epSITE

イベント・公募展情報

本イベントは終了しました。

エプサイト スポットライト対象展 大橋英児トークイベント

開催概要

日時 2017年2月4日(土)15:00~(約1時間)
会場 エプソンイメージングギャラリー エプサイト
参加費用 ※入場無料 予約不要
※お席に限りがございます。あらかじめご了承ください。

エプサイトギャラリーの「スポットライト」対象展として選出された大橋英児の「Existence of」。この度、写真展の開催に併せ、トークイベントを行います。

大橋は「自動販売機のある風景」を追って、北海道を中心に日本の各地で撮影をしてきました。
日本全国に設置台数はおよそ500万台とも言われる自動販売機。彼はそれを「日本的な存在」と捉え、写真に収めています。今回の作品の一部は、2016年秋、シンガポール国際写真フェスティバルにも出展され、好評を得ました。また展覧会に併せ、同タイトルの写真集の発行予定もあり、大橋の作品は今国内外から注目を集めています。

トークイベントには、東京都写真美術館・学芸員の関次和子氏、shashasha写々者・代表の大西洋氏のお二人をお迎えし、大橋の作品世界について幅広く語っていただきます。

お気軽にご参加ください。みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

©EIJI OHASHI

©EIJI OHASHI

【プロフィール】
大橋 英児(おおはしえいじ)

1955年、北海道生まれ。フリーのカメラマン。自動販売機をテーマとする作品シリーズは2011年以降「Roadside Lights 」というタイトルで写真展を複数開催。写真集に『シルクロード安らぎの残像』『NIRVANA―涅槃の地チベット』『メルシー』などがある。
本展の作品も写真集としてshashasha写々者より刊行予定。
【トークゲスト】
関次和子(東京都写真美術館・学芸員)
大西洋(shashasha写々者・代表 https://www.shashasha.co/jp

会期 2017年1月27日(金)~2017年2月16日(木) 10:30~18:00
(最終日は15:00まで 日曜休館)