2013年6月20日
セイコーエプソン株式会社

エプソンの高温ポリシリコンTFTカラー液晶パネル「ULTIMICRON」が
オリンパスの最上級電子ビューファインダー「VF-4」に搭載

~ 236万画素の明るく見やすい電子ビューファインダーを実現 ~


液晶パネル「ULTIMICRON」(エプソン商品)


電子ビューファインダー「VF-4」(オリンパス商品)

セイコーエプソン株式会社(社長:碓井 稔、以下エプソン)は、当社の電子ビューファインダー向け高温ポリシリコンTFTカラー液晶パネル「ULTIMICRON(アルティミクロン)」が、オリンパスイメージング株式会社(社長:小川 治男、以下オリンパス)が6月下旬に発売する電子ビューファインダー「VF-4」に搭載されたことを、お知らせします。

エプソンの「ULTIMICRON」シリーズは、1枚の液晶パネルでフルカラー表示が可能な、究極の精細感と鮮やかさを両立した極小のディスプレイです。必要十分な明るさとピントが確認できる微細さを実現し、豊かな階調表現や自然なボケ味を再現できます。また、カラーフィルター方式の採用により、動きの速い被写体撮影や、流し撮りの際に他方式で発生しがちなカラーブレークアップ現象※1を発生させません。その性能により「ULTIMICRON」シリーズは、デジタル一眼をはじめとしたハイエンドカメラ用電子ビューファインダーを中心に採用され、カメラユーザーからも高い評価を得ています。

今回、オリンパスの最上級電子ビューファインダー「VF-4」に搭載された「ULTIMICRON」は、エプソンが2013年1月に量産を開始した0.48型・XGA解像度(1,024×RGB×768、約236万画素)のディスプレイです。明るく高精細な本ディスプレイは、オリンパスが追求する、見やすく高性能なファインダーの実現に貢献しています。

なお「ULTIMICRON」シリーズのオリンパス商品への搭載は、電子ビューファインダー「VF-2」、マイクロ一眼カメラ「OLYMPUS OM-D」内蔵の電子ビューファインダーに次ぐものになります。

今後もエプソンは、高品位な電子ビューファインダー向け「ULTIMICRON」の開発に努め、カメラユーザーの撮影する楽しみを創造してまいります。

※1 カメラを素早く振ったり、動きの速い被写体を撮ったりするときに、色の残像が生じる現象。

【関連リンク】

ULTIMICRON

光学ファインダーと電子ビューファインダーの画像比較(イメージ)

【ULTIMICRONに関するお問い合わせ先】

セイコーエプソン株式会社 ビジュアルプロダクツ事業部 VD事業推進部

電話:0266-62-6528(直)

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。