2009年2月27日
セイコーエプソン株式会社
エプソン販売株式会社

アナログ的な操作感で、写真を撮る楽しみを感じる

レンジファインダーデジタルカメラ 『R-D1xG』新登場


レンジファインダーデジタルカメラ 『R-D1xG』

※装着レンズは別途購入が必要です

セイコーエプソン株式会社(社長:碓井稔)は、レンジファインダーデジタルカメラ『R-D1xG』を、エプソン販売株式会社(社長:平野精一)を通じ、4月9日より発売いたします。

エプソンは、2004年7月に世界初となるレンジファインダーデジタルカメラ『R-D1』を発売しました。その後、2006年には『R-D1』に機能改善を施したセカンドエディションモデルの『R-D1s』を発売、さらに2007年にはコシナ社製レンズのセットモデル『R-D1sL』を発売し、アナログ的な精密機械としての魅力と想像力を刺激する操作感が、多くの写真愛好家の皆様にご好評をいただいてきました。

この度、従来機種で培ったシャッター速度ダイヤルやシャッターチャージレバー、針式インジケーターなどのマニュアルの操作感や、往年のクラシックレンズの味を引き出す画像処理技術をそのままに、細部に改良を加えた後継機種として、『R-D1xG』を発売いたします。

撮影時のホールド感が高まる取り外し可能なハンドグリップを新たに同梱し、また背面の液晶パネルは固定式の2.5型と大型化しました。さらに最大32GBまでのSDHCカードにも対応、シャッター押し込み時の感触も改善いたしました。

エプソンは環境への配慮も性能のひとつと考えます。省エネ、省資源、省スペースなど、省の技術を活かした商品をとおして、環境のために貢献していきます。新商品は環境に配慮した商品として、欧州RoHS指令(※)に適合しています。

新商品の標準価格と発売時期は以下の通りです。

商品名 標準価格 発売時期
R-D1xG オープンプライス 2009年4月9日

(※):電気・電子製品を対象に、鉛・水銀・カドミウム・六価クロム・PBB(ポリ臭化ビフェニル)・PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)の6物質群の使用を制限する、欧州連合が実施する有害物質規制です。

*: 本体刻印は「R-D1x」になります。(「G」は、取り外し可能なハンドグリップを表わします。)

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。