活用しよう

トップ > イベント情報 > CP+(シーピープラス)2015

CP+2015 FOCUS! フレームの向こうにある感動

CP+2015 FOCUS! フレームの向こうにある感動/開催日:2015年2月12日(木)~2月15日(日)/時間:10:00~18:00(最終日のみ17:00)※2月12日(木)10:00~12:00はプレミアタイム/会場:パシフィコ横浜 展示ホール

「CP+2015」のエプソンブースは、「写真を魅せる」をテーマに、スマートグラス「MOVERIO」で広がる写真の楽しみ方や写真家の美を表現するインクジェットプリントの世界が体感できるさまざまなコンテンツをご用意しております。

ぜひ、エプソンブースへお立ち寄りください。

開催概要

名称 CP+(シーピープラス)2015
テーマ FOCUS! フレームの向こうにある感動
会期

2015年2月12日(木)~2月15日(日)10:00~18:00(最終日のみ17:00)

※2月12日(水)10:00~12:00はプレミアタイム
(特別招待者・プレス関係者・プレミアタイム招待券持参者のみ)

会場 パシフィコ横浜 展示ホール
主催 一般社団法人 カメラ映像機器工業会(CIPA)
協賛 一般社団法人 日本写真映像用品工業会
入場料 1,500円(税込)(ウェブ事前登録無料)
障害者手帳を持参の方、小学生以下の方は無料

エプソンブース概要

スマートグラス「MOVERIO」体感コーナー

メガネのようにかけるだけで目の前に大画面が広がるスマートグラス「MOVERIO」。
エプソンが提案する次世代のビジュアルコミュニケーションの世界をご体感ください。

出展製品:BT-200

プロセレクション / カラリオコーナー

多くの写真家やフォトコンテスト受賞者から高い評価をいただいているエプソンのインクジェットプリンター。
さまざまな商品や作品展示を通じて写真家の美を表現するインクジェットプリントの世界がご体感いただけます。

出展製品:SC-PX5VII、GT-X980、EP-977A3、EP-807Aシリーズ、PF-70

セミナーコーナー

スマートグラス「MOVERIO」を装着いただきスマートグラスで広がる次世代の写真の楽しみ方をご紹介します。(各回装着できる人数には限りがございます。)
また、さまざまなプロ写真家によるインクジェットプリント作品の魅力をお伝えするセミナーステージもご用意しています。

SureColor/SureLabコーナー

モニターやディスプレイでは表現が難しい大判サイズでプリントした作品を展示!スマートグラス「BT-200」を通した新しい写真鑑賞のスタイルも提案します。
また高速、高品質、高生産性を兼ね備えた業務用フォトプリンターも展示します。

出展製品:PX-H9000、SL-D700

PX-H9000、SL-D700

電子ビューファインダーコーナー

デジタルカメラの電子ビューファインダーに採用されている、高温ポリシリコンTFTカラー液晶パネル『ULTIMICRON(アルティミクロン)』シリーズをご紹介します。

“一瞬を、一生に” 明るく高精細なULTIMICRONシリーズを通じて、電子ビューファインダーが生み出す写真撮影の喜びをお伝えします。

※上記画像は、CP+2014のエプソンブースです。

セミナーのご紹介

ステージスケジュール

  2月12日(木) 2月13日(金) 2月14日(土) 2月15日(日)
10:00  
 
スマートグラス
「MOVERIO」
プレゼンテーション
ステージ

※複数回に分けて実施いたします。詳細スケジュールはエプソンブースにて確認してください。
スマートグラス「MOVERIO」プレゼンテーションステージ

※複数回に分けて実施いたします。
詳細スケジュールはエプソンブースにて確認してください。
11:00
12:00
 
13:00  
 
 
14:00  
15:00  
16:00  
   
 
スマートグラス「MOVERIO」
プレゼンテーションステージ

※複数回に分けて実施いたします。
詳細スケジュールはエプソンブースにて
確認してください。
 
17:00  
 
18:00  

セミナー出演者のご紹介

【SC-PX5VIIで魅せるプリント作品づくり】

講師:写真家 清水 哲朗氏

「魅せるプリントとは?」写真家清水哲朗氏がSC-PX5VIIを使用したこだわりの作品づくりを紹介します。

清水 哲朗氏

【講師紹介】
1975年横浜市生まれ。日本写真芸術専門学校卒業後、写真家竹内敏信事務所で3年間アシスタントを務め、23歳でフリーランスとして独立。ライフワークとしているモンゴルでは独自の視点で自然風景からスナップ、ドキュメントまで幅広く撮影。
2005年「路上少年」で第1回名取洋之助写真賞受賞。
2012年夏15年間のモンゴル取材をまとめた写真集「CHANGE」を現地で上梓。
2014年日本写真協会賞新人賞受賞。公益社団法人日本写真家協会会員。

【中井精也スペシャルトークショー】

講師:写真家 中井 精也氏

写真家中井精也氏による、鉄道写真の撮り方から作品制作方法やプリントまで幅広く紹介していただきます。

中井 精也氏

【講師紹介】
1967年、東京生まれ。鉄道の車両だけにこだわらず、鉄道にかかわるすべてのものを被写体として独自の視点で鉄道を撮影し、「1日1鉄!」や「ゆる鉄」など新しい鉄道写真のジャンルを生み出した。
2004年春から毎日1枚必ず鉄道写真を撮影するブログ「1日1鉄!」を継続中。広告、雑誌写真の撮影のほか、講演やテレビ出演など幅広く活動している。株式会社フォート ナカイ代表。
公益社団法人 日本写真家協会(JPS)会員。甘党。

【ポートレート作品 プリントの極意】

講師:写真家 魚住 誠一氏

写真家魚住誠一氏による、ポートレート作品のプリント講座。
プリントを意識した撮影方法から、ファインアート紙へのプリントテクニックを紹介します。

魚住 誠一氏

【講師紹介】
1963年、愛知県生まれ。高校時代はインディーズ・ロック・バンドで活動。その後、ロサンゼルスでアンセル・アダムスの写真に出合い、風景写真を撮り始める。渡米を繰り返し、スタジオ・アシスタントを経て94年よりフリーとして活動。98年より拠点を東京に移す。
07年~現在、渋谷ルデコギャラリーにて自身主催の合同写真展「ポートレート専科」を開催。
その他現在まで数々の書籍や写真専門誌、ファッション誌、音楽誌などで活躍中。

【「写真を展示するための必要条件 -銀塩からデジタルへ」by Epson Imaging Gallery epSITE】

講師:北島 敬三氏

写真展示に必要な考え方や展示方法を過去の展示例をもとに解説していただきます。

北島 敬三氏

【講師紹介】
1954年、長野県生まれ。WORKSHOP寫真学校の森山大道教室に参加。
1976年よりイメージショップCAMPに参加。独自の作品発表方法で注目される。
1983年『NEW YORK』で木村伊兵衛写真賞を受賞。
他の作品集に『USSR 1991』『A.D.1991』などがある。

会場のご案内

会場マップ

CP+ オフィシャルサイト http://www.cpplus.jp/

(注):Adobe、Reader は、Adobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。