ニュースリリース
2016年11月17日
セイコーエプソン株式会社
エプソン販売株式会社

"投写、書き込み、保存、共有"機能の進化で会議や授業を活性化できる、インタラクティブ機能付きプロジェクターなど7機種登場

- ホワイトボード機能搭載2機種、電子黒板機能搭載3機種 -

- 超短焦点壁掛けモデル(電子黒板機能非搭載)2機種 -


ホワイトボード機能搭載
『EB-1460UT』


電子黒板機能搭載
『EB-685WT』

製品ページ

プロジェクター21年連続国内シェアNo.1※1のエプソンは、投写や書き込み、保存、共有ができるインタラクティブ機能付きプロジェクターの新商品5機種として、ホワイトボード機能が搭載された『EB-1460UT』、『EB-1440UT』、電子黒板機能が搭載された『EB-696UT』、『EB-695WT』、『EB-685WT』を2016年12月より順次発売します。また、超短焦点壁掛けモデル(電子黒板機能非搭載)『EB-685W』、『EB-680』の2機種を2016年12月より発売します。

今回投入するインタラクティブ機能付きプロジェクター5機種は、オフィス環境ではビジネスのトータルコストを削減、また教育現場においては、効果的なアクティブラーニングやICTを活用した授業を簡単に実現できるものとなっています。

オフィス向けホワイトボード機能搭載の『EB-1460UT』、『EB-1440UT』は、いずれも超短焦点壁掛け式では初のWUXGA解像度に加え、4,400lm/3,800lmで明るく鮮やかな映像投写を実現します。また、書き心地がさらに向上した新型電子ペンを採用しています。

新機能の画面送付機能ではホワイトボード画面やパソコン画面などの投写画面を最大50台のPCやタブレット端末にワンタッチで配信できるので、会議資料の配布や議事録の共有の手間を削減できます。また、遠隔会議に便利なホワイトボード共有機能を強化し、ホワイトボード画面に加え、PC画面等の共有も可能になりました。

学校向け電子黒板機能搭載の『EB-696UT』、『EB-695WT』、『EB-685WT』は全モデル3,500lm以上で明るい教室でも見やすい映像を写し出すことができます。また、タブレット端末を活用した授業を簡単・便利に実現する機能として、電子黒板から子どもたちのタブレット端末に教材や書画カメラ(実物投写機)をワンタッチ配信する画面配信機能を搭載。また、タブレット端末を使った学習状況の進捗確認が電子黒板上で確認できるサムネイル表示にも対応し、相互理解を深める授業を実現できます。さらに投写画面から書画カメラの操作ができる、書画カメラ連携機能を搭載。書画カメラ授業を活用したスマートな授業を実現することができます。

このほかにも電子黒板機能非搭載の超短焦点壁掛けモデル2機種を投入し、幅広いラインアップからお選びいただけます。

【ホワイトボード機能付き 『EB-1460UT』、『EB-1440UT』の主な特長】

●プロジェクター機能:WUXGAの高解像度で精緻な投写と最大100型の大画面

明るいオフィスでも鮮やかに投写できる4,400lm/3,800lmの明るさを確保。加えてWUXGAの高解像度により、CADなどの細線も、細かなExcel®データも精緻に投写できます。ほぼ真上から投写する壁掛け超短焦点モデルなので設置スペースをとらず、投写面の近くに人が立っても影が出にくく、投写光が目に入りにくいので眩しく感じることもありません。

●ホワイトボード共有機能:快適、スピーディな会議が実現

最大15台の『EB-1460UT』、『EB-1440UT』とホワイトボード画面の共有することができるので、遠隔会議でも、まるでそこにいるような臨場感がある会議が進められます。相互に書き込みができ、板書のプリントや保存も双方で行うことができます。ホワイトボード画面はPCやタブレット端末でも共有可能です。

●PCインタラクティブ機能:投写画面を直接操作。PC接続も簡単

投写画面上で指*や電子ペンを使ってクリックなどのマウス操作をおこなえます。さらに投写した資料の上に書き込みもできます。また、事前のドライバーインストールも不要なので持ち込んだPCですぐに使用できます。*指操作は『EB-1460UT』のみ。

