2009年11月9日
セイコーエプソン株式会社

世界初*、3LCDプロジェクター向け
4K対応高温ポリシリコンTFT液晶パネル開発

セイコーエプソン株式会社(社長:碓井稔)は、このほど、3LCD方式プロジェクター向けに、高温ポリシリコンTFT液晶パネル(以下HTPS:High Temperature Poly-Silicon)として世界初*となる、4K(4096 x 2160画素)に対応した1.64型のパネルを開発しました。

プロジェクターは企業等におけるプレゼンテーション用途のほか、ホールやイベント文教などの専門分野における活用など使用用途が拡大しています。また、デジタル放送やハイビジョン対応プレーヤーの普及により家庭でフルHDコンテンツを楽しむといった活用の仕方が増大しており、今後もより高性能な製品のニーズが高まることが予想されます。

4K対応パネルは、フルHD(1920 x 1080画素)の4倍以上の約885万画素という高解像度で、高精細な映像の投映を必要とする産業用デザイン、建築・製造設計、シミュレーションなど専門分野やフルHDの4画面投映、プレゼンテーションまで幅広いニーズに対応します

【4KとフルHD解像度の比較】

このほど開発したパネルは、こうした今後の市場ニーズへ対応するため、最新のプロセステクノロジーとC2FINE技術、4K解像度に最適化させ、新開発したオリジナル駆動方法によって、高輝度、高コントラストで高精細な映像の投映を実現します。

エプソンは、これからも独自の技術の組み合わせにより、3LCDプロジェクターの性能を一段と高めるHTPSのラインナップを拡充し、拡大するさまざまな用途に対応していきます。

* 2009年10月末現在 当社調べ

【開発品の特長】

【開発品仕様】

液晶方式 C2FINE(VA型無機配向)
プロセステクノロジー D7
有効画素数 4096 x 2160
画面サイズ(対角) 1.64型 (4.2cm)
画素ピッチ 9μm

【ホームページの公開】

HTPSの特長をより理解していただくために、HTPSのホームページを公開しております。URLは http://www.epson.jp/prod/htps/です。また、3LCD方式をよりよくご理解いただくためのホームページも公開しております。URLはhttp://www.3lcd.com/jp/です。

【展示会出展案内】

11月18日(水)~11月20日(金)まで幕張メッセで開催されます国際放送機器展、InterBEE2009にて本開発パネルを使用した超高精細プロジェクターの試作機を参考出品し、3D映像を含む超高精細映像をご覧いただく予定です。当社ブースはホール8、ブース#8205です。是非ご来場ください。

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。