2013年1月22日
セイコーエプソン株式会社

「ULTIMICRON」シリーズ第3弾
0.48型XGAの高温ポリシリコンTFTカラー液晶パネルを量産開始

~ カメラと写真映像の情報発信イベント「CP+2013」で、
電子ビューファインダー向け本パネルを国内初公開 ~


「ULTIMICRON」シリーズ第3弾「L3F04X-80300C」

セイコーエプソン株式会社(社長:碓井 稔、以下エプソン)は、デジタル一眼カメラなどで用いられる電子ビューファインダー向けに、0.48型でXGA解像度(1,024×RGB×768)、約236万画素の高温ポリシリコンTFTカラー液晶パネル「ULTIMICRON(アルティミクロン)」を量産開始しました。

エプソンは「ULTIMICRON」シリーズ第3弾となる本パネルを、ミドルからハイエンド向けデジタル一眼カメラの電子ビューファインダーを主な用途として、カメラメーカー各社に採用を働きかけています。

なお本パネルを、1月31日から2月3日にパシフィコ横浜で開催される、カメラと写真映像の情報発信イベント「CP+(シーピープラス)2013」のエプソンブースで、国内で初めて公開します。

今後もエプソンは、高品位な電子ビューファインダー向け「ULTIMICRON」の開発に努め、カメラユーザーの撮影する楽しみを創造してまいります。

■本パネルの主な特長

■本パネルの主な仕様

名称

L3F04X-80300C

液晶方式 TN型有機配向
カラー表示方式

カラーフィルター(RGBストライプ)

有効画素数 1,024 x RGB x 768 (XGA解像度)
画面サイズ(対角) 0.48型(1.2cm)
画素ピッチ 9.6(3.2xRGB)µm x 9.6µm
色域 sRGBカバー率 92%
バックライト有無
表面輝度 520 cd/m2
表示色 約1,677万色

■電子ビューファインダーおよび「ULTIMICRON」について

電子ビューファインダーとは液晶ディスプレイを使ったカメラのファインダー(被写体をのぞく小窓)で、主にデジタル一眼カメラやカムコーダーに搭載されています。高精細かつ小型が特長のエプソンの電子ビューファインダー向け高温ポリシリコンTFTカラー液晶パネル「ULTIMICRON」は、撮影時のピントの合わせやすさやカメラの小型化などに貢献します。


カメラのファインダー(左)に、カラー液晶パネル「ULTIMICRON」(右)が搭載されています。

【「ULTIMICRON」の詳細情報はこちら】
http://www.epson.jp/prod/htps/ultimicron/

■出展案内

本パネルを、1月31日(木)から2月3日(日)までパシフィコ横浜で開催される、カメラと写真映像の情報発信イベント「CP+2013」のエプソンブースに出展します。詳細は下記のエプソンウェブページをご覧ください。
http://www.epson.jp/prod/htps/event/

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。