ニュースリリース
2016年9月1日
セイコーエプソン株式会社
エプソン販売株式会社

Colorio V-editionからA4対応多機能複合機『EP-30VA』新発売

-「Epson ClearChrome K2インク」搭載!高画質写真を気兼ねなく印刷 -


EP-30VA

製品ページ

エプソンは、「Colorio V-edition」モデルの新商品として、写真高画質と低ランニングコスト(L判1枚あたり約12.7)を両立し、作品づくりから日常使いまでインクコストを気にせず楽しめるA4対応多機能複合機『EP-30VA』を発売します。※測定データおよび測定条件につきましては、ホームページをご覧ください。

『EP-30VA』は、シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの基本色にレッドとグレーインクを採用した6色染料インク「Epson ClearChrome(クリアクローム)K2インク」を搭載し、カラー印刷、モノクロ印刷ともに幅広い色域と豊かな階調表現を実現します。特にモノクロ写真では、ブラックインクとグレーインクの構成により、グレースケールの階調性と色精度が大幅に向上し、暗部は高濃度フォトブラックで、ハイライト部はライトグレーでと、2つのブラックインクを掛け合わせることで、かぶりのない豊かな階調を表現します。

『EP-30VA』は、A3対応の現行機「EP-10VA」で高い評価をいただいている「作品印刷機能」を標準装備しています。写真選びに便利な「撮影情報付き印刷」では、A4サイズへの印刷時に、新たに「プリンター名」「印刷設定」の撮影情報が付加されました。またプリントで直接色味が確認できる「色補正一覧印刷」を使えば、お気に入りの1枚を思い通りの色で仕上げることができます。編集した写真はメモリーカードなどに保存でき、プリントの際には、余黒・余白の設定も可能です。パソコンを使わずにプリンターだけで操作できるため、モニターとのカラーマッチングに悩むことなく、どなたでも手軽に作品づくりに取り組めます。※モノクロ作品印刷では、編集した写真をメモリーカード等に保存できません。

さらに、色かぶりや逆光の補正・暗部の階調補正を自動で行い、自動でより自然な仕上がりにプリントする「オートフォトファイン!EX」にも対応、「高彩モード」を選択すれば、表現したい被写体を、肌色は自然な色合いのままに、手軽に鮮やかな写真に補正し、全体をより色鮮やかにポジフィルム調を思わせる高い彩度の写真として作り上げることができます。

給紙方法は、前面給紙(2段)と背面給紙(手差し1枚)を採用、本体もW390mm×D339mm×H141mm とコンパクトサイズを実現していますので、プリンターの置き場所を選ばずに写真作品づくりからコピー等の日常使いまで、幅広くカバーすることができます。もちろん有線LANだけでなく無線LANにも対応しているため、パソコンやスマートフォンなどからワイヤレスでプリントすることもできます。また「Wi-Fi Direct®」も搭載していますので、無線アクセスポイントがなくても、無線LAN搭載機器と接続し通信してプリントすることが可能です。あわせてエプソンが提供するスマートフォン/タブレット端末用の無料アプリ「Epson iPrint」や、メール送信するだけで印刷できる「メールプリント」などのモバイル・クラウドサービス「Epson Connect」にも対応します。*Wi-Fi Directは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。

■目標販売台数について

新商品を含めたインクジェットプリンター全体の販売台数は、今後1年間で約200万台を予定しています。

■価格・発売日について

新商品の価格と発売日は以下の通りです。

商品名 価格 発売日
EP-30VA オープンプライス 2016年10月予定

その他、新商品の主な仕様は、製品ページをご参照下さい。

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。