2012年8月8日
セイコーエプソン株式会社
エプソン販売株式会社

ジブンを「測り」、「残す」ことでランニング効果向上を支援
エプソン独自開発GPSモジュール内蔵による「薄型」・「軽量」を実現

リスト型GPS機能付きランニング機器『WristableGPS』

  • ストライドセンサー内蔵・ハートレートセンサー標準添付、10気圧防水
    マルチスポーツモデル『SS-700S』
  • 厚さ13mm、重量49g、ストライドセンサー内蔵、5気圧防水
    アスリートモデル『SS-500R』
  • 日常でも使えるデザイン採用、5気圧防水 FUNランナーモデル
    『SS-300R』、『SS-300G』

マルチスポーツモデル
『SS-700S』

アスリートモデル
『SS-500R』

FUNランナーモデル
『SS-300R』

FUNランナーモデル
『SS-300G』

製品ページはこちら

エプソンは、リストに装着することでランニング等の走行距離やペースなどを正確に計測し、記録を保存することが可能なリスト型GPS機能付きランニング機器『WristableGPS』を2012年8月23日から発売いたします。本商品は、セイコーエプソンが開発し、2012年2月に発表を行ったものを商品化したもので、エプソンが新たに取り組むスポーツ機器市場向け商品の第一弾となります。

先進国を中心に広がりを見せるランニングは、日本においても、ランニング愛好家やマラソン大会の参加者が急増し、ランニング人口が年10%以上で拡大するなど、大きな広がりを見せています。このような中、ランニング中も装着し、記録を測ったり、残したりするランニング機器のニーズが高まってきました。

そこでエプソンは、ランニング愛好家からレースに出場する上級者までさまざまなランナーの要望にお応えするため、高精度のランニングデータを長時間計測でき、装着感、防水性に優れ、ランニングデータを測り、そのデータを記録し、検証することでランニングの記録と効果向上を図るためのGPS機能付きランニング機器『Wristable GPS』を商品化いたしました。

<ジブンを測る>

新商品の『WristableGPS』は、エプソンが独自に開発したGPSモジュールの搭載により低消費電力化を図り、GPS計測で最大14時間もの長時間稼働を可能にしました。このため持続時間を気にすることなく、フルマラソンや耐久マラソンといった長時間レースにおいても安心してご使用いただけます。また、薄型・軽量化を実現するとともに、通気性、操作性などにも配慮し、装着時の違和感や重さをほとんど感じることなく、ランニング等に集中いただけます。

他にも、計測精度や活用の利便性を高めるためのさまざまな機能を搭載しました。信号や踏切などで立ち止まっている間は自動的に計測を一時的に中断する「オートポーズ」やラップを任意の距離で自動計測する「オートラップ」、トンネルなどGPS衛星からの信号が受信できない場所でも距離とペースの計測が可能な「ストライドセンサー」などによりボタン操作を意識せず、正確な計測を可能にします。また、目標ペース設定や消費カロリー、運動強度計測により計画的なトレーニングやダイエットにも役立ちます。さらに、『SS-700S』、『SS-500R』はハートレートセンサーを装着することで有酸素運動をする目安として心拍数を測るトレーニングを行うことが可能です。

<ジブンを残す>

さらに、『WristableGPS』は、ランニングやトレーニングの計測データを(USB接続によって)簡単にパソコンにアップロード(転送して残す)することができます。専用アプリケーション「NeoRun」にて、軌跡の地図表示から速度・勾配のグラフ表示、心拍数、消費カロリーなどを表示・記録しますのでさまざまな角度から分析をするのに役立ちます。また、ランニング以外にも「街中散策」や「旅行」などの記録として日記のように活用することも可能です。さらに、TwitterやFacebookとの連動ボタンを搭載しました。

<ラインアップ>

今回、『WristableGPS』は、お客様の用途にあわせて、ランニング初心者、愛好家からフルマラソン等のアスリート志向のランナー向け、さらには、ハイキングやスキーなどマルチスポーツ用途に合わせて3種類の商品をラインアップいたしました。

『SS-700S』は、10気圧防水と高い防水性を備えたほか、心拍トレーニングや有酸素運動に役立つ心拍数計測(ハートレートセンサー)に標準対応することで、ランニングはもちろんのことスキー・スノーボードやヨット、カヌーなど、さまざまなスポーツに対応するマルチスポーツモデルです。

『SS-500R』は、フルマラソンへの参加などアスリート志向のランナー向けとして、薄型・軽量を追求したモデルです。GPSモジュールやストライドセンサーを内蔵しながら一般的なスポーツウォッチと同等の厚さ13mm、重量49gを実現しました。また、オプションでハートレートセンサーにも対応していることから、効率よく心拍トレーニングや有酸素運動を行う目安として心拍を測り、トレーニングに活かすことが可能です。

『SS-300R』、『SS-300G』は、運動を楽しむ方向けのFUNランナーモデルです。ランニング時のほか、ウォーキングや旅行時に使用しても違和感のない2種類のカラーモデル(レッド・ライムグリーン)をご用意しています。GPS機能による正確な距離やペースの計測、運動強度・消費カロリー計測が可能です。

■『WristableGPS』各モデルの機能について

  『SS-700S』 『SS-500R』 『SS-300R』、
『SS-300G』
オートポーズ

オートラップ

目標ペース設定
心拍数計測(HRセンサー) オプション ×
ピッチ計測 ×
ストライド計測 ×
消費カロリー計測
運動強度計測

■販売目標台数について

『WristableGPS』の目標販売台数は、今後1年間で約2万台を予定しています。

■価格・発売日について

『WristableGPS』各モデルの機能については以下の通りです。

商品名 仕様 価格 発売日
SS-700S

10気圧防水、HRセンサー、ストライドセンサー、重量61g

オープンプライス 2012年8月23日
SS-500R

5気圧防水、ストライドセンサー、重量49g

SS-300R 5気圧防水、重量59g
SS-300G

今後もエプソンは、このような成長が望めるスポーツ機器や健康機器の市場に向け、強みであるセンシング技術、省電力・小型化技術を活用したリスト型機器やウェブサービスなどの提供を進め、人々が健康で安心して豊かな生活を楽しむことができる社会の実現に貢献してまいります。

* 『WristableGPS』の主な特長および仕様については製品ページを参照願います。

以上

*出典「笹川スポーツ財団 スポーツライフデータ2010」。2010年以降は当社調べによる。
■ 「会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。」

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。