ニュースリリース
2016年11月15日
セイコーエプソン株式会社

水晶振動子と温度補償機能付き高精度RTCを搭載した16ビットマイコン『S7C17M11』サンプル出荷開始

- 過酷な温度環境下での高精度計時・制御が必要なアプリに最適 -


『S7C17M11』

セイコーエプソン株式会社(社長:碓井 稔、以下エプソン)は、水晶振動子と温度補償機能付き高精度リアルタイムクロック(RTC)を搭載した低消費電力16ビットフラッシュメモリー内蔵マイコン『S7C17M11』を開発、このたびサンプル出荷を開始しました。

2017年1月に量産出荷を開始し、当初月産30万個を予定しています。サンプル価格は500円(税別)です。

マイコンが組み込まれる機器の中には過酷な環境下で正確な計時を求められるものが存在し、その例として電気メーターが挙げられます。国や地域によっては電気の使用料金が時間帯ごとに異なることがあるため、正しい料金を計算するために電気メーターでの正確な計時が不可欠です。『S7C17M11』は水晶振動子をマイコンのパッケージ内に組み込んだマイコンで、当社の水晶事業と半導体事業の強みを生かし屋外の電気メーターなど過酷な温度環境下でも正確な計時をお客様がより効率的に実現できるように開発したものです。

一般的なRTCは、時計用ICとそれに接続される外付けの水晶振動子で構成され、水晶振動子の周波数を元に計時が行われます。しかし水晶振動子の発振周波数の精度は、製品によってばらつきがあり、さらに使用される環境の温度によっても左右されます。このため特に高温や低温、温度変動の激しい環境下で使用する場合は、お客様が温度変化による発振周波数のずれを考慮した設計を行う必要があったり、求めている精度の計時を実現できなかったりすることが課題となっていました。

これらの課題に対応するために、エプソンでは自社の安定した品質の水晶振動子をマイコンのパッケージに内蔵したことに加え、温度変化による周波数のずれを都度検知して補正する技術を開発し、『S7C17M11』に搭載しました。これにより0℃~50℃で月差10秒以内、-30℃~70℃で月差13.2秒以内、-40℃~85℃で月差26.4秒以内の高精度を実現しました。さらに1チップ化したことによって、従来必要であった調整作業が不要になることから、お客様の開発工数や部品点数の削減に貢献します。

また、フラッシュメモリー、12ビットA/D変換器※1、240セグメントの表示が可能な液晶電源を内蔵した液晶ドライバーなどの周辺回路も搭載した上で、RTCモードでの消費電流は2.25µA(標準値)を実現しています。

エプソンは半導体事業と水晶事業の両方を展開する稀有な企業であり、今後もICと水晶デバイスの技術を用いた製品・サービスを提供していくことで、お客様の価値創造に貢献してまいります。

■本製品の特長

1. お客様商品の部品点数や実装面積、ソフトウェア開発工数の削減に貢献するさまざまな回路を内蔵

  • 32.768kHz水晶振動子を内蔵した温度補償機能付き高精度RTC
  • 電圧変化型の一般的なアナログセンサーの接続が可能な12ビット逐次比較型A/D変換器※1
  • 液晶パネルを直接駆動できる、最大240セグメント表示の液晶ドライバー
  • 常時メイン電源電圧を監視し、適切なタイミングでバックアップ電源に切り替え可能な電源切り替え回路
  • 内蔵発振回路(32.768kHz、700kHz 固定回路 / 16、12、8、4 MHzに切り替え可能な回路)
  • 外部の電源監視ICを必要としない電源電圧検出回路 精度:±2.5% (-40~85℃)
  • 3オクターブの音程、7種類の音符・休符に対応したサウンドジェネレーター
  • 赤外線リモコン波形を出力可能なIRリモートコントローラー※2

2. カード通信や多様なセンサー・デバイスに接続できるインターフェース

  • UART、SPI、I2C、スマートカード※3インターフェース(ISO7816-3準拠)の4種類のシリアルインターフェースを搭載
  • 基板レイアウトの設計自由度を高められるユニバーサル・ポート・マルチプレクサ※4搭載

■本製品の概仕様

製品型番 S7C17M11
CPUコア 16ビットRISCプロセッサー + 乗除算器
フラッシュメモリー容量 128Kバイト
RAM容量 8Kバイト
動作電圧 動作保証範囲:2.5V~3.6V
消費電流 SLEEP時(RTCモード ON):2.25µA(標準値)
RUN時(32.768kHz):8µA(標準値)
RUN時(8MHz):1,500µA(標準)
32.768kHz周波数安定度 0℃~50℃:±3.8 × 10-6以内(月差10秒以内)
-30℃~70℃:±5 × 10-6以内(月差13.2秒以内)
-40℃~85℃:±10 × 10-6以内(月差26.4秒以内)
液晶ドライバー 最大136セグメント(34セグメント × 4コモン)
最大192セグメント(30セグメント × 6コモン)
最大240セグメント(30セグメント × 8コモン)
I/O(入出力ポート数) 最大42本
A/D変換器 入力8本(12ビット逐次比較型)
電源電圧検出回路 1.2V~5.0Vの間を32分割した際の電圧検出精度:±2.5%(-40~85℃)
シリアルインターフェース UART:4チャンネル / SPI:1チャンネル / I2C:2チャンネル(1チャンネルは高精度RTC制御専用) / スマートカードインターフェース(ISO7816-3準拠):2チャンネル
パッケージ H4QFP15-100(16mm × 16mm、端子ピッチ:0.5mm)
  1. ※1 アナログ信号をデジタル信号に変換する回路
  2. ※2 赤外線リモコン用の制御回路
  3. ※3 ICを内蔵したクレジットカードサイズのカード
  4. ※4 入出力ポートに周辺回路の入出力機能をユーザーが自由に割り当てることができる回路

【お客様のお問い合わせ窓口】

セイコーエプソン株式会社 デバイス営業部 IC営業グループ 電話: 042-587-5313(直)

ウェブサイト URL:http://www.epson.jp/prod/semicon/support/

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。