【電子黒板機能付き 『EB-696UT』、『EB-695WT』、『EB-685WT』の主な特長】

●プロジェクター機能:明るく目にやさしい、ワイド90型大画面※2で教室後方でもくっきり投写

他の方式に比べて最大3※3のカラーの明るさを実現する3LCD方式を採用。見やすく、目にも優しいので子どもたちにも安心です。全モデル3,500lm以上の明るさ、また最大90型ワイド※2の大画面で、教室の後方でも、鮮明に見せることができます。また細かな文字情報や図表などの表現に適したWUXGA解像度に対応した電子黒板『EB-696UT』もラインアップに加わります。

●電子黒板機能:教材の書き込みが簡単便利に

PCを接続しなくても、プロジェクターに内蔵されているペンツールで書画カメラなどの映像の上に電子ペンで書き込みができます、また2人同時に電子ペンでの書き込みが可能なので、先生と子どもたちが異なる色を選んで書き込みができます。

●書画カメラ連携機能:書画カメラを使った授業が簡単に

エプソン製の書画カメラ「ELPDC21」とHDMI®接続することにより、書画カメラの操作が電子ペンを使って投写画面上で行うことができます。書画カメラと電子黒板の間を行き来する手間も省け、生徒の興味を引き付ける効果的な授業を実現します。

●タブレット端末連携機能:子どもたちのタブレット端末と電子黒板が連携

新機能として電子黒板の画面を、子どもたちが持っているタブレット端末へ配信することができます。配信した画像は子どもたちのタブレット端末でもペンツールでの書き込みや保存も可能です。子どもたちのタブレット端末の画面を先生のタブレット端末上でサムネイル表示ができるので、子どもたちの学習進捗が確認できます。

■目標販売台数について

インタラクティブ機能付きプロジェクターの今後1年間の販売台数は、約2万台を予定しています。

■価格・販売時期について

新商品の価格と発売時期は以下の通りです。

商品名 主な仕様 価格 参考価格
(税別)*
発売時期
機能 明るさ 解像度 コントラスト比
EB-1460UT インタラクティブ機能内蔵 4,400lm WUXGA 16,000:1 オープン
プライス
348,000円 2017年2月
EB-1440UT 3,800lm WUXGA 16,000:1 298,000円 2016年12月
EB-696UT 電子黒板機能内蔵 3,800lm WUXGA 16,000:1 278,000円 2016年12月
EB-695WT 3,500lm WXGA 14,000:1 248,000円 2016年12月
EB-685WT 3,500lm WXGA 14,000:1 208,000円 2016年12月
EB-685W 超短焦点壁かけ 3,500lm WXGA 14,000:1 162,000円 2016年12月
EB-680 3,500lm XGA 14,000:1 153,000円 2016年12月

*上記の参考価格はエプソンダイレクトショップ(エプソン直販サイト)での販売予定価格(2016年11月17日現在)であり、各販売店の販売価格を指示・拘束するものではありません。 各販売店における販売価格は、各販売店にお問い合わせください。

  1. ※1:'95~'15年実績 プロジェクター国内販売台数 富士キメラ総研調べ
  2. ※2:高さ1200mmの黒板に投写した場合。(プロジェクター本体の最大画面サイズは100型となります)
  3. ※3:カラー光束は、IDMS15.4条にしたがって測定しています。カラー光束は使用状況によって異なることがあります。2013年6月から2014年5月までのNPD販売データと2013年第一四半期から第三四半期のPMA Research販売データに基づいて選んだ、オフィス向け・教育向けの3LCDプロジェクターと1チップDLPプロジェクターの売上上位機種のカラー光束を第三者機関によって測定した結果に基づく。
  1. ■会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。
  2. ■Excelは、米国Microsoft Corporationの、米国、日本およびその他の国における商標または登録商標です。
  3. ■HDMI、High-Definition Multimedia Interfaceは、米国およびその他の国々における、HDMILicensing, LLC.の登録商標または登録です。

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。