2011年2月3日
セイコーエプソン株式会社
エプソン販売株式会社

最小インクサイズ2plによる更なる高画質と、
ユーザーニーズに応えたユーザビリティを実現
A3ノビ対応顔料インクジェットプリンター『PX-5V』新発売


PX-5V

エプソンは、エプソンプロセレクションシリーズの新商品として、高画質・高色再現性とユーザーニーズに応えたユーザビリティを兼ね備えた、A3ノビ対応顔料インクジェットプリンター『PX-5V』を2011年2月24日より発売いたします。

エプソンは2002年に高画質な写真プリントを提供できる顔料インク搭載モデル「PM-4000PX」を投入して以降、写真プリントの画質に対して写真愛好家の方から高い信頼を頂いております。さらに近年、デジタル一眼レフ、ミラーレスデジタルカメラによるカメラ市場の拡大にともなう、写真愛好家やプロの写真家の方々の更なる期待に応えるべく、今回の新商品を投入いたします。

新商品の『PX-5V』は、ブラック(フォトまたはマット)、グレー、ライトグレーの3種類の濃度のブラックインクをはじめとする8色インクによる高い階調表現に定評のある、「K3インク」搭載プリンター「PX-5600」の後継機種です。

ブルーやバイオレット領域の色再現範囲を拡大し、表現が難しい深い海の青や彩度の高いピンクなどを豊かで繊細な階調で表現することが可能な「VM(ビビッドマゼンタ)インク」や、データテーブル(LUT:Look Up Table)の生成時に、写真データの高画質プリントに必要な「階調性の向上」、「偏りのない色再現域」、「粒状性の改善」、「光源依存性の低減」を考慮した上で最適なインクの組み合わせを算出し、安定したプリント品質を実現する画像形成技術「LCCS」といった、エプソンの高画質テクノロジーを継承しております。

さらに今回「K3インク」搭載プリンター初の最小インクサイズ2plを実現したことにより、人肌、空、雲などの繊細なグラデーション部分の粒状感を低減し、より滑らかな階調の表現が可能です。

また、画質に加えてユーザーの声を反映する形で、下記の通りユーザビリティにも徹底的にこだわりました。

なお、エプソンは2月9日(水)より開催されるカメラと写真の総合展示会「CP+」(主催:一般社団法人 カメラ映像機器工業会(CIPA))に出展いたします。エプソンブースでは新商品の『PX-5V』を中心としたプロセレクションシリーズの展示も行いますので、是非ご覧ください。

*新商品の主な特長及び詳細仕様等につきましては、製品ページをご参照下さい。

■販売目標台数について

『PX-5V』の今後1年間の販売台数は、12,000台を予定しております。

■価格・販売時期について

新商品の価格と発売時期は以下の通りです。

商品名 標準価格 発売日
PX-5V オープンプライス 2011年2月24日

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。