2012年2月7日
セイコーエプソン株式会社
エプソン販売株式会社

業務のスピード・効率性・信頼性を高め、会計業務を総合的に支援
統合型財務戦略システム『インターKX』


『MS4101』


『MS8100』

エプソンは、会計事務所向け統合型財務戦略システム『インターKX』の新商品を、2012年3月9日より発売いたします。

『インターKX』は、最新OS、高性能CPU、大容量メモリーを搭載したハードウェアに、最先端の会計専用ソフトウェアをインストールした、会計事務所業務を統合する会計システムです。

標準搭載の財務会計ソフトウェア「財務会計2011」は、伝票入力画面からファンクションキーで確認・検索・マスター登録・帳表出力画面にダイレクトジャンプできる機能などにより入力スピードを追求し、会計専用機ならではの高速入力を実現しています。また、インターネットを活用した「データ共有サービス」※1と顧問先向けの自計化ソフトウェア「財務応援Lite」※1や「インターKX企業支援」※1を利用することで、顧問先とリアルタイムに最新の財務データを共有・転送できるため、迅速で確実な月次監査を実現します。

税務申告業務は、電子申告ダウンロードパック※1や税務申告ソフトウェア※1を連携することで、大幅に業務を効率化することが可能です。法改正などの際には、使用中のソフトウェアの更新チェックを自動で行い、更新ソフトウェアがあれば自動的にダウンロード※2を実行。所得税申告や年末調整などの短期集中型の業務を素早く処理できます。

新商品はハードウェアスペックを強化し、エプソン専用ソフトウェアとのマッチングにより、高いパフォーマンスを発揮します。スタンドアローンモデル『MS4101』はメモリーを4GB、HDDを250GBに増強。複数ユーザー向けのネットワークモデル『MS8100』は搭載CPUを「Quad Core Intel® Xeon® X3440」に、メモリーは4GBとスペックを向上し、業務のスピードと効率性を高めます。

さらに、不測の事態に備えるデータバックアップ機能を充実。会計事務所にとって重要な会計データを、3重のシステム※1で効率的にバックアップし、万が一の場合でもデータを簡単に復元することができます。

■目標販売台数について

新商品の販売台数は、今後1年間で約800台を予定しています。

■ 価格・発売日は以下の通りです。

商品名 標準価格(税別) 発売日
インターKX 『MS4101』(スタンドアローンモデル) 148万円 2012年3月9日
インターKX『MS8100』(ネットワークモデル) 280万8千円~

*ディスプレイ、プリンターはオプションとなります。

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。