2011年4月21日
セイコーエプソン株式会社
エプソン販売株式会社

紙器パッケージのデザイン&プルーフに威力を発揮

  • 10色顔料インク採用、A2プラス対応デスクトップモデル『PX-H6000』

PX-H6000
PX-H6000

エプソンは、大判インクジェットプリンター「MAXARTシリーズ」の新商品として、10色顔料インク搭載、A2プラスサイズ対応のデスクトップモデル『PX-H6000』を2011年4月25日より発売いたします。

印刷業界ではDTPによる図版、画像、テキスト文書のフルデジタル化により、デザイン・制作工程から最終印刷物の色に合致したデータ制作を行い、印刷物発注者(クライアント)へ早い段階から色確認を行うことで、製版・印刷本工程におけるデータ修正作業を省力化していくことが今後重要となります。そのため、安定した色再現性を有する大判インクジェットプリンターをデザイン・制作段階からご利用いただくことが、デザインから製版・印刷までの生産性を高めることにつながると考えます。

エプソンの「MAXARTシリーズ」は、特色対応や広い色再現領域の実現など色校正業務で必要とされる機能の充実に加えて、生産性ニーズにもお応えすることで印刷業界の多くのお客様に導入されており、今後もデザイン・制作工程での活用を積極的にご提案してまいります。

新商品『PX-H6000』は、特色や広色域が求められるプルーフ業務やデザイン業務、特に特色が多用される紙器パッケージ分野での活用にお応えする商品です。食品における季節商品・地域限定商品に代表されるように、多品種・少量化が進む紙器パッケージでは、増加するパッケージ制作の短納期化・コストダウンが必須となります。『PX-H6000』は、オレンジ、グリーンを含めた10色顔料インクを採用しました。色見本帳として国内約90%のシェアを有する「DICカラーガイド」の色域95%※1カバーや国際的な標準指定色であるPANTONEカラーチャートにおける98%※2のカバー率達成など優れた特色再現性に加え、用紙厚1.5mmまでの厚紙印刷にも対応しています。「プルーフ用厚手コート紙」※3と組み合わせることにより、食品や化粧品、雑貨など、これまでデジタルプルーフ化が遅れていた紙器パッケージのプルーフ用途やモックアップ作成用途にも威力を発揮します。

また、印刷前工程から後工程までの印刷ワークフローの省力化を実現することで、トータルの生産性を大きく向上させています。高密度ヘッド「MicroPiezoTFヘッド」採用による印刷そのものの高速化に加え、操作ミスの低減に寄与する新カラー液晶パネルや高速ロータリーカッターの搭載により、印刷前後の工程を含めた生産性を改善します。さらに、オプションの自動測色器を搭載することで日常の色管理工程の省力化も実現しました。この他、自動ノズルチェックやLED警告灯により印刷生産現場での安定稼動環境を提供します。

エプソンは環境への配慮も性能のひとつと考えます。新商品『PX-H6000』は環境に配慮した商品として、国際エネルギースタープログラムやグリーン購入法に適合し、エコマーク商品に認定されています。このほか、使用使用済みインクカートリッジの回収を行い、リサイクル活動の推進により、環境保全活動を行っております。

【エプソンの環境コミュニケーションメッセージ】

"Better Products for a Better Future"
環境配慮への強い意志で、未来を切り拓くことができる。そう考えるエプソンは、信頼性が高く、リサイクル可能で、エネルギー効率のよい革新的なモノづくりにつねに挑戦しています。これからも省エネ・省資源・省スペースなど、省の技術を活かした製品をとおして、環境のため、そして未来のために貢献していきます。

*新商品の主な特長及び詳細仕様等につきましては、製品ページをご参照下さい。

■販売目標台数について

新商品を含めた、「PX-Hシリーズ」全体の販売目標は、今後1年間で4,000台を予定しています。

*「PX-Hシリーズ」:「PX-H10000」、「PX-H9000」、「PX-H8000」、「PX-H7000」、「PX-H6000」

■標準価格(税別)・販売日について

新商品の価格と発売時期は以下の通りです。

商品名 仕様 標準価格(税別) 発売日
『PX-H6000』 プルーフ/パッケージプルーフ/アート向け
10色顔料インク搭載、A2ノビ対応
29万8千円 2011年
4月25日

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。