約34億円を投資した新工場は2016年11月に稼働を開始し、将来的には秋田エプソンにおけるインクジェットプリンター用ヘッドの生産能力を現在の約3倍に向上させる予定です。

エプソンのプリンティングソリューションズ事業では、独自のインクジェット技術「マイクロピエゾ技術」を活用し、ホーム、オフィス、商業、産業の幅広い分野のお客様に製品・サービスをご提供しています。新工場では、大容量インクタンク搭載プリンターやビジネスインクジェットプリンターのコアデバイスとなるインクジェットプリンター用ヘッドの製造・組立を行います。

エプソンの大容量インクタンク搭載プリンターは、低印刷コストのご要望に対してメーカー純正の印刷品質でお応えした新コンセプトの製品です。2010年10月に発売し、2016年6月には世界累積販売台数1,500万台を達成するなど、順調に販売台数を伸ばしています。高画質・高速のビジネスインクジェットプリンターは、レーザープリンターと比べても印刷コストや消費電力に優れている特長を持ち、オフィス市場の需要は年々高まりを見せています。

秋田エプソンは高い技術力を持つ生産拠点として、国内の研究開発拠点と密接に連携しています。またコアデバイスの生産を通じて得られる先端の生産技術・ノウハウをエプソンの海外生産拠点へも展開することで、グループの総合的なものづくり力の向上に貢献しています。この新工場では、生産設備の内製化や生産ラインの自動化・合理化を進め、さらに高い生産性を実現していきます。

今後もエプソンは、独自の技術を磨き続け、独創のコアデバイスを基にした製品・サービスにより、お客様の期待を超え感動をお届けしてまいります。

■秋田エプソン新工場の概要

所在地 〒012-0801 秋田県湯沢市岩崎字壇ノ上1番地
生産品目 インクジェットプリンター用ヘッド(最先端PrecisionCoreプリントヘッドを含む)の製造および組立
稼働時期 2016年11月
建築面積 4,679m²
延床面積 10,593m²
建築構造 鉄骨造3階建
従業員数 30名以上(正規新規雇用)

■秋田エプソン 会社概要(2016年6月1日時点)

会社名 秋田エプソン株式会社
所在地 〒012-0801 秋田県湯沢市岩崎字壇ノ上1番地
代表取締役社長 三井 隆
操業開始 1986年6月20日
従業員数 593名
資本金 8千万円 ※セイコーエプソン株式会社100%出資
事業内容
  • プリンターヘッド部品の製造および組立
  • 超精密部品・金型具冶工具の製造加工
  • ウエアラブル機器の製造および組立
  • ウオッチムーブメントの製造および組立

詳細は秋田エプソンのホームページをご参照ください。
http://www.epson.jp/akitaepson/

■インクジェットプリンター用ヘッドについて

秋田エプソンは高い技術力を持つ生産拠点として、国内の研究開発拠点と密接に連携しています。またコアデバイスの生産を通じて得られる先端の生産技術・ノウハウをエプソンの海外生産拠点へも展開することで、グループの総合的なものづくり力の向上に貢献しています。この新工場では、生産設備の内製化や生産ラインの自動化・合理化を進め、さらに高い生産性を実現していきます。

詳細はエプソンの技術ウェブサイトをご参照ください。
http://www.epson.jp/technology/core_technology/micro_piezo.htm

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。