2011年4月12日
セイコーエプソン株式会社

東北地方太平洋沖地震におけるエプソングループの状況について

(4月12日現在)

このたびの東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

また被災された方々には謹んでお見舞い申し上げるとともに、一日も早い震災からの復興を心よりお祈り申し上げます。

エプソングループに関する現在の状況について、下記の通りご報告いたします。

  1. 人的被害(従業員)の状況
    誠に残念ですが、安否確認ができていなかったエプソントヨコム株式会社 福島事業所の従業員1名について、福島県南相馬市で死亡が確認されました。その他の従業員は無事を確認しています。
  2. 被害を受けた主な生産拠点の状況
    東北エリアの拠点において4月7日夜に発生した余震による停電の影響を受けましたが、東京電力福島第一原子力発電所から20km圏内となる避難エリアに該当するエプソントヨコム株式会社 福島事業所を除き、復旧活動を進めています。
    なお、4月11日午後に発生した余震による生産への影響はありません。
    • エプソンアトミックス株式会社
      (青森県八戸市、生産品目:金属粉末・金属射出成形部品・人工水晶)
      金属射出成形部品および人工水晶は4月4日から順次生産を再開しています。4月7日に発生した余震による停電により一時的に生産が停止しましたが、現在は復旧しています。金属粉末は、4月末頃の生産再開を見込んでいます。
    • 秋田エプソン株式会社
      (秋田県湯沢市、生産品目:プリンター部品・水晶デバイス・超精密部品など)
      4月7日に発生した余震による停電により一時的に生産が停止しましたが、現在、すべての製品の生産を再開しています。今後も電力の供給状況などを確認しながら生産を行っていきます。
    • セイコーエプソン株式会社 酒田事業所、東北エプソン株式会社
      (山形県酒田市、生産品目:インクジェットプリンター部品・半導体)
      4月7日に発生した余震による停電により生産が停止しましたが、インクジェットプリンター部品および半導体の一部について4月11日から生産を再開しました。今後も電力の供給状況、材料の調達状況などを確認しながら生産を行っていきます。
    • エプソントヨコム株式会社 福島事業所
      (福島県南相馬市、生産品目:水晶デバイス)
      現在、事業所を閉鎖しています。

    上記以外の生産拠点は、通常の生産活動を行っています。
  3. その他事業への影響
    部品調達の状況により一部商品の生産に影響が出る可能性がありますが、代替部品の調達や技術的な施策対応などにより、影響を最小限にとどめてまいります。

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。