2014年6月26日
セイコーエプソン株式会社
エプソン販売株式会社

エプソン初 モバイルインクジェットプリンター新登場

内蔵バッテリー搭載で、クラス最小・最軽量を実現した
『PX-S05W』、『PX-S05B』

※:国内A4インクジェットプリンターとして。2014年6月現在、エプソン調べ。
サイズ:309mm×154mm×61mm、質量:約1.6kg。


『PX-S05W(ホワイト)』


『PX-S05B(ブラック)』

製品ページ

エプソンは、当社初のモバイルインクジェットプリンターとして、内蔵バッテリー搭載でクラス最小・最軽量※1を実現し、Wi-Fi®接続が可能な『PX-S05W(ホワイト)』、『PX-S05B(ブラック)』を、2014年9月下旬より発売いたします。

企業でのスマートデバイスの導入が進み、効率的に業務を行うために外出先やお客様との商談中にプリントする用途などで、モバイルプリンターの活用シーンが増えつつあります。そのため小型・軽量で持ち運びやすく、扱いやすい商品へのニーズが高まっており、また、カウンター業務や店舗などでは省スペース性や収納性も求められています。

新商品は、「給紙・搬送ローラーの小型化」、「基板分割による高密度レイアウト」、「本体フレームのアルミ化による軽量化と強度の両立」などにより、本体にバッテリーを内蔵しながら、クラス最小※1のコンパクトサイズ(309mm×154mm×61mm)と、最軽量※1(約1.6kg)を実現しました。タブレット端末と共にビジネスバックに入れて外出先に手軽に持ち運べ、また使用しない際はデスクの引出しにも収納できるコンパクトサイズです。スタイリッシュなデザインを採用し、ボディーカラーはホワイトとブラックの2色をご用意しました。また、持ち運びを考慮し本体表面は傷が付きにくい処理を施しています。


<ビジネスバックに収納できるコンパクトサイズ>


<デスクの引出しに収納>

満充電(初期値)で、カラー約50枚、もしくはモノクロ約100枚※2の印刷が可能なバッテリーを内蔵しました。外付けのバッテリーは不要でコンパクトに持ち運びができます。充電はACアダプターからだけでなく、パソコンからUSB充電※3もできます。また市販のモバイルバッテリーからの給電も可能※4で、外出先でも安心してお使いいただけます。

インターフェイスはUSB接続だけではなく、Wi-Fi®接続が可能です。また、「Wi-Fi Direct®」機能にも対応するので、無線LANルーターがなくてもスマートフォン/タブレット端末からプリントすることが可能です。あわせてエプソンが提供するスマートフォン/タブレット端末用の無料プリントアプリ「Epson iPrint」と、モバイル・クラウドサービス「Epson Connect」に対応しているので、より簡単にプリントが行えます。

本体には1.44インチのカラー液晶パネルを搭載しました。インクやバッテリー残量などのステータスが確認でき、Wi-Fi®や自動電源オフなどの各種設定をプリンター本体で行えます。インクは耐水性に優れた顔料インクを全色で採用し、ビジネス文書のプリントに適しています。また、外出先や訪問先で書類が濡れてもにじみにくく、マーカーペンで書類に直接マーキングすることもできます。さらに、廃インクを吸収する「メンテナンスボックス」をご自分で簡単に交換できるので、修理対応にかかるダウンタイムを低減できます。

新商品は、例えば直行直帰型のスタイルが多い製薬営業で商談に必要な書類をプリントする用途、保険外交業で更新したシミュレーションプランや申込書をその場でプリントする用途など、幅広い業務・業種でご利用いただけます。また、省スペース設置ができるため、スペースが限られる小売店のカウンターやショールームの商談スペースで、必要に応じてプリンターを取り出して使用することも可能です。

*新商品の主な特長・仕様につきましては、製品ページをご参照ください。

■販売目標台数について

『PX-S05W』、『PX-S05B』の今後1年間の販売台数は、5万台を予定しています。

■価格・発売時期について

新商品の価格と発売時期は以下の通りです。

商品名 仕様 価格 発売時期
PX-S05W、PX-S05B A4サイズ対応モバイルプリンター オープンプライス 2014年9月下旬

※:Wi-Fi ,Wi-Fi Directは、Wi-Fi Allianceの登録商標または商標です。

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。