2012年8月21日
セイコーエプソン株式会社
エプソン販売株式会社

耐久性と印刷コストに優れたA4モノクロインクジェットプリンター ラインアップ強化

  • A4モノクロファクス複合機『PX-K751F』
  • 低ランニングコスト、大容量インクカートリッジ対応『PX-K701』
  • コンパクトサイズで無線LANにも対応『PX-K150』

『PX-K751F』

『PX-K150』

製品ページはこちら

エプソンは、A4モノクロインクジェットプリンターの新商品として、モノクロファクス複合機『PX-K751F』と、高耐久なA4モノクロプリンター『PX-K701』、コンパクトサイズでデスクサイドにも気軽に置ける『PX-K150』を2012年11月初旬より発売いたします。

オフィスにおけるプリンター利用は、帳票・社内文書の印刷など、モノクロ印刷を中心に使用しているお客様も多く、2011年度のA4モノクロプリンター市場は対前年比109%※1に拡大しております。エプソンは、このモノクロプリントの需要に対応するため、2011年4月に発売したモノクロ専用インクジェットプリンター『PX-K100』に続き、今回3機種の新商品を投入し、ラインアップを拡充いたします。

『PX-K751F』と『PX-K701』は、モノクロ文書A4・1枚あたり約1.8円※2という低ランニングコストと、同等クラスの当社ページプリンター(商品名:LP-S120 ETカートリッジ型番:『LPB4T15』使用時、2200枚)を上回る約1万枚※3のプリントが可能な大容量インクカートリッジによりオフィスの経費削減に貢献するモデルです。自動両面印刷標準対応※4、10万ページ※5の耐久性、16ipm※6の高速印刷を実現し、ビジネスに適した機能を備えております。用紙カセットの給紙容量は最大500枚※7で、用紙の入れ替えや補充の手間を省くことができます。また、封筒・厚紙・はがきなどの特殊用紙の給紙も可能な「リアASF」も備えており、ビジネスに役立つ1台となっています。

『PX-K751F』は、プリント、コピー、スキャン、ファクスの機能を1台に搭載したA4モノクロインクジェット複合機、『PX-K701』はA4モノクロ単機能モデルとなります。

また、『PX-K751F』、『PX-K701』は、タブレットやスマートフォンからの出力を可能にする『Epson iPrint※8』に対応。ビジネスにおける新たなプリントスタイルで、業務を支援いたします。

『PX-K150』は、耐久枚数5万ページ※5のデスクサイドで手軽にお使いいただけるコンパクトなA4モノクロインクジェットプリンターです。本体サイズ幅392mm×奥行264mm×高さ148mm のコンパクト設計でオフィスの省スペース化に貢献します。印刷コストはモノクロ文書A4・1枚あたり2.5円※9と低コストを実現。リア給紙の採用により、封筒・はがきなどの特殊用紙への印刷も可能にしています。インターフェイスは、有線LANに加えて無線LANにも標準で対応し、ネットワーク環境で共有してお使いいただけます。

*新商品の主な特長及び詳細仕様等につきましては、製品ページをご参照下さい。

■販売目標台数について

新商品を含めたビジネスインクジェットプリンター全体の販売台数は、今後1年間で60万台を予定しています。 

■価格・販売時期について

新商品の価格と発売日は以下の通りです。

商品名 仕様 価格 発売日
PX-K751F A4対応 モノクロインクジェットファクス複合機

オープンプライス

2012年11月初旬
PX-K701 A4対応 モノクロインクジェットプリンター オープンプライス 2012年11月初旬
PX-K150 A4対応 モノクロインクジェットプリンター オープンプライス 2012年11月初旬

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